現場監督に必要なスキル ~測量~

RC.オガさんの前回の記事 

 RC.オガさんの次回の記事→


工業系の学校を卒業された方は、測量の授業が行われていると思います。しかし、工業系ではない、文系の普通科を卒業された方は測量なんてやったことがなくて、とても違和感があると思います。今回は現場監督に必要なスキルとして、異業種から建設業界に転職したかた向けに測量についてお話したいと思います。

土木工事における測量                     

役場の工事を受注すると、設計書と図面、そして特記仕様書が与えられます。工事担当者は、その設計書・図面・特記仕様書を読んで、工事内容を理解しなくてはいけません。

例えば、道路工事を請け負った場合に必要になる測量は、

  • ベンチ(KBM)の高さ確認
  • 道路中心線(CL)の確認

多角測量が行われている場合は、

  • トラバー点の確認など

図面と現地があっているのか確認作業をしなくてはいけません。さらに、工事によっては現道から大幅に線形が変更され、畑や山など道がないところに道路を新設することもあります。

請負金額が数億円の工事ともなると、測量全部を外注することが多いです。しかし、請負金額が少ない工事では、ほとんどの工事を現場監督自らが測量しなくてはいけません。


①設計図に示されている「BMの高さがあっているか」確認する

発注する役所が事前に行った測量の資料では、工事用の図面にBMが表示されています。BM間の水準測量を行い、「誤差範囲内に収まっているか」を確認します。許容誤差範囲内でない場合は、違う水準点から高さの確認をしなくてはいけないため面倒なことになります。誤差の範囲は、10√Sで、大まかには1kmで10mmまでの誤差ならOKです。

現場では、縦断測量のことを“レベルを掛ける”と言っています。高さを求める道具は、「レベル」「スタッフ(ロッド)」です。土木工事の会社で行う測量であれば簡易的なものでよいので、「オートレベル」「横断スタッフ」を通常使用しています。

工業系の学校であれば、レベルとスタッフで高さを求める測量の実習を行っているハズなので、戸惑うこともないでしょう。しかし、違う分野から土木に職替えされた方には、とても高いハードルでしょう。

  • 機械の扱い方
  • スタッフのメモリの読み方
  • 野帳の書き方
  • 計算方法など

覚えることがたくさんあります。どれもこれも経験しないと出来ないことです。私の場合は、測量専門学校を卒業して測量会社に就職もしていたので、測量の基本的なことはマスターしています。測量が出来ない人は、会社の先輩などに教えてもらい出来るようにマスターしなくてはいけません。土木工事現場によくある丁張やトンボなど、レベルが扱えないと設置するのは不可能です。


②中心線測量で中心線を確認する

中心線の線形が変更される場合は、新しい点を現地に設置しなくてはいけません。中心線測量をしなくてはいけないので、「トランシット」「ポール」そして「テープ」が必要になります。変更された点は、「中心線から振り込むのか」それとも「トラバー(多角)点から振り込むのか」設計図や現地をみて決めなければいけません。トラバー点から振り込む場合は、座標計算を理解していないとできません。これは、かなり高度になるのでなかなか独学で覚えるのは難しいと思います。

角度を振るトランシットもレベル同様に扱い方を覚えなければ使えません。レベル以上に精密機械のため、取り扱いが荒っぽいとすぐに測定が狂います。丁寧に扱わなければいけません。トランシットも、レベル同様に良く使える先輩に教えてもらわなくてはいけないでしょう。高さの取り間違いや角度の振り間違いなどで、あらぬ方向へ道路が出来てしまわないように、所々でチェックするようにしなくてはいけません。


測量科のある専門学校では、1年の通学で測量士補の資格まで取得できるところが多くあります。年齢が若く、測量の資格を得たいのならとてもよいと思います。夜学もあるようなので、会社勤めをしている方でも通学可能なところがあるので、少しでも興味を持たれた方は調べてみることをお勧めします。


RC.オガさんの前回の記事

RC.オガさんの次回の記事→

3942032_s.jpg

RC.オガさんの匠の野帳をもっと見る

2020年10月28日 09:58 RC.オガさん
1 0
←RC.オガさんの前回の記事 行き過ぎた残業が引き起こす過労死が話題となってから、ようやく政府が重たい腰をあげて月間80時間以上の残業をレッドゾーンとしたのは記憶に新しいことです。そこまで行かなくとも、朝早...
1 0
2020年08月19日 11:47 RC.オガさん
8 4
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今年の夏は凌ぎやすいかと思いきや、一転して最高気温40℃にも達する酷暑を迎えました。40℃と言えば、人間の体温を越えた気温。黙って日向に立っていても、目がく...
8 4
2020年06月24日 10:28 RC.オガさん
6 4
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今回は、工事着工前に実施することについて考えてみます。施工計画書と予算書は必要か                  工事を受注して一番初めに行うこ...
6 4
2020年04月22日 10:23 RC.オガさん
7 4
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→2019年11月に、東京オリンピックのマラソンと競歩競技が札幌開催に急遽決まりました。東京都民は、「なぜ?」と疑問に思われたことでしょう。東京オリンピックは...
7 4
2020年04月01日 11:00 RC.オガさん
4 3
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→私が暮らしている札幌は、世界でも類を見ない積雪地でありながら大都会。冬でも快適な都市機能を損なわないよう日夜奮闘しているのは地元の除雪業者。12月1日か...
4 3
2020年03月10日 16:36 RC.オガさん
8 6
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→私たちが生業としている土木工事や建築工事では実際の工事を施工する前に、図面を起こして計画を立てなければなりません。発注先が役所なら、役所の担当職員が立...
8 6
2020年02月26日 15:27 RC.オガさん
7 4
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→「現場監督の仕事は、段取り七分」なんて、新入社員の頃に先輩から言われたことがありませんか。現場監督を続けて、まさに実感している言葉です。段取りをちゃん...
7 4
2020年02月06日 13:12 RC.オガさん
4 2
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→最近では、手書きの図面から、すっかりCADに変わってしまいましたね。昔は、手書きの原稿を製図工に渡してインクを入れてもらい図面にしてもらいました。しかし...
4 2
2020年01月17日 09:53 RC.オガさん
5 4
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→現場監督に必要なスキルとはなんでしょうか。今回は、現場監督が自ら作らなくてはいけない書類について、それに必要なスキルとはなにかについて話したいと思いま...
5 4
2019年12月18日 10:33 RC.オガさん
7 7
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→映画「バーニング オーシャン」は、2017年に公開されたアメリカ映画。2010年メキシコ湾原油流失事故が題材となった災害パニック映画になります。原油掘削工事の...
7 7
1ページ / 2ページ中

おすすめの匠の野帳

2019年09月30日 15:09 RC.オガさん
16 12
RC.オガさんの次回の記事→さて、今回のお題は「現場でのちょっとした工夫」。土木の監督稼業をやって20年の私が実践してる工夫や現場における心がけをご紹介しましょう。時間は有効に。              ...
16 12
2020年03月25日 09:55 YA-SUさん
15 10
YA-SUさんの次回の記事→ 土壌汚染調査は、土壌汚染対策法の施行を契機に開発事業を行う際には避けては通れない問題になりました。土壌汚染が確認された場合、対策工事に伴う事業費の増大や工期の延伸を伴うため、発...
15 10
2020年09月09日 11:31 たろまるさん
13 9
たろまるさんの次回の記事→建設業界で女性を見かけるのは、今や珍しいことではなくなってきていますよね。設計者や現場監督など、技術者として活躍している女性を数多く知っています。かく言う私も土木の世界に魅せ...
13 9
go top