土木における生コンクリートの打設方法とその後の養生 ~その1~

  • LINE

前の記事   次の記事


今回のテーマは、生コンクリート打設と打設後の養生についてです。

夏の暑い時期と冬の寒い時期に大変なのが生コンクリートの打設後の養生です。特に寒さが増す、厳冬期の打設後の養生は大変なものがあります。私が経験したことから、皆さんの参考になれば嬉しいと思います。


打設に必要な生コンクリートの量


生コンクリートを打設する型枠などを設置したら、設計書に指定された生コンクリートを打設します。打設の前には、打設に必要な生コンクリートの量を計算します。

打設に必要な生コン=型枠の体積×1.08

※「過不足なくアスファルト舗装合材を取るための知識(舗装合材の重量の計算方法とプラントへの搬入までの流れ)」については以前に書いた記事をご確認ください。


最大積載量10,000kgのコンクリートミキサー車(正式にはアジテータ車)が1台で運べる量は、生コンの標準比重2.3とした場合、計算上4.2~3㎥程度です。しかし、品質にあった配合比率によって厳密には異なりますので、過積載にならないよう十分注意してください。現場では生コンの用意が必要ですが、ほんの少し足りないだけでも打設ができないので計算量よりも多めにとる必要があります。

生コン工場では、0.5㎥ずつ注文出荷が出来ます。生コン工場によっては0.25㎥ずつ頼めるところもあります。

10tのアジテータ車の場合、積む量が少ないと空積料を取られるので注意が必要です。1㎥nくらいまでの少量の使用であれば、自社の4tダンプなどで工場まで受け取りに行ってもよいでしょう。4tダンプで生コンを取ってきた場合、打設後はすぐに荷台を清掃しておかないといけません。生コンが固まってしまうと大変なことになってしまいます。4.5㎥以上打設する場合は、複数台頼まなければなりません。

また、打設する際には

  • 生コン車からどうやって打設ヵ所に運ぶか
  • 手押しの一輪車(ネコ)で受け取り打設ヵ所にあけるか
  • 打設車からシュートで直に降ろすのか
  • バックホウやタイヤショベルのバケツで受けて打設するのか
  • コンクリートポンプ車で打設するのか

など、打設方法を決めておかなければいけません。



生コンクリート現場試験が必要になる場合も    


生コン打設でつくる構造物によっては「スランプ検査」、「空気量測定」、「コンクリート温度の検査」が必要なため事前に確認しておく必要があります。捨てコンや縁石ベースなどは「スランプ検査」、「塩化物量測定」などを省略して良いようです。強度試験が工場で行われる場合は、テストピースを取り、試験に立ち会わなくてはいけません。


仕上げは左官屋?



生コン打設でつくる構造物によっては、仕上げに左官屋を外注しないといけない場合もあります。自社の作業員が左官屋の仕事が出来れば問題ありませんが、出来ない場合は依頼しておきましょう。完成後に隠れてしまう縁石ベースなどは、素人が見様見真似に作業しても問題ありませんが、擁壁の天端など、完成後に出来具合が分かるようなところは、それなりにきれいに仕上げなくてはいけません。

打設時には、生コンクリートに電動バイブを使い、振動を十分与えて空隙など出来ないようにしなくてはいけません。型枠によっては、ハンマーなどで叩き振動を与えながら打設しましょう。

打設前には、型枠に散水しておきます。打設に必要な「電動バイブレーター」や「左官ごて」、「スコップ」など、必要な道具と人員を用意しなくてはいけません。建築工事の場合は、事前に打設計画書を作成し監督員に提出する必要もあります。


打設前には型枠寸法と丁張の確認


打設する前には、型枠の寸法など設計図通りになっているか確認しましょう。出来上がった構造物が、寸足らずの出来形不足では検定に落ちてしまいます。

また、縁石ベースやインターロッキング下のベースなどは高さを再度確認しましょう。丁張のかけ間違いで高くなった場合は、せっかく打設したコンクリートを斫らなければいけなくなり、経費も手間もかかるので大変です。


打設後は養生シート


打設後は、スポンジなどを用意して余計な水分を吸い取り、養生シートを打設面に掛けましょう。養生シートは、外気温が5℃から25℃の場合は吸収性の良い布をかけて使用します。


打設時の天候が雨の場合は、注意が必要です。ブルーシートで囲い、雨が避けられるのであれば問題ありませんが、打設面が雨に叩かれると跡が残るため、補修しなくてはいけません。そのため、打設時の天候を天気予報で確認しておく必要があります。

