製品・技術情報一覧

検索する

詳細検索

工法・技術の製品・技術

現在の絞り込み条件

資材・機材から探す:

工法・技術

結果:210件
2019年04月09日 協同組合 Masters
1. 技術開発の背景及び契機  仮設材にて土留めを行う場合、近接した民家や埋設物などに対する土留め杭(鋼矢板やH工杭など)引抜時の影響低減の決め手になる方法は無く、多くの現場で鋼矢板の残置がやむなく行われ...
2020年11月13日 株式会社山辰組
【製品概要】 棚田式魚道ブロックを用いた国土交通省中部地方整備局との共同開発特許魚道です。 別名「スリット付きプール壁タイプ魚道」 魚道ブロックとして各パーツをユニット化!施工も簡単!コスト削減!...
2019年06月25日 宇部工業株式会社
 アクアリカバリーは、エアリフト現象を利用して貧酸素水を吸い上げ有害気体を放散して酸素を溶解させるシンプルで省エネ、低コストな薄液膜式酸素溶解装置です。  人工池、貯水場の水質改善、アオコ発生対策に効...
2021年07月20日 株式会社ダイカ
DKドレーンパイプはステンレス製の打ち込み式水抜きパイプです。 地下水が地盤中に貯留して斜面・法面の崩壊を引き起こすことを防止する目的で使用します。 特長 ◆錆に強いステンレス製の水抜きパイプです。 ◆...
2021年07月20日 株式会社ダイカ
地山補強土工の「ユニットネット工法」による斜面対策で、土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)が解除されました。 東京都内において、土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)内にある法面対策工事で「ユニットネ...
2019年04月09日 株式会社ダイカ
ユニットネット工法は、自然に優しく災害に強い、森林保全と斜面の補強効果を両立したエコロジカルな工法です。 従来、斜面の崩壊対策として一般的に行われてきたのは、コンクリートで斜面を固める工法でした。しか...
▲概要 軽量・高断熱・高気密が特長。大気の汚染状況を監視する測定機器等を収容する局舎(シェルター・収納箱)です。 ▲用途 一酸化炭素、二酸化窒素、硫黄酸化物、浮遊粒子状物質、微小粒子状物質(PM2.5)等...
【特徴】 ループフェンスEタイプ/Dタイプは、従来から高エネルギー吸収型落石防護柵として用いられてきたループフェンスを ベースとした、技術・実績ともに信頼性の高い崩壊土砂・土石流・流木対策工用途の防護柵...
【製品概要】  ループフェンスは、最大1500kJクラスの落石を捕捉できる高エネルギー吸収型落石防護柵です。 支柱は鉄筋コンクリート充填鋼管を使用しており、大きな耐荷力、優れたエネルギー吸収性能を有します。...
【製品概要】  MJネットは、ASM(アンチサブマリン)ネットと呼ばれる高強度ネットと、効率的にエネルギー を吸収するブレーキシステムによって、最大3000kJクラスの落石エネルギーに対応が可能となった、 超高...
1ページ / 21ページ中
会員登録(無料)