札幌の除雪について

←RC.オガさんの前回の記事 

RC.オガさんの次回の記事→


私が暮らしている札幌は、世界でも類を見ない積雪地でありながら大都会。

冬でも快適な都市機能を損なわないよう日夜奮闘しているのは地元の除雪業者。12月1日から3月20日までは除雪シーズンです。基準を超える降雪があれば、除雪のため市民生活に支障が少ない夜間に出動し、快適な交通環境を維持できるようにしています。

2019~2020年シーズン                    

2019~2020年シーズンは40数年ぶりの記録的な小雪で、除雪を生業としている業者からは悲鳴に近いような叫びもありました。例年ある、クリスマス寒波や年末の大雪、それに成人式の荒天も今年はなぜかなく、周期的に温暖になるなど、積もった雪も消えてしまうほどでした。そのため、札幌市内のスキー場はコースの雪もままならず、正月が終わった頃ようやくオープンとなったほどでした。1月中旬になっても10㎝程の積雪しかなく、雪の少なさに驚きました。

札幌に住む人間なら、街に雪がなく、山(スキー場)にのみ雪が降るような冬を夢見る人も多いハズ。真冬の1月半ばで積雪10㎝は、まさしくそんな状況です。マイナス10℃以下の最低気温の日もあったため、全くの暖冬ではありませんでしたが、周期的に寒気と暖気がくる冬でした。

真冬の札幌で開催されるさっぽろ雪まつりは、市内近郊から自衛隊が雪をトラックで輸送して雪像が作られます。今年は札幌近郊も小雪だったため、例年の倍近くも遠いところから運搬されました。冬の札幌の一大イベントなので開催中止なんて出来ません。200万人以上もの観光客が訪れるので、ただでさえ経済が滞る時期のカンフル剤のようなイベントなのです。(結果的には北海道でコロナウイルスの感染拡大の一因になったのですが・・・)

雪まつりは、「大通会場」と「つどーむ会場」の2会場で開催しています。大きな滑り台などのアトラクションがある「つどーむ会場」は、全長100mの滑り台が30m縮小され、ようやく開催されました。長く続いている雪まつりの歴史で規模が縮小されたことは記憶にありません。それほど雪が降らなかったのですね。

しかし、心の奥底では「いつか帳尻合わせの大雪が来る」と、札幌に長く住んでいる人はきっと思っていたと思います。

―このまま、小雪のままで終わるかも―

“除雪費は60%保証される“なんて話が浮上した1月下旬頃に、とうとう帳尻合わせのドカ雪が降りました。一晩で30㎝近くもの雪が降る、近年にはないほどの大雪。

その後はずんずんと降雪があり、気が付けば例年並みの積雪量に到達していました。それでも出だしの雪の量が極端に少なかったため、暖冬の積雪量の約80%に達する程度かと思っていましたが、最終的には例年の98%まで到達したようです。

ほどほどに降って欲しい雪                   

除雪は出来高払いが基本のため、降雪量に左右されます。例えば、除雪業務の請負金額が1000万円と仮定すると、積雪量が少なく60%の実績しかできなかったのであれば、600万円が受け取り金額となります。

また、80%の実績であれば800万円ですが、90%以上の実績であれば100%の金額を受け取ることができます。もちろん積雪量が多く100%以上になれば設計変更で増額分が受け取れます。(超過が何パーセント以上になれば増額になるかは、残念ながら私にはわかりません。)

除雪工事の設計に対する実績によって受け取り金額が変わってくるため、大雪ではなく、ほどほどの積雪量で100%の実績を積みたいと社長さんたちは思っていることは間違いありません。

暖冬で小雪の年は4~5年おきにあります。そんな小雪の年は80%しかお金が入ってきません。2019-2020シーズンは、80%を下回る60%になるかもしれないと恐れていましたが、逆転満塁ホームランのようなドカ雪があってなんとか例年通りになりました。

胸をなでおろした社長さんも多いと思います。


←RC.オガさんの前回の記事 

RC.オガさんの次回の記事→

札幌の除雪.jpg

RC.オガさんの匠の野帳をもっと見る

2021年04月28日 11:34 RC.オガさん
3 2
←RC.オガさんの前回の記事 前回に引き続き「コンクリート工事での失敗と対策」についてお伝えしたいと思います。コンクリート工事の代表的な失敗例として、ひび割れが入るジャンカが入る天端の高さが違う試験体の強...
3 2
2021年04月21日 10:40 RC.オガさん
7 5
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→生コンクリート打設は、一大イベントではないでしょうか。計画から準備、そして施工と、どれをとっても疎かにはできません。実際、現場で“今日は生コンの打設”と...
7 5
2021年02月03日 13:34 RC.オガさん
9 5
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→前回に続き、生コンクリートの打設後の養生についてお伝えします。養生期間は、初期強度が出るまでとなっています。1日で養生が終わるところもありますし4~5日...
9 5
2021年01月27日 10:25 RC.オガさん
7 6
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今回のテーマは、生コンクリート打設と打設後の養生についてです。夏の暑い時期と冬の寒い時期に大変なのが生コンクリートの打設後の養生です。特に寒さが増す、...
7 6
2021年01月13日 11:32 RC.オガさん
7 5
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→小さな会社の現場監督は、なんでもやらなくてはいけません。「現場の段取り」、「写真管理」、「役所との打ち合わせ」、「作業車の運転」、「足りない作業員の作...
7 5
2020年12月09日 11:44 RC.オガさん
10 6
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→舗装する際には、面積と厚さに応じた舗装合材(舗装材)を舗装プラントから搬入します。そこで今回は、過不足ない舗装合材の取り方を話しましょう。舗装は決めら...
10 6
2020年10月28日 09:58 RC.オガさん
9 6
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→行き過ぎた残業が引き起こす過労死が話題となってから、ようやく政府が重たい腰をあげて月間80時間以上の残業をレッドゾーンとしたのは記憶に新しいことです。そ...
9 6
2020年09月30日 13:25 RC.オガさん
15 11
←RC.オガさんの前回の記事  RC.オガさんの次回の記事→工業系の学校を卒業された方は、測量の授業が行われていると思います。しかし、工業系ではない、文系の普通科を卒業された方は測量なんてやったことがなくて、...
15 11
2020年08月19日 11:47 RC.オガさん
11 8
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今年の夏は凌ぎやすいかと思いきや、一転して最高気温40℃にも達する酷暑を迎えました。40℃と言えば、人間の体温を越えた気温。黙って日向に立っていても、目がく...
11 8
2020年06月24日 10:28 RC.オガさん
11 10
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今回は、工事着工前に実施することについて考えてみます。施工計画書と予算書は必要か                  工事を受注して一番初めに行うこ...
11 10
1ページ / 2ページ中
会員登録(無料)