【失敗から学ぶ】コンクリート工事では、温度管理や測量時の丁張りが重要!―ひび割れ・ジャンカ・天端の高さ調整の失敗について―

前の記事   次の記事

生コンクリート打設は、一大イベントではないでしょうか。

計画から準備、そして施工と、どれをとっても疎かにはできません。実際、現場で“今日は生コンの打設”となると緊張するものです。予定通りに生コンの打設が完了しても、なぜか仕上がりが思ったようにならないこともあります。生コンの打設は、養生期間が終わって型枠を脱型するまで成功したのか失敗したのかが分かりませんが、失敗してもよほどのことがない限り修正できるので安心してください。


コンクリート工事での代表的な失敗例



コンクリート工事の代表的な失敗例として、

  1. ひび割れが入る
  2. ジャンカが入る
  3. 天端の高さが違う
  4. 試験体の強度不足
  5. 打ち継ぎの失敗
  6. 鉄筋かぶりが取れない

などが挙げられます。

今回は「1.ひび割れが入る」「2.ジャンカが入る」「3.天端の高さが違う」の3つの原因と予防策・回避策についてご紹介したいと思います。


1.ひび割れが入る



打設完了時からの養生の仕方が悪いと、ひび割れしてしまうことがあります。

  • 養生シートが強風で飛ばされてしまい、直射日光にさらしてしまった
  • 打設した次の日の気温が予想以上に高くなり、散水した水がすぐに乾燥してしまった

など、天候には十分に注意しなくてはいけません。

休みの前日に打設して、次の日の散水を忘れたりすることもあります。養生のために休日出勤しなくてはいけないのですが、良いものを作るためには休みも返上しなくてはいけないのかもしれませんね。

打設完了後は、暑い時は養生シートで覆って保水状態を保ち、直射日光を当てない。寒い時は暖房を入れ、コンクリートの表面が乾燥しないように適宜散水するなど、養生時の温度管理が重要です。また、必要以上に温度が高くても失敗するので注意が必要です。

コンクリートのひび割れを起きにくくする予防策としては、「コンクリート用膨張材」や「乾燥収縮低減剤」を使用するということが挙げられます。生コンクリートに混ぜることによって、収縮変形を抑制し、乾燥収縮などのひび割れの発生を低減することができます。

また、型枠を外した後でコンクリート表面に塗布する「高性能塗布型収縮低減剤」もあります。ひび割れが心配なら、施工時にひび割れ対策を合わせて行うのが得策かもしれません。いずれにしても担当の監督に了承してもらう必要があると思いますが、費用はみてくれないかもしれません。


2.ジャンカが入る


生コンを投入後、電動バイブレーターを十分にかけて空気を抜きますが、ジャンカが入るのは主に打設時の、振動バイブの掛け方が不十分なことが原因だと思われます。生コンを投入する速度が速すぎると、バイブを掛けるのが遅れて生コンの気泡がうまく抜けず、ジャンカになると思われます。

予防策としては、打設経験が豊富な信頼できる作業員を配置するということが挙げられます。

バイブレーターの掛け方が足りているのか不足しているのかということは経験でしか分かりません。また打設する箇所によって、電動バイブレーターの大きさも丁度良いものかどうか検討しましょう。建物の壁など打設時には、壁用の電動バイブレーターを用意します。

仮にジャンカが入り、表面がアバタになった場合は、補修材を使って左官で修正ができます。また深くえぐれた場合は、型枠を取り付けて、無収縮モルタルを流し込んで修正します。監督によっては、無収縮モルタルの強度試験をするように求められることもあります。私も自分で供試体を取って、コンクリート工場の試験室で無収縮モルタルの強度試験を行ったことがあります。きちんとした水量を入れてかき混ぜ、時間など所定の方法で行っていれば、必要な強度は得られるので問題ありません。


3.天端の高さが違う



ンターロッキングの下地や縁石ベース、またはマンホール底盤の基礎コンクリートなどは設計の高さが決められています。インターロッキングや縁石ベースは、高さ調節に砂を15~20mm入れます。10mmほどの多少の高さの違いであれば修正可能です。しかし、高さが20mm以上違うと上物のインターロッキングや縁石が付けられません。

天端の高さが違った場合、修正するには、電動ピックで高い分を斫る方法しかありません。決められた高さに打設するために丁張をかけるのですが、測量時に丁張を間違えたことから起きるのです。天端の高さが違うという失敗をしないためにも、打設する前に、検測して丁張に間違いがないか確認することをお勧めします。

