スパっと検索、
現場の味方

まずは簡単検索!

『サガシバ』とは?

What is SAGASHIBA?

会員数 12,102

『サガシバ』は、土木技術者の方が、
業務に活用できる「技術」や「ノウハウ」を見つけられるサイトです。

Q&A形式で相談できたり、設計・施工に必要な製品・技術・企業を探せます。
現場代理人、建設コンサルタント、資材メーカーをはじめ、多くの方に利用されています。

利用はすべて無料です。
あなたも『サガシバ』を味方に、スパッと仕事を進めませんか?   

新着コンテンツ

New contents

製品・技術情報

気になる製品・技術を見つけたら、カタログダウンロードや問い合わせをしてみよう!

製品をもっと見る

相談広場

悩みを気軽に質問して、みんなで答えて現場のノウハウを共有しよう!

新着の投稿

新着コメント

匠の野帳

現場で役立つ匠のノウハウを教えてもらおう!

  • 2024年04月24日 09:19 サガシバ編集部さん
    0 0
    FLIGHTS、東北地方整備局からICTサポーター認定を受ける

    株式会社FLIGHTSが国土交通省 東北地方整備局からICTサポーター認定を受けました。この認定により、株式会社FLIGHTSはドローンを活用した3次元計測技術や施設・構造物の点検支援を強化し、地域の建設現場の生産性向上とDX推進に貢献します。ICTサポーター株式会社FLIGHTSは国土交通省 東北地方整備局の「ICTサポーター」に認定され、これにより地域の建設現場におけるICT技術の活用を支援する役割を果たします。引用元プレスリリースより、「ICTサポーター認定制度」は、地域の建設現場の生産性向上とDX促進を目指したものであり、株式会社FLIGHTSは九州、中国地方整備局、北海道開発局に続く4拠点目の認定を受けました。株式会社FLIGHTSはこれまで、ドローンを活用した3次元計測技術や施設・構造物の点検支援において豊富な実績を持ち、地域の事業者に対するICT技術の支援を行ってきました。技術力株式会社FLIGHTSが特に得意とする技術は以下の3つです。1.ドローンによる3次元計測技術株式会社FLIGHTSは「FLIGHTS SCAN」というドローン搭載型レーザースキャナーを活用した3次元計測技術を開発し、高精度な測量データの取得を可能にしました。この技術は建設現場や施設点検において大きな効果を発揮し、業務効率化を図ります。2.施設や構造物の点検株式会社FLIGHTSはドローンを活用した施設や構造物の点検においても優れた実績を持ちます。これまで全国で200基以上の橋脚点検を行い、そのうち20基が東北地方整備局管内のものです。技術は高い精度と効率性を誇り、安全かつ迅速な点検作業を実現します。3.ICT施工の研修・講習会株式会社FLIGHTSはICT施工に関する研修や講習会の講師も務めており、関連する技術の普及にも力を入れています。これにより、地域の建設業界におけるICT技術の理解と導入が促進されます。まとめFLIGHTSのICTサポーター認定は、地域の建設現場における技術革新と生産性向上に向けた重要な一歩です。FLIGHTSはこれまでの実績と専門知識を活かし、東北地方の建設業界におけるDX推進に貢献していきます。【会社概要】株式会社FLIGHTS代表者:峠下周平所在地:東京都渋谷区道玄坂1-19-12 道玄坂今井ビル6階事業内容:ドローンを活用した測量、 インフラ点検、 農業といった産業分野におけるプロダクト開発や導入支援URL:https://flightsinc.jp/【引用および出典元】PR TIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000118.000018381.html

