過不足なくアスファルト舗装合材を取るための知識(舗装合材の重量の計算方法とプラントへの搬入までの流れ)

←RC.オガさんの前回の記事 

RC.オガさんの次回の記事→


舗装する際には、面積と厚さに応じた舗装合材(舗装材)を舗装プラントから搬入します。そこで今回は、過不足ない舗装合材の取り方を話しましょう。


舗装は決められた枠の中を舗装するため、「延長」「幅」「厚さ」の寸法が必要になります。これが大規模な道路舗装工事であれば、何百メートルの施工距離にもなるでしょう。反対に水道の維持工事などの場合は、1メートル×1メートルの舗装復旧からあるわけです。

舗装合材の体積は、舗装する面積(延長×幅)と舗装の厚さを掛ければ出てきます。さらに舗装合材を搬入するには、舗装合材の体積に2.3(舗装合材の比重)と、余盛分の係数1.08を掛ければ実際に必要な舗装合材の数値が出てきます。


■舗装合材の重量の計算方法

舗装する面積=延長×幅
舗装合材の体積舗装する面積×舗装の厚さ
舗装合材の重量=舗装合材の体積×2.3(舗装合材の比重)×1.08(余盛分の係数)


■問題1

延長=5m、幅=2m、厚さ=5cmの舗装合材の重量


(回答)

舗装する面積
5m×2m=10m2
舗装合材の体積
10m2×5cm → 10m2×0.05m=0.5m3
舗装合材の重量

0.5m3×2.3=1.15t

1.15t×1.08=1.242t

舗装する面積から電卓で求めると「5×2×0.05×2.3×1.08=1.242t=1.2t」となります。計算するときは単位を合わせて計算します。5cmは0.05mです。

必要な舗装合材の重量が分かれば、舗装プラントから現場へ搬入します。量が多ければ、10tダンプを頼んだりしますが、少量の場合は4tダンプで取りに行きます。

舗装プラントにもよりますが、引き取りの最低量が決まっています。大抵0.5tなのですが、少数ですが0.8tや1.0tと、引き取りの最低量が多いプラントもあるので事前に確認しておく必要があります。


先ほどの<実例1>の舗装合材の重量は、1.2t。0.5tが最低引き取り量のプラントであれば1.5tオーダーして出荷してもらうことになります。0.3t余ってしまうのですが、これは致し方ないことと思ってあきらめて下さい。

舗装前の不陸整正が正しく行われていれば、計算通りの舗装合材の量となるんです。不陸整正が高くなると、舗装合材が余り過ぎてしまい、低すぎると舗装合材が足りなくなってしまいます。まぁ、熟練の舗装工ならば過不足なく、ほぼほぼ良いところで収まるようです。

不陸整正での出来高の差はおおよそ±1cmくらいではないでしょうか。これが高めだと舗装合材が余り、低めだと舗装合材が不足することになります。目安としては、±0.2tの増減はあると思います。その増減を加味して搬入する舗装合材の量を決めるのですが、計算値の量より若干多めの量にしないといけません。0.1t足りなくてプラントへ取りに行くのは、手間と時間がもったいないことになってしまいます。面積は、少し多めに計測して計算することをお勧めします。


図面には、測点が示されているでしょう。図面上から舗装する面積そして舗装合材の量を知ることが出来ます。しかし、それで舗装合材の搬入量を決めてはいけません。舗装する前には、必ずテープやコロコロ(ウォーキングメジャー)で、幅と延長を確かめましょう。図面と違っていることがあるので、必ず確認してください。延長が変われば舗装合材量が変わってきます。10トンダンプ数台で運搬させるときは、途中で残りの延長を計り、残り何台あれば舗装合材が足りるのか計算して出すようにしましょう。


問題2
延長=5m、幅=2m、厚さ=8cm(1層目5cm、2層目3cm)の
舗装合材の重量

(回答)

<1層目(粗粒)の計算>

舗装する面積
5m×2m=10m2
舗装合材の体積
10m2×5cm → 10m2×0.05m=0.5m3
舗装合材の重量

0.5m3×2.3=1.15t

1.15t×1.08=1.242t


<2層目(車道細粒AS)の計算>

舗装する面積
5m×2m=10m2
舗装合材の体積
10m2×3cm → 10 m2×0.03 m=0.3 m3
舗装合材の重量

0.3m3×2.3=0.69t

0.69t×1.08=0.745t

計算は小数点第二位までとして、最終結果は小数点第一位で、計算は足ります。ミリ単位まで計算してもあまり意味はありません。また、面積はすこし大きめで計っておかないと舗装合材が足りなくなることもあり得ます。