大雨や台風などの場合は、生コン打設を延期したほうが無難でしょう。工期が迫っていて余裕のない時はハラハラしますね。


次回は、生コンクリート打設後の養生について掲載します。

関連記事:土木における生コンクリートの打設方法とその後の養生~その2~

関連記事:生コン打設の流れ~「打ち込み」「締固め」「仕上げ」について~

【この記事を読んでいるあなたへ】

「セメント・生コン」に関する製品・工法をお探しの場合はこちら

※本文内にある一部のキーワードをクリックすると、該当する製品・技術情報にアクセスできます。

なるほど、生コンの打設は気温や構造物によって都度調整が必要なんですね~!

サガシバに会員登録すると、現場で役立つ最新記事の情報が受け取れるんだって!みんなもぜひ登録してみてね。

会員登録はこちら

この記事のライター
元は測量士で、今は土木の現場監督。北海道南西沖地震をきっかけに施工の現場管理へ転向。現在は、市民生活に欠かせないインフラの下水道工事を主に行っています。
『サガシバ』に会員登録して、匠の野帳をもっと便利に!
会員登録すると、最新記事の情報が受け取れる他、便利な使い方がたくさん!

RC.オガさんの匠の野帳をもっと見る

2022年04月13日 10:09 RC.オガさん
2 1
暑中コンクリートとは土木学会示方書[施工編]および JASS5 では、日平均気温が25℃を越えることが予想される期間を暑中コンクリートの適応期間としています。生コンクリートが外気温の影響を受け、凝結時間が短くなり...
2 1
2022年02月16日 15:56 RC.オガさん
2 0
生コンクリートを打設して構造物を製作する工事では、品質を保証するために品質試験をしなければなりません。生コンクリートの品質試験生コンを受け入れる品質試験は、スランプ検査空気量測定生コンクリート温度の検...
2 0
2022年02月02日 10:13 RC.オガさん
7 5
生コン打設がメインの構造物を作る工事では1回1回の生コン打設が重要になってきます。生コンを打設するには、打設前に生コン打設計画書を作成しなくてはいけません。計画書には、人員数や打設量、現場の見取り図など...
7 5
2021年11月17日 13:31 RC.オガさん
6 2
元測量士ですが、北海道南西沖地震をきっかけに施工の現場管理へ転向しました。現在は、市民生活に欠かせないインフラの下水道工事を主に行っています。今回はここ3年ばかり、私が携わっている下水道の維持管理業務...
6 2
2021年09月01日 10:38 RC.オガさん
6 5
前回は2回に分けて下水道の維持管理についてご紹介しました。「下水道の維持管理(下水道本管修繕工事の流れ)~その1~」はこちら「下水道の維持管理(下水道本管修繕工事の流れ)~その2~」はこちら今回は、下...
6 5
2021年07月28日 09:52 RC.オガさん
4 2
前回「下水道の維持管理(下水道本管修繕工事の流れ)~その1~」で下水道本管修繕工事の流れについてご紹介しました。今回はその2として、5以降の項目についてご説明したいと思います。下水道修繕工事の流れ発注...
4 2
2021年06月16日 14:01 RC.オガさん
11 4
都市には、生活する上で欠かせないインフラ(インフラストラクチャー)があります。インフラは、道路、上下水道、電気、電話、鉄道など生活や産業など営む上で必要不可欠な社会的基盤になっています。私は、道路・上...
11 4
2021年04月28日 11:34 RC.オガさん
11 9
前回に引き続き「コンクリート工事での失敗と対策」についてお伝えしたいと思います。コンクリート工事の代表的な失敗例として、ひび割れが入るジャンカが入る天端の高さが違う試験体の強度不足打ち継ぎの失敗鉄筋か...
11 9
2021年04月21日 10:40 RC.オガさん
15 10
生コンクリート打設は、一大イベントではないでしょうか。計画から準備、そして施工と、どれをとっても疎かにはできません。実際、現場で“今日は生コンの打設”となると緊張するものです。予定通りに生コンの打設が完...
15 10
2021年02月03日 13:34 RC.オガさん
10 7
前回の「土木における生コンクリートの打設方法とその後の養生 ~その1~」に続き、生コンクリートの打設後の養生についてお伝えします。養生期間は、初期強度が出るまでとなっています。1日で養生が終わるところ...
10 7
1ページ / 3ページ中
会員登録(無料)