スパっと検索、
現場の味方

まずは簡単検索!

『サガシバ』とは?

What is SAGASHIBA?

会員数 9,942

『サガシバ』は、土木技術者の方が、
業務に活用できる「技術」や「ノウハウ」を見つけられるサイトです。

Q&A形式で相談できたり、設計・施工に必要な製品・技術・企業を探せます。
現場代理人、建設コンサルタント、資材メーカーをはじめ、多くの方に利用されています。

利用はすべて無料です。
あなたも『サガシバ』を味方に、スパッと仕事を進めませんか?   

新着コンテンツ

New contents

製品・技術情報

気になる製品・技術を見つけたら、カタログダウンロードや問い合わせをしてみよう!

製品をもっと見る

相談広場

悩みを気軽に質問して、みんなで答えて現場のノウハウを共有しよう!

新着の投稿

新着コメント

匠の野帳

現場で役立つ匠のノウハウを教えてもらおう!

  • 2022年08月10日 09:30 どぼこさん
    0 0
    建設コンサルタントのリアルな一日

    建設業に関わりがない人は、建設コンサルタントと言われてもピンと来ないと思います。建設コンサルタントは主に社会資本の整備に関する調査・計画・設計を行い、国や地方公共団体などを支援する役割を担っています。今回は、約5年間建設コンサルタントで都市公園の計画や設計を担当していた筆者が、建設コンサルタント社員のリアルな一日を紹介します。なお、筆者の体験を基にしているため、会社の規模や担当する業務によってタイムスケジュールは全く異なることにご留意ください。●建設コンサルタントの一日(内勤)建設コンサルタントは主に公共構造物の調査・計画・設計を行う会社であるため、机上での検討作業が多く、社内で一日を過ごすことが多いです。今回は、設計業務を担当している時の繁忙期(1~3月)の一日のタイムスケジュールをご紹介します。 9:00~ 協力会社との電話納期が近づいているため、協力会社と最終的な設計条件や未確定事項について電話で詰めていきます。 9:30~ 設計条件の検討協力会社や発注者との打合せ結果を基に設計条件や未確定事項の検討をします。業務を担当するチームメンバーや豊富な経験を持つ先輩技術者と話し合ったり、基準書を熟読したりしながら条件を決定していきます。 10:30~ 図面と計算書の修正決定した条件を基に作成中の図面や計算書を修正します。 12:00~ 昼食近くのコンビニや弁当屋で購入したものをかきこんで昼寝します。 13:00~ 計算条件の整理午前中の作業とは別の業務の作業に移行し、基準書を読みながら構造計算に必要な条件を決めていきます。 15:00~ 構造計算整理した計算条件を基に、専用の計算ソフトを用いて構造計算をします。計算の種類によって使うソフトの種類も違うため、ソフトの使い方が分からず四苦八苦することも多々あります。 17:00~ 休憩帰るのが遅くなりそうなので、お菓子やおにぎりを食べて過ごします。 17:30~ 打合せ資料作成(残業)残業で、近々予定している発注者との打合せのための資料を作ります。打合せで重要なことが決まるため、資料作成にはこだわります。 21:30~ 終業・帰宅帰宅したら即寝です。●建設コンサルタントの一日(外出時)事務職や営業職を除く建設コンサルタント社員が外出をするのは、打合せか現地調査のどちらかの場合が多いです。どのような業務でも基本的には発注者との打合せと現場調査を行う必要があります。現場調査は、業務の対象場所に赴いて計測したり、写真を撮ったりします。打合せは、発注者の元に赴いて作成した資料を基に発注者と設計の条件をすり合わせたり、業務の進捗状況を伝えたりします。今回は、閑散期(4~7月)で打合せと現場調査を同日に行う日のスケジュールをご紹介します。 9:45~ 現地集合打合せの開始時刻が10時からなので、現地に直行します。 10:00~ 打合せ打合せでは、設計条件や確認事項を詰めます。業務内容や発注者によって、1時間かからず終わる時もあれば3時間以上かかる時もあります。 12:00~ 昼食普段外出する機会があまりないため、ここぞとばかりに現地の名物料理を探して食べます。 13:00~ 現地調査業務の対象場所に行き、写真を撮ったり、構造物の寸法を測ったり、ポイントとなる条件を確認して記録します。現地調査の内容は業務の内容によって様々ですが、元請けの場合は協力会社の人と一緒に現場を回ったり、写真撮影や寸法計測をしたりして、短い時間で簡単な作業をして終える場合が多いです。 17:00~ 終業・直帰半日歩き回ってヘトヘトなので、そのまま帰ってゆっくり体を休めます。繁忙期や打合せが迫っている時は会社に戻り、残業します。●まとめ今回は、内勤と外出時の2パターンの建設コンサルタント社員の一日をご紹介しましたが、割合としては内勤の日が圧倒的に多く、基本的には朝から夜までパソコンに向かって仕事をします。想像より地味だと感じられた方もいるのではないでしょうか?自身が設計を担当した構造物が形になり、「地図に残る」という輝かしい仕事ですが、実際の仕事内容は日々の地道な作業が中心です。設計した構造物が実際に形になるのは数年以上の月日がかかることがほとんどで、残業が多い点もあいまって、思っていた仕事と違うと感じてしまう人も多いです。しかし、設計したモノが出来上がった時や多くの人が利用している光景を実際に見た時の達成感は何物にも代えがたく、それまでの苦労がなかったことのように感じることもあります。建設コンサルタントの認知度はまだ低いですが、私たちが日々利用しているインフラの多くは建設コンサルタントが設計しています。この記事を読んで、少しでも建設コンサルタントを身近に感じていただければ嬉しいです。 匠の野帳の更新が受け取れる『サガシバ』メルマガ 月2回の配信を行っています。匠の野帳の更新情報以外にも、人気の製品や相談など情報満載!ご登録はこちら※すでに会員の方はこちら