  • 2024年03月06日 13:46 インフラワーカーさん
    0 0
    建設コンサルタント業界の(必須・関連)資格と勉強方法を解説

    建設コンサルタント業務に従事するとき、必須資格はあるのでしょうか?ここでは、関連資格とその勉強方法も併せて紹介します。これから、建設コンサルタント業界に従事する予定の人や転職などで本業界を検討している人にとって有益な内容になっています。建設コンサルタントに必要な資格建設コンサルタントとして業務上、絶対に保有していないと業務が出来ないという資格はありません。とはいえ、資格保有者であれば専門知識を有しているという証明になり企業から優遇を受けることに加えて、転職などにも有利に働きます。 関連資格の紹介建設コンサルタントとして一般的に保有していると有利な資格は下記になります。ゼネコン所属で現場施工管理をする場合、施工管理技士の資格が一人前の証である一方で、大手建設コンサルタント所属であれば「技術士」の資格を取得することで一人前とされる傾向にあります。技術士土木・建築施工管理技士RCCM技術士建設業界で最も取得難易度が高い国家資格である「技術士」とは、技術士法に基づいて行われる国家試験(第二次試験)を合格した、高度な技術的知識と高い技術者倫理を備えていることを国によって認められた技術者であることを指します。技術士になるためには、第二次試験に合格する必要があります。試験内容は、筆記試験(必須科目・選択科目)を合格すると口頭試験を受験できます。どちらも合格することで技術士の資格を取得できます。 勉強方法筆記試験は、記述式で出題されています。必須科目Ⅰと選択科目Ⅱ、Ⅲから成り立っており、それぞれ個別の勉強が必要になります。各々の問いでは、次のような能力が求められます。Ⅰ:専門知識、応用能力、問題解決能力及び課題遂行能力Ⅱ:専門知識及び応用能力Ⅲ:問題解決能力及び課題遂行能力この中で特に難解と思われるのが問題Ⅱの「応用能力」と問題Ⅲの問題解決能力及び課題遂行能力です。技術を応用するとはどういうことかを理解することや、論理的な分析・課題とは何かについて正しく理解することが合格への近道です。このように合格の基準が定量的な表現ではないため、合格論文を読んでもどこが得点に結びついていて、自分の論文では何に対する記述が不足しているのかが明確には分からない特徴があります。そこで、下記3点が勉強をする上で重要になります。上記の理由から、技術士の勉強を独学で進めるには限界があります。何が加点されて何が不足しているかを指導してもらうために①第三者に添削を依頼しましょう。社内の資格保有者や、外部講師などに依頼する方法があります。次に重要なのは②学習スケジュールです。技術士の資格取得にかかる学習平均時間は500時間と言われています。3時間/日の学習時間を半年間継続する必要があるため勉強しない日が続かないように工夫する必要があります。最後は、③過去問になれることです。初見で1800字の論文を書くため慌ててしまうと時間が足りなくなります。そこで、過去問を通して出題形式を深く理解して出題傾向・論文構成を想定しておくことが重要になります。土木・建築施工管理技士建設コンサルタントは、設計図書の作成が主たる業務であり、現場施工管理を実施する可能性は低いです。しかし、施工管理技士の資格取得を通して学んだ知識は現場との作業調整や設計に大きく役立ちます。 勉強方法施工管理技士の資格は、第一次検定(マークシート方式)と第二次検定(記述方式及びマークシート方式)から成り立っています。勉強方法は、過去問を解くことが重要になります。本試験は、問題が例年通りのため過去問を5~10年分程度、満点を取れるように学習することで合格に近づけます。RCCMRCCM(Registered Civil engineering Consulting Manager)は、民間資格であり建設コンサルタント等業務に係わる責任ある技術者として、業務の適正な執行の管理、技術上の事項の処理、および業務成果の照査の責任者となるための資格試験です。資格保有者は、高度な技術的知識を保有している証になり管理技術者、ならびに照査技術者になることができます。 勉強方法本試験は、CBT試験と呼ばれるパソコン上で全て解答する試験です。試験は、択一問題と記述式がありますが、施工管理技士の資格と同様に過去問を解くことが重要な勉強方法になります。試験内容も、問題が例年通りであるため過去問を5~10年分程度、満点を取れるように学習することで合格に近づけます。まとめ建設コンサルタント業を行う上で必要な資格、取得を検討すべき関連資格と勉強方法を理解できたでしょうか?ここでは、資格の優先度や勉強方法のアドバイスを含めて解説しました。本記事を通して、資格取得を前向きに検討する人や建設コンサルタント業界に転職を考える人が一人でも増えることを願っています。

