【失敗から学ぶ】コンクリート工事での失敗と対策―強度不足・打ち継ぎの失敗・鉄筋かぶりの失敗について―

  • LINE

前の記事   次の記事


前回に引き続き「コンクリート工事での失敗と対策」についてお伝えしたいと思います。

コンクリート工事の代表的な失敗例として、

  1. ひび割れが入る
  2. ジャンカが入る
  3. 天端の高さが違う
  4. 試験体の強度不足
  5. 打ち継ぎの失敗
  6. 鉄筋かぶりが取れない

などが、挙げられます。

今回は後半の「④試験体の強度不足」「⑤打ち継ぎの失敗」「⑥鉄筋かぶりが取れない」の3つの原因と予防策・回避策についてご紹介したいと思います。(前回の記事はこちら


4.試験体の強度不足


現場から採取した試験体で圧縮強度試験を行います。おもに7日強度、28日強度の呼び強度を試験から得ます。一度の試験で3つの試験体を使い、「すべての試験体で呼び強度の値の85%以上」かつ「3回の試験結果の平均値が呼び強度値以上」の結果であれば合格です。

圧縮強度試験に合格しなければ、強度が不足していることになります。強度が不足しているとせっかく打設した構造物も取り壊してやり直さなくてはいけません。

JIS認定工場の生コンクリートなら強度不足の試験体であることは絶対にありません。私は20年以上土木工事を施工してきましたが、工場出荷の生コンクリートが強度不足の試験体になったことは一度もないので、心配は無用です。そのため強度不足にならないためにも、信頼できるJIS認定工場にお願いするのが一番でしょうね。


5.打ち継ぎの失敗



大きな構造物などは、数回に分けて生コンを打設しなくてはいけません。打ち継ぎが失敗すると、コンクリートの強度にも影響してきます。

打ち継ぎの失敗は、次の3つの原因が挙げられます。

  • コンクリート打設後に浮き出てきたレイタンスを取り除かなかった
  • 品質が悪いコンクリートを取り除かった
  • コンクリート表面を粗にした後で、十分に吸水させなかった

打ち継ぎの失敗は、生コン打設の経験不足から起こることが多いので、打設の際は熟練工を配置するようにしましょう。


6.鉄筋かぶりが取れない



鉄筋かぶりが取れないのは、生コン打設前の型枠を施工する段階での問題です。鉄筋の組み立て方が合っていないのか、鉄筋の寸法間違いなのか…。いずれにしても打設した後で図面を見ながら現場でチェックして気がつくのは論外です。鉄筋のかぶりが取れるか取れないかは生コン打設前に分かるものです。出来形写真を撮る箇所については、配筋の間違いに気が付くものですが、写真を撮らないところも注意して、スケールを実際に当てて寸法の確認をしましょう。

打設した後ではなかなか修正できないため、型枠を組むときにスペーサーなどをうまく使い調整します。

また、生コンクリート打設時に激しい降雨に遭うと仕上げ面がアバタになってしまいます。シートなどで雨の対策ができないならば、施工を延期するという決断をしなければいけません。最悪の場合は、せっかく打設したコンクリートを取り壊して、工事をやり直しするということにもなりかねないので、十分に注意して施工しましょう。


まとめ


生コンクリートの打設失敗は、測量のミスや、作業員の経験不足などから起こる施工不良が原因です。

限られた時間と人数でやっている現場では、余裕がない場合が多いでしょう。人数と時間に余裕があれば検測できるので、測量のミスに気が付くはずです。しかし、余裕がなく自分一人で管理している場合は、よほど注意しなくてはいけません。

また、忙しい時期には熟練度が分からない作業員を使わなくてはいけません。場合によっては、現場監督自ら指示したり、処置しなくてはいけないかもしれませんね。

なによりも、取り返しのつかない失敗をして、工事がやり直しにならないように気をつけましょう。責任は、現場代理人の双肩にかかっています。

【この記事を読んでいるあなたへ】

「鉄筋」に関する製品・工法をお探しの場合はこちら

※本文内にある一部のキーワードをクリックすると、該当する製品・技術情報にアクセスできます。

この記事のライター
元は測量士で、今は土木の現場監督。北海道南西沖地震をきっかけに施工の現場管理へ転向。現在は、市民生活に欠かせないインフラの下水道工事を主に行っています。
『サガシバ』に会員登録して、匠の野帳をもっと便利に!
会員登録すると、最新記事の情報が受け取れる他、便利な使い方がたくさん!

RC.オガさんの匠の野帳をもっと見る

2022年06月29日 10:14 RC.オガさん
0 0
前回「コンクリートのひび割れ原因とひび割れの種類について」でひび割れの発生原因と種類についてご紹介しました。施工にどんなに注意を払っても、起きてしまうのがコンクリートのひび割れです。一口にひび割れと言...
0 0
2022年06月22日 10:24 RC.オガさん
0 0
特に、手を抜いたわけでもないのにコンクリート打設した構造体に、発生したひび割れを発見した時の驚きは、何度経験しても良いものではありません。ひび割れが起きる原因は大きく分けて、材料・設計・施工の3つに起...
0 0
2022年04月13日 10:09 RC.オガさん
3 2
暑中コンクリートとは土木学会示方書[施工編]および JASS5 では、日平均気温が25℃を越えることが予想される期間を暑中コンクリートの適応期間としています。生コンクリートが外気温の影響を受け、凝結時間が短くなり...
3 2
2022年02月16日 15:56 RC.オガさん
3 1
生コンクリートを打設して構造物を製作する工事では、品質を保証するために品質試験をしなければなりません。生コンクリートの品質試験生コンを受け入れる品質試験は、スランプ検査空気量測定生コンクリート温度の検...
3 1
2022年02月02日 10:13 RC.オガさん
7 5
生コン打設がメインの構造物を作る工事では1回1回の生コン打設が重要になってきます。生コンを打設するには、打設前に生コン打設計画書を作成しなくてはいけません。計画書には、人員数や打設量、現場の見取り図など...
7 5
2021年11月17日 13:31 RC.オガさん
6 2
元測量士ですが、北海道南西沖地震をきっかけに施工の現場管理へ転向しました。現在は、市民生活に欠かせないインフラの下水道工事を主に行っています。今回はここ3年ばかり、私が携わっている下水道の維持管理業務...
6 2
2021年09月01日 10:38 RC.オガさん
6 5
前回は2回に分けて下水道の維持管理についてご紹介しました。「下水道の維持管理(下水道本管修繕工事の流れ)~その1~」はこちら「下水道の維持管理(下水道本管修繕工事の流れ)~その2~」はこちら今回は、下...
6 5
2021年07月28日 09:52 RC.オガさん
4 2
前回「下水道の維持管理(下水道本管修繕工事の流れ)~その1~」で下水道本管修繕工事の流れについてご紹介しました。今回はその2として、5以降の項目についてご説明したいと思います。下水道修繕工事の流れ発注...
4 2
2021年06月16日 14:01 RC.オガさん
11 4
都市には、生活する上で欠かせないインフラ(インフラストラクチャー)があります。インフラは、道路、上下水道、電気、電話、鉄道など生活や産業など営む上で必要不可欠な社会的基盤になっています。私は、道路・上...
11 4
2021年04月21日 10:40 RC.オガさん
15 10
生コンクリート打設は、一大イベントではないでしょうか。計画から準備、そして施工と、どれをとっても疎かにはできません。実際、現場で“今日は生コンの打設”となると緊張するものです。予定通りに生コンの打設が完...
15 10
1ページ / 3ページ中
会員登録(無料)