少人数で、限られた時間で施工すると間違いに気が付かないことがあります。また、左官工の能力が劣っていると、打設後に表面を均して仕上げる際に平らにならず、腹が張ったタイコ状態になってしまうこともあります。インターロッキングなどの広い面の施工では、丁張の間隔が広すぎて高さがよく分からないこともあります。

コンクリート工事での仕上げ面は、制作するモノによって違ってきます。そのため施工は、制作するモノにあった左官工事ができる作業員にさせなければいけません。縁石ベースやインターロッキングの面は左官工事ができる作業員で十分ですが、建築工事の土間やタタキ部分、屋根などは建築専門の腕の良い左官職人に施工させるのがよいでしょう。


次回は、「④試験体の強度不足」「⑤打ち継ぎの失敗」「⑥鉄筋かぶりが取れない」の3つについてお伝えしたいと思います。

【この記事を読んでいるあなたへ】

「セメント・生コン」に関する製品・工法をお探しの場合はこちら

※本文内にある一部のキーワードをクリックすると、該当する製品・技術情報にアクセスできます。

この記事のライター
元は測量士で、今は土木の現場監督。北海道南西沖地震をきっかけに施工の現場管理へ転向。現在は、市民生活に欠かせないインフラの下水道工事を主に行っています。
『サガシバ』に会員登録して、匠の野帳をもっと便利に!
会員登録すると、最新記事の情報が受け取れる他、便利な使い方がたくさん!

RC.オガさんの匠の野帳をもっと見る

2021年02月03日 13:34 RC.オガさん
10 7
前回の「土木における生コンクリートの打設方法とその後の養生 ~その1~」に続き、生コンクリートの打設後の養生についてお伝えします。養生期間は、初期強度が出るまでとなっています。1日で養生が終わるところ...
10 7
2021年01月27日 10:25 RC.オガさん
10 8
今回のテーマは、生コンクリート打設と打設後の養生についてです。夏の暑い時期と冬の寒い時期に大変なのが生コンクリートの打設後の養生です。特に寒さが増す、厳冬期の打設後の養生は大変なものがあります。私が経...
10 8
2021年01月13日 11:32 RC.オガさん
8 6
小さな会社の現場監督は、なんでもやらなくてはいけません。「現場の段取り」、「写真管理」、「役所との打ち合わせ」、「作業車の運転」、「足りない作業員の作業」など沢山あります。この前は大工さんをやりました...
8 6
2020年12月09日 11:44 RC.オガさん
11 8
舗装する際には、面積と厚さに応じた舗装合材(舗装材)を舗装プラントから搬入します。そこで今回は、過不足のない舗装合材の取り方を話しましょう。過不足のない舗装合材の取り方舗装は決められた枠の中を舗装する...
11 8
2020年10月28日 09:58 RC.オガさん
9 6
行き過ぎた残業が引き起こす過労死が話題となってから、ようやく政府が重たい腰をあげて月間80時間以上の残業をレッドゾーンとしたのは記憶に新しいことです。そこまで行かなくとも、朝早くから夜遅くまで働かざるを...
9 6
2020年09月30日 13:25 RC.オガさん
15 11
工業系の学校を卒業された方は、測量の授業が行われていると思います。しかし、工業系ではない、文系の普通科を卒業された方は測量なんてやったことがなくて、とても違和感があると思います。今回は現場監督に必要な...
15 11
2020年08月19日 11:47 RC.オガさん
11 8
今年の夏は凌ぎやすいかと思いきや、一転して最高気温40℃にも達する酷暑を迎えました。40℃と言えば、人間の体温を越えた気温。黙って日向に立っていても、目がくらんで意識が遠のいてしまう温度でしょう。私自身が体...
11 8
2020年06月24日 10:28 RC.オガさん
11 10
今回は、工事着工前に実施することについて考えてみます。施工計画書と予算書は必要か工事を受注して一番初めに行うことは、発注された役所との打ち合わせです。最初の打ち合わせは顔合わせのようなものでしょうか。...
11 10
2020年04月22日 10:23 RC.オガさん
12 8
2019年11月に、東京オリンピックのマラソンと競歩競技が札幌開催に急遽決まりました。東京都民は、「なぜ?」と疑問に思われたことでしょう。東京オリンピックは、夏真っ盛りの7月下旬から8月上旬に行われます。近年...
12 8
2020年04月01日 11:00 RC.オガさん
10 6
私が暮らしている札幌は、世界でも類を見ない積雪地でありながら大都会。冬でも快適な都市機能を損なわないよう日夜奮闘しているのは地元の除雪業者。12月1日から3月20日までは除雪シーズンです。基準を超える降雪が...
10 6
2ページ / 3ページ中
会員登録(無料)