現場監督が型枠大工をやってみた~下水本管修繕工事~

←RC.オガさんの前回の記事 


小さな会社の現場監督は、なんでもやらなくてはいけません。「現場の段取り」、「写真管理」、「役所との打ち合わせ」、「作業車の運転」、「足りない作業員の作業」など沢山あります。

この前は大工さんをやりました。まぁ、正しくは型枠を製作したのです。私が担当している工事は下水道の維持工事ですが、年に数回ある下水本管修繕工事の準備をすることになりました。下水本管と言っても、生活道路に入っているコンクリート管(φ300)のダメな管を抜き新品と交換する工事です。

下水本管修繕工事で必要な事前準備               

下水本管は事前に、「①新設する管のツバ部分を半分切り落としておくこと」、また「②管布設後に防護コンクリートを施工するための型枠の準備」をしなくてはいけません。熟練工なら半日で準備できますが、不慣れな作業員だと1日掛かるような作業量です。

①の作業は、間にあわなければ現場でやってもいいかもしれません。しかし、型枠は現場では出来ません。

材料だけ用意して当日に型枠を製作していては工事に間に合わないので、事前に、必ず準備しておかないといけません。

あいにく大工作業が出来る作業員は他の現場に行っているのでいません。そうなると、現場監督が自ら大工さんをしなければなりません。まったくもってトホホ、、な展開。まぁ、実際の工事までに私は割と時間があったので、なんとか型枠が製作できました。

型枠製作で事前に準備した材料と道具              


<材料>

材料
サイズ

胴縁
180cm×4.5cm×1cm
2本
コンパネ
10mm厚、1.8㎡
3枚
タルキ
4cm角、1.8m
2本

45mm
40~50本


胴縁は丁張に使用したものを再利用するので購入する必要はありませんでした。使用量は56cm×4cmなので、180cm×4.5cm×1cmのサイズのものを2本程度です。1本ずつ販売はされていないので、10本1束で購入します。コンパネは、最初5mm厚のものを購入しましたが、意外とペナペナで頼りなさそうなので、すぐに返品して10mm厚のコンパネに交換してもらいました。生コンを打設するので、ある程度の強度がないといけません。コンパネ1.8㎡のものを3枚、タルキは4cm角のもの1.8mを2本購入。釘は45mmの釘を40~50本程度でしょうか。一箱に約500本入り1kgの箱単位で購入します。

私は丁張でよく使う45mmの釘が多量にあるので購入しなくてもOKでした。


<道具>

道具
価格
鋸(細引き)
900円
電動丸鋸
700円 ※リース代


道具は、円形部分を抜くために細引きの鋸を購入しました。細引きの鋸は、引き回し鋸と呼ばれています。ドリルで穴をあけて、その穴に鋸を入れて引き回して円形に抜いたりする手引き鋸のことで、価格は約900円でした。電動工具であればジグソーと呼ばれるものですが、今まで使用したことがなく、使い方も分からなかったため今回は安価な引き回し鋸にしました。

またコンパネを真っすぐに切るために、電動の丸鋸をリースしました。リース代は、1日700円です。体力がある20代なら手引きの鋸でお金を掛けずに作業してもよいのですが、定年間近の私にはコンパネ3枚を、ズッツーと切り続ける体力はありません。

型枠製作の流れ                        


コンパネに赤鉛筆で寸法を入れ、ひたすら直線を切ります。管の部分の直線部分も電動丸鋸で切り落とし、丸の部分は、ひたすら引き回し鋸で切り落としていきます。型枠は2ついるので、管の部分を切り落とす部分は全部で4枚必要です。管の部分は、余裕をみて1cm大きく作っています。丸い部分はきれいに丸でなくても、隙間部分を『ドレンタイト』と呼ばれる防水接着剤で漏れの防止をするので、多少ガタガタでも機能的にはまったく問題ありません。

1.5日で型枠2つを製作                    

丸く切るのに手間取り、初日はあえなく終了。日の短い季節なので、早めに片付けないといけないので仕方ありません。翌日、切り出した部材を釘で打ち付けて、無事に型枠が完成しました。