  • 2024年02月21日 09:33 キートンさん
    0 0
    建設コンサルタントの設計ミスで失敗しないたった2つのこと

    設計ミスは、構造物の不備にとどまらず、二次災害を引き起こす恐れもあります。設計ミスを防ぐために、建設コンサルタントとして、何に気をつけ、どのような対策を講じていくべきなのでしょうか。設計ミスの半数は単純ミスだった国土交通省が取りまとめた「設計成果の不具合の分類とその発生原因」によると、不具合が発生した設計業務の案件のうち、おおよそ半数近くは、「不注意による単純ミス」であることが判明しました。設計には高度な技術力を要することが少なくないため、技術的な判断ミス、技術力不足によるミスよりも、単純ミスが上回っているのは、驚きを禁じえません。また、単純ミスの内容に着目すると、最も多かったのは「図面作成のミス」であり、これに続く「設計計算のミス」や「数量計算のミス」を、件数として大きく上回っています。この「図面作成の単純ミス」の最も大きな要因は、「データ入力等の作業時の不注意・確認不足」となっており、「不十分な照査体制」、「設計者内部の情報伝達不足」と続き、それらの割合は、「基準類の理解不足」や「現地確認不足」など、技術的な要因より圧倒的に多い結果となっています。「設計ミス」を防止するためには、これらの傾向をしっかりと頭に入れておくことが必要です。私の犯した単純ミスここで、私が過去に犯してしまった、設計ミスの事例をお伝えします。当時、3件の受託業務を並行して進めており、時間的に非常にタイトな状況でした。3件のうち一つが、消波ブロックの制作据付の設計業務でしたが、既にブロックの規格や据付工法の選定が完了し、あとは発注用の図面と数量計算書を取りまとめるだけでした。残り2件の業務が、設計条件や安定計算の検討において、発注者との調整が山場を迎えていたこともあり、私の頭の中で、図面作成や数量計算は片隅に追いやってしまっていました。その結果、消波ブロック数の過大計上が、後になって判明したのです。まだブロック製作工事が始まる前であったため、発注者や施工者に実損を与えずに済んだものの、多くの方々にご迷惑をかけてしまいました。私が数量を過大に計上していた原因は、堤防端部における単純な計算ミスでした。正直、難しい計算でもなく、照査をしっかりと行えば、防ぐことができるものでした。この事例での私の最大の過ちは、計算ミスそのものよりも、「簡単なプロセスだから、確認も簡易に済ませていい」という、慢心、油断でした。単純な計算ミスであっても、クライアントに与える影響は、技術的に判断が難しい中でのミスと等しく、決して軽微ではありません。だからこそ、どんな過程でも慢心や油断を排除することが、建設コンサルタントとして大切な資質であると、痛感した次第です。単純ミスを防止する方法 私の事例からもお分かりの通り、設計ミスの半数を占める「単純ミス」は、技術力不足や理解不足が原因ではありません。ずばり「不注意」に尽きます。人間ですから、ヒューマンエラーを完全にゼロにすることは困難です。しかしながら、「単純エラー」を限りなくゼロにする努力は、絶えず自他ともに問い続ける必要があります。ここで、単純ミスを防止する具体的な方策として、2つのアプローチをお伝えします。一つは、各自が「自己照査」能力を高めることです。慣れている作業、難易度の低い作業こそ、細心の注意を払い、慢心を戒めることが大切です。油断を排した心を保った上で、資料を見直したり、計算過程を再トレースしたりすることで、多くの「うっかりミス」を防ぐことができるものです。もう一つは、複数人による「相互照査」です。経験豊かな人であっても、時には「間違った思い込み」を持ったまま、作業を進めてしまうことが起こり得ます。「思い込み」自体を本人が気づくのは難しいため、他の誰かが確認するという体制が、どうしても必要なのです。岡目八目というように、自分の間違いは気づけなくても、他人のミスは容易に見つけられるものなのです。まとめ自動車事故は、初めて走る道路ではなく、通り慣れている道路で起こりやすいと言われています。慣れからくる「不注意」や「慢心」こそ、事故の要因になってしまうのです。建設コンサルタントも、多くの知見を学び続ける向上心とともに、既に習得した技能を間違いなく発揮させる注意力が不可欠です。「神は細部に宿る」と言います、設計ミスのせいで、これまで築いてきた信頼関係が一瞬で崩れることがないよう、「まあいいだろう」の気持ちを排し、「今一度確かめよう」の心がけを決して忘れず、共々に歩んでいきましょう。

匠の野帳をもっと見る

建コンマッチング

建設コンサルタント業務の協力業者が見つかる!