その後、舗装合材の重量の計算結果を舗装プラントの引き取り量に合わせて0.5tごとに繰り上げします。(生コン工場では、0.5㎥ずつ注文出荷が出来ますが、生コン工場によって0.25㎥ずつ頼めるところもあります。)

1層目(粗粒)1.24t →1.5t

2層目(車道細粒AS)0.74t →1t

つまり、1層目(粗粒)1.5t、2層目(車道細粒AS)1tをオーダーして舗装プラントから現場まで運搬しなくてはいけません。

舗装合材は、工事によって変わってくるので設計書をもらった時や舗装修繕の指示を受けたときに確認しておく必要があります。

また、既設舗装を撤去した廃材(ASガラ)の量も、延長×幅×厚さ×2.3の同じ計算で出すことができます。最大積載量4,000kgのダンプであれば4tまで積載できるとはいえ、毎回正確に重量を計測できるわけではないのも現実です。過積載に絶対ならないよう安全マージンも十分に考慮して載せるよう心がけましょう。


←RC.オガさんの前回の記事 

RC.オガさんの次回の記事→

4138577_s (1).jpg

RC.オガさんの匠の野帳をもっと見る

2021年04月28日 11:34 RC.オガさん
3 2
←RC.オガさんの前回の記事 前回に引き続き「コンクリート工事での失敗と対策」についてお伝えしたいと思います。コンクリート工事の代表的な失敗例として、ひび割れが入るジャンカが入る天端の高さが違う試験体の強...
3 2
2021年04月21日 10:40 RC.オガさん
7 5
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→生コンクリート打設は、一大イベントではないでしょうか。計画から準備、そして施工と、どれをとっても疎かにはできません。実際、現場で“今日は生コンの打設”と...
7 5
2021年02月03日 13:34 RC.オガさん
9 5
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→前回に続き、生コンクリートの打設後の養生についてお伝えします。養生期間は、初期強度が出るまでとなっています。1日で養生が終わるところもありますし4~5日...
9 5
2021年01月27日 10:25 RC.オガさん
7 6
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今回のテーマは、生コンクリート打設と打設後の養生についてです。夏の暑い時期と冬の寒い時期に大変なのが生コンクリートの打設後の養生です。特に寒さが増す、...
7 6
2021年01月13日 11:32 RC.オガさん
7 5
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→小さな会社の現場監督は、なんでもやらなくてはいけません。「現場の段取り」、「写真管理」、「役所との打ち合わせ」、「作業車の運転」、「足りない作業員の作...
7 5
2020年10月28日 09:58 RC.オガさん
9 6
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→行き過ぎた残業が引き起こす過労死が話題となってから、ようやく政府が重たい腰をあげて月間80時間以上の残業をレッドゾーンとしたのは記憶に新しいことです。そ...
9 6
2020年09月30日 13:25 RC.オガさん
15 11
←RC.オガさんの前回の記事  RC.オガさんの次回の記事→工業系の学校を卒業された方は、測量の授業が行われていると思います。しかし、工業系ではない、文系の普通科を卒業された方は測量なんてやったことがなくて、...
15 11
2020年08月19日 11:47 RC.オガさん
11 8
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今年の夏は凌ぎやすいかと思いきや、一転して最高気温40℃にも達する酷暑を迎えました。40℃と言えば、人間の体温を越えた気温。黙って日向に立っていても、目がく...
11 8
2020年06月24日 10:28 RC.オガさん
11 10
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今回は、工事着工前に実施することについて考えてみます。施工計画書と予算書は必要か                  工事を受注して一番初めに行うこ...
11 10
2020年04月22日 10:23 RC.オガさん
12 8
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→2019年11月に、東京オリンピックのマラソンと競歩競技が札幌開催に急遽決まりました。東京都民は、「なぜ?」と疑問に思われたことでしょう。東京オリンピックは...
12 8
1ページ / 2ページ中
会員登録(無料)