補強のために角にはタルキを使います。また、生コンを流し込んだ後は蓋を打ち付けますが、コンパネだけだと薄いのでタルキをつけて厚みを増やしておきます。

1.5日で、型枠2つを製作しました。熟練工であれば半日で終わるところ3倍の時間がかかりましたが、作業員を使っていないのでその分の費用は掛かっていません。まぁ、セパを使う本格的な型枠でなく、埋め殺しの型枠なのでそれほどの精度は必要ありません。

形状的には写真のように入り口が2つある犬小屋なので私でも出来ると思ってやってみました。大変でしたが、今後の仕事に生かせます。やったことのない作業員にアドバイス出来る自信が出来ました。


←RC.オガさんの前回の記事 

②.jpg

RC.オガさんの匠の野帳をもっと見る

2020年12月09日 11:44 RC.オガさん
8 5
←RC.オガさんの前回の記事 舗装する際には、面積と厚さに応じた舗装合材(舗装材)を舗装プラントから搬入します。そこで今回は、過不足ない舗装合材の取り方を話しましょう。舗装は決められた枠の中を舗装するため...
8 5
2020年10月28日 09:58 RC.オガさん
7 4
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→行き過ぎた残業が引き起こす過労死が話題となってから、ようやく政府が重たい腰をあげて月間80時間以上の残業をレッドゾーンとしたのは記憶に新しいことです。そ...
7 4
2020年09月30日 13:25 RC.オガさん
13 10
←RC.オガさんの前回の記事  RC.オガさんの次回の記事→工業系の学校を卒業された方は、測量の授業が行われていると思います。しかし、工業系ではない、文系の普通科を卒業された方は測量なんてやったことがなくて、...
13 10
2020年08月19日 11:47 RC.オガさん
11 8
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今年の夏は凌ぎやすいかと思いきや、一転して最高気温40℃にも達する酷暑を迎えました。40℃と言えば、人間の体温を越えた気温。黙って日向に立っていても、目がく...
11 8
2020年06月24日 10:28 RC.オガさん
10 9
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今回は、工事着工前に実施することについて考えてみます。施工計画書と予算書は必要か                  工事を受注して一番初めに行うこ...
10 9
2020年04月22日 10:23 RC.オガさん
11 7
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→2019年11月に、東京オリンピックのマラソンと競歩競技が札幌開催に急遽決まりました。東京都民は、「なぜ?」と疑問に思われたことでしょう。東京オリンピックは...
11 7
2020年04月01日 11:00 RC.オガさん
10 6
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→私が暮らしている札幌は、世界でも類を見ない積雪地でありながら大都会。冬でも快適な都市機能を損なわないよう日夜奮闘しているのは地元の除雪業者。12月1日か...
10 6
2020年03月10日 16:36 RC.オガさん
12 11
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→私たちが生業としている土木工事や建築工事では実際の工事を施工する前に、図面を起こして計画を立てなければなりません。発注先が役所なら、役所の担当職員が立...
12 11
2020年02月26日 15:27 RC.オガさん
13 10
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→「現場監督の仕事は、段取り七分」なんて、新入社員の頃に先輩から言われたことがありませんか。現場監督を続けて、まさに実感している言葉です。段取りをちゃん...
13 10
2020年02月06日 13:12 RC.オガさん
9 4
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→最近では、手書きの図面から、すっかりCADに変わってしまいましたね。昔は、手書きの原稿を製図工に渡してインクを入れてもらい図面にしてもらいました。しかし...
9 4
1ページ / 2ページ中

おすすめの匠の野帳

2019年09月30日 15:09 RC.オガさん
21 17
RC.オガさんの次回の記事→さて、今回のお題は「現場でのちょっとした工夫」。土木の監督稼業をやって20年の私が実践してる工夫や現場における心がけをご紹介しましょう。時間は有効に。              ...
21 17
2020年09月09日 11:31 たろまるさん
18 15
たろまるさんの次回の記事→建設業界で女性を見かけるのは、今や珍しいことではなくなってきていますよね。設計者や現場監督など、技術者として活躍している女性を数多く知っています。かく言う私も土木の世界に魅せ...
18 15
2020年03月25日 09:55 YA-SUさん
17 12
YA-SUさんの次回の記事→ 土壌汚染調査は、土壌汚染対策法の施行を契機に開発事業を行う際には避けては通れない問題になりました。土壌汚染が確認された場合、対策工事に伴う事業費の増大や工期の延伸を伴うため、発...
17 12
go top