  • 2022年08月03日 09:20 ローリングMさん
    0 0
    四つ葉のクローバーをくれる左官さん

    「真ん中で折れとるぞ。」「…えっ?どこで?」現場に着くなり、左官さんがそんなことを言い出すので、僕は慌てた。この工事は、元々積んであった2段積みのブロックをかさ上げすることで、駐車場の外回りの高さをかせいで水勾配をとらなければいけない。この工事でまず取り掛かる大切な作業だ。先月、土地の所有者が会社を訪ねてきた後、見積もりのための測量を数回行った。その時はかさ上げの土台になるブロックの法線が折れていることにまったく気が付かなかった。「どのあたりが…?」左官さんが指さすところをブロックの端から見通すと、確かに折れているような、そうでもないような感じである。「糸を張ってみましょうか?」すると、ピンと張った糸とブロックの間に隙間が2㎜~3㎜ほど現れた。「下から積み直すのか?」左官さんの問いに僕は首を振った。「いや、このままかさ上げしましょう。折れている部分は、路床になるから見えなくなる。」お金と時間の話はしないことにした。幸い内側に折れているから、越境という問題はないのだし、差し筋と横の鉄筋で強度もとれる。「じゃ、朝礼をしましょう。工程の説明をします。集まってください。」「やっぱり、目が違うのかな~?」「目というより目の付け所じゃないですか。」午前中の作業が終わり、コンビニに向かって運転しながら僕がつぶやくと、助手席の若手が答えた。「この前測量に来た時は、高さと面積だけ丁寧にあたりましたよね~。通りがまっすぐかなんて誰も気にしなかったじゃないですか。角々をトランシットで見て、もらった図面と見比べるだけで…」その時、僕は四つ葉のクローバーの話をしたかったのだが、確かに彼の言う通りなのかもしれないと思い、切り出せなかった。朝一番にブロックが折れていることに気が付いた左官さんは、よく僕に四つ葉のクローバーをくれる。去年、田舎の河川工事に通ったころ、毎週のように四つ葉のクローバーを左官さんがくれるので、「どこかたくさん茂っているところがあるんですかね?」と尋ねたこともあった。僕のレベルブックで押し花のように挟まったいくつかの四つ葉のクローバーを「あげましょうか?」と差し出したが、彼は笑って断った。その時、僕は左官さんが四つ葉のクローバーを特別好きなわけじゃないことを知り、もしかしたら目の訓練のために四つ葉のクローバー探しをしているのではないかと勘ぐった。しかし、目がよいとか、視力がよいとか、きっとそんなことはどうでもよいことなのだろう。まず、まっすぐであるはずのものを「まっすぐかどうか?」自分の目で見る。ものを見るときの心構えが違うのだろう。目を凝らして、草むらの中で四つ葉のクローバーを探しているのではないのだ。クローバーの茂みの中の違和感を感じ取ろうと、茂み全体を眺めているのかもしれない。僕はそんな気がしてならない。【この記事を読んでいるあなたへ】「測量・調査」に関する製品・工法をお探しの場合はこちら※本文内にある一部のキーワードをクリックすると、該当する製品・技術情報にアクセスできます。 匠の野帳の更新が受け取れる『サガシバ』メルマガ 月2回の配信を行っています。匠の野帳の更新情報以外にも、人気の製品や相談など情報満載!ご登録はこちら※すでに会員の方はこちら

  • 2022年07月27日 10:00 サガシバ編集部さん
    1 1
    騒音振動測定をクラウド管理!DKの常時遠隔監視装置とは?