新着案件

土木設計コンサルタントの橋梁部門で長く働いていたため、橋梁の計画、設計、施工、維持管理、概算工事費の算出の一式対応が可能...
土木設計コンサルタントの橋梁部門で長く働いていたため、橋梁の計画、設計、施工、維持管理、概算工事費の...
全国 希望納期:2025年03月31日
掲載期限:2025年03月31日
更新日:2024年05月22日
橋梁・トンネルの点検、補修設計
全国 希望納期:2025年03月31日
当社は協力会社(下請け)専門のコンサルです。独立して26年になります。当初は橋梁一般設計、道路関係設計などの業務を請け負っ...
当社は協力会社(下請け)専門のコンサルです。独立して26年になります。当初は橋梁一般設計、道路関係設計...
全国 希望納期:2025年03月31日
掲載期限:2025年03月31日
更新日:2024年04月17日
土木設計補助として、設計のお手伝いが可能でございます。 以下の分野の経験がございます。 ・道路設計(補強土壁、ボックス、...
土木設計補助として、設計のお手伝いが可能でございます。 以下の分野の経験がございます。 ・道路設計(...
全国 希望納期:2025年03月31日
掲載期限:2024年12月28日
更新日:2024年04月13日

案件数5件(2024年05月時点)

案件をもっと見る

新着の協力業者

    全国、他
    橋梁関連の下請けです。お仕事ください。 土木設計コンサルタントの橋梁部門で長く働いていたため、橋梁の計画、設計、施工、維...
    橋梁関連の下請けです。お仕事ください。 土木設計コンサルタントの橋梁部門で長く働いていたため、橋梁の...
    業務受注
    法人
    全国、他
    株式会社TORIEz
    業務受注 業務発注
    法人
    株式会社TORIEz  弊社は建設コンサル部門と電気通信部門があり 主に建設コンサル部門では橋梁点検・道路構造物・附属物点...
    株式会社TORIEz  弊社は建設コンサル部門と電気通信部門があり 主に建設コンサル部門では橋梁点検・...
    業務受注 業務発注
    法人
    関東、他
    牛窓技術士事務所
    業務受注
    個人
    四国、中国、関西地方を中心に個人の設計事務所として一般土木構造物および小水力発電所の設計業務の受注および請負を行っており...
    四国、中国、関西地方を中心に個人の設計事務所として一般土木構造物および小水力発電所の設計業務の受注お...
    業務受注
    個人
    全国
    弊所は現場代理人出身の会長を筆頭に、建設業関係の有資格者の弁理士が揃った建設特許を得意とする特許事務所です。 弁理士数:...
    弊所は現場代理人出身の会長を筆頭に、建設業関係の有資格者の弁理士が揃った建設特許を得意とする特許事務...
    業務受注
    個人
    北海道・東北
    株式会社加藤重機
    業務受注 業務発注
    法人
    岩手県一関市の建設会社です。 バックホウ ~0.45㎥ 30台 バックホウ 0.45㎥ 20台 バックホウ 0.7㎥ 30台 バックホウ 01.4㎥...
    岩手県一関市の建設会社です。 バックホウ ~0.45㎥ 30台 バックホウ 0.45㎥ 20台 バックホウ 0.7㎥ 30...
    業務受注 業務発注
    法人

よくあるご質問

FAQ

サービスはすべて無料で利用できますか?
個人会員の方は、全てのサービスを無料でご利用いただけます。(別途、資材メーカー様向け有料コンテンツがあります)
『サガシバ』にはどんな人が登録していますか?
『サガシバ』は、土木業界に従事する現場代理人や建設コンサルタントといった方が登録をしています。
会員登録をすると何ができますか?
相談広場に投稿されている全ての質問や回答を閲覧できます。資材メーカー様と直接やりとりして、製品に関して問い合わせたり、カタログダウンロードも可能です。その他、会員限定の機能が多数あります。

会員登録

Member registration

2ステップの会員登録をするだけで、すべてのサービスを無料でご利用いただけます! 今すぐ登録して、『サガシバ』のコンテンツをお楽しみください。

  1. STEP
    1

    まずは登録ページに
    メールアドレスを入力

  2. STEP
    2

    メールに届くURL先に簡単な
    プロフィールを入力して完了!