製品・技術情報一覧

検索する

詳細検索

工法・技術の製品・技術

現在の絞り込み条件

資材・機材から探す:

工法・技術

結果:22件
2019年04月09日 フリー工業株式会社
0 0
PCW(PRECAST CONCRETE WALL)工法とは、高い自立性、安定性、強度を備えた外壁用鉄筋コンクリートパネルと気泡混合盛土工を併用し、斜面に耐久性の高い盛土構造物を経済的に構築し、施工性・経済性の向上を追求した工...
0 0
2019年04月09日 協同組合 Masters
0 0
1. 技術開発の背景及び契機  仮設材にて土留めを行う場合、近接した民家や埋設物などに対する土留め杭(鋼矢板やH工杭など)引抜時の影響低減の決め手になる方法は無く、多くの現場で鋼矢板の残置がやむなく行われ...
0 0
2019年04月17日 SWライナー工法協会
0 0
 SWライナー工法は硬質塩化ビニール製の帯板を既設管内から、らせん状に巻きたて製管し、既設管との隙間に充填材を充填することにより、管きょを更生(新しく)する管更生工法である。本技術はマンホールに製管機...
0 0
2019年04月09日 株式会社ダイカ
1 0
ユニットネット工法は、自然に優しく災害に強い、森林保全と斜面の補強効果を両立したエコロジカルな工法です。 従来、斜面の崩壊対策として一般的に行われてきたのは、コンクリートで斜面を固める工法でした。しか...
1 0
2019年04月18日 StoCretecJapan株式会社
0 0
DSPCG工法は、河積阻害等の構造寸法上の制約・橋脚基礎への負担増加の問題に対応します。 Sto乾式吹付工法と炭素繊維グリッドを併用した新しい耐震補強工法です。 [特徴] 炭素繊維グリッド 鋼材と異なり...
0 0
2019年04月22日 StoCretecJapan株式会社
0 0
高強度鉄筋(SD490)と乾式吹付工法を併用した新しい耐震補強工法 河積阻害率や建築限界等構造寸法上制約のある場合や起訴への負担が過大になる場合に有効で、 高強度鉄筋の使用により所定の耐震性能を付与するた...
0 0
2019年04月18日 StoCretecJapan株式会社
0 0
橋脚:ポリマーセメントモルタルを乾式吹付にて薄層に巻き立てて一体化させる耐震補強工法。 [施工性] ・搬送距離が長い 水平300m ・一層厚付け施工が可能 (100mm) ・プライマー不要 ・大幅な工期短縮 [...
0 0
2019年04月18日 StoCretecJapan株式会社
0 0
[ARIC登録技術] 水路構造物の機能を回復させ、延命化を図ります。 [StoSeal工法] 水路目地からの漏水対策 伸縮率400%のテープを強固に接着し漏水を完全にシャットアウト [水路ライニングシステム]...
0 0
2019年04月17日 StoCretecJapan株式会社
0 0
ノズルの先端でポリマーセメントモルタルに水を加えて吹付ける工法。 [施工性] ・搬送距離が長い 水平300m ・一層厚付け施工が可能 (100mm) ・交通振動下で施工が可能 ・プライマー不要 ・工期短縮 [品...
0 0
2019年04月17日 中日建設株式会社
0 0
長期耐久増強対策システムです。 地震被害等を受けたコンクリート構造物の復旧や、既設構造物のひび割れ補修・改修方法として多用されている、自動式低圧樹脂注入工法の一つです。一般的な工法は、コンクリート表面...
0 0
1ページ / 3ページ中
go top