    連載第1回目は、株式会社土木管理総合試験所の「DK note」記事より「IoTでコンクリートのひび割れ幅を遠隔監視!既設構造物における実績紹介」を掲載いたしました。■前回の記事はこちら点検に行ったらデータが取れていない!? Q.騒音振動を遠隔監視しようとしたきっかけを教えてください。山谷さん:以前から連続測定のご要望はありました。1日24時間程度の連続測定ならば有人で対応することが多いのですが、1週間、1ヶ月間の長期連続測定は有人での対応は困難です。またお客様としても人件費が増えてしまうため、通常の騒音振動計を利用した長期連続測定は現実的ではありませんでした。そのため長期間の連続測定のニーズに応えるべく企画が始まりました。 Q.開発にあたっての課題は何だったのでしょうか?山谷さん:通常の騒音振動計は瞬停に弱い点があり、瞬停した際に蓄積データがすべて消えてしまうトラブルがありました。たとえば、機器の点検は週1回程度のため、設置から1週間後に点検に行った際に、設置直後に瞬停が起きた場合にはデータが全く取れていない!なんてこともありました。作製にあたりキーポイントとなるデータの伝送については、ロガー(注1)にデータを蓄積するのではなく、常時、クラウドに上げることで、蓄積データが上書きされてしまったり、欠測するという弱点を解消するという方向性で企画を進めました。(注1)ロガー:データロガー:計測結果を時系列に記録する装置やソフトウェア・システム騒音振動が住民だけでなく家畜にも影響する!? Q.騒音振動 常時遠隔監視装置が必要なお客様はどんな方ですか?山崎さん:主に建設会社様にご依頼いただいております。工事の仕様書には、「騒音振動が大きくなることが予測される工種があるため、長期的に騒音振動測定をする」と記載があったりします。たとえば、既存構造物を解体する際に使用するブレーカーや、鋼矢板を打設する際に使用するバイブロハンマーは、大きな騒音や振動の発生が予想されるため、常時遠隔監視装置を設置することがあります。また、これらの重機を使用しなくても、民家に隣接する現場、ダンプトラックの通行が多い現場などがあります。発注者の指示がなくても、自主的に測定する現場もありました。山谷さん:近隣住民の方からの要望で行うこともあります。山下さん:家畜に対する補償算定の参考のために行う調査もありました。トンネル工事の現場近くにブランド牛の牛舎があり、発破作業等が牛にストレスを与え、肉質に影響が出る不安があったため、騒音振動データを常時観測する要望がありました。決め手はこれまで見えなかったデータの瞬時値だった! Q.騒音振動 常時遠隔監視装置を利用しているお客様の声はいかがですか?山崎さん:瞬時値を記録しているのが決め手だったと伺っています。騒音振動データは、瞬時値から統計値を算出します。最終的に必要なデータは統計値のみの場合が多いのですが、それだと、この統計値の中の最大値の原因までは分からないことが多いです。瞬時値が残っていると、その変化の状況から、騒音発生の原因が推定できます。また、当社は設置からデータ取りまとめ、撤去までワンストップで行うため、お客様の業務負担が減ったという声もいただいています。 ちゃんとデータが取れているか確認出来て安心!  Q.騒音振動 常時遠隔監視装置の導入にあたり、当社での変化はありましたか?山下さん:設置後から問題なく稼働できているか常に確認できるため、欠測トラブルが減りました。さらに、社内で常時監視できるため移動時間・移動費の削減に繋げることができました。山崎さん:お客様からも測定データを見たいという要望がありましたが、クラウドに保存したデータを当社の管理画面で確認しており、それはお客様仕様にはなっていません。山谷さん:お客様用の管理画面についてはお客様へのヒアリング及び検討を進めています。レンタルできる Q.今後のビジネスモデルはありますか?山谷さん:基本はレンタルを予定しています。購入を希望しているお客様が少ない要因として、建設現場ではハード面は、現場ごとのレンタルが基本で、所有するという考えは少ないからです。当社に依頼いただくお客様は、1ヶ月から数年単位でのレンタルを希望されています。当社では設置・撤去はもちろん、データ取りまとめまでワンストップで行うことができるので、お客様のメリットに繋がると考えています。  技術者へのご相談・お問合せはこちらまで 業務案内ページ「DKnote」まで▶ https://service.dksiken.co.jp/

匠の野帳をもっと見る

よくあるご質問

FAQ

サービスはすべて無料で利用できますか?
個人会員の方は、全てのサービスを無料でご利用いただけます。(別途、資材メーカー様向け有料コンテンツがあります)
『サガシバ』にはどんな人が登録していますか?
『サガシバ』は、土木業界に従事する現場代理人や建設コンサルタントといった方が登録をしています。
会員登録をすると何ができますか?
相談広場に投稿されている全ての質問や回答を閲覧できます。資材メーカー様と直接やりとりして、製品に関して問い合わせたり、カタログダウンロードも可能です。その他、会員限定の機能が多数あります。

会員登録

Member registration

2ステップの会員登録をするだけで、すべてのサービスを無料でご利用いただけます! 今すぐ登録して、『サガシバ』のコンテンツをお楽しみください。

  1. STEP
    1

    まずは登録ページに
    メールアドレスを入力

  2. STEP
    2

    メールに届くURL先に簡単な
    プロフィールを入力して完了!