災害が発生しやすい雨天時の施工と安全対策について

  • LINE

前の記事   次の記事


これまでプライベートで出かけるときにしか気にしなかった天気予報。施工管理を行うようになり、毎朝必ず1日の天気、週間天気をチェックするようになったことは、社会人になって変わったことの1つだと思っています。雨天時の施工は、晴天時とは違って作業がしづらいだけではなく、いつも以上に安全について気をつけることがあるのではないでしょうか?

近年、日本各地で大雨による豪雨災害や土砂災害が発生しています。中でも梅雨シーズンは災害が発生しやすく、より安全に施工するための対策が必須です。そこで今回は、今年の6月から7月の梅雨シーズンに行った工事とその現場での安全対策について紹介します。


工事概要


 

今回行った工事は、災害時の代替ルートの確保と道路渋滞の緩和を目的とした某スマートインターチェンジ工事に伴う構造物構築工です。


現場には、下記3点の特徴(安全面)がありました。

  1. 山間部のため、雨天時に法面が崩壊する危険性がある
  2. 河川の側での高所作業となり、転落・墜落対策が重要となる
  3. 河川の音により、作業員同士の声の掛け合いが難しい


構造物構築工事中の天候は、なんと毎日雨。入社してから6年経ちますが、はじめての経験で、毎日雨具を着ながらの現場作業でした。さらに雨も小雨ではなく土砂災害警戒情報が発表されるほどの大雨です。安全対策についても雨天時に特に注意すべき点が挙げられていたため、作業員はもちろんのこと、第三者へ被害を及ぼさないような対策が求められました。


本工事で実施した安全対策


①常に異変がないか確認し、作業員に周知する


施工場所付近では、施工開始前に法面が崩壊した現場もあったため、工事がストップしたところもありました。そのため、常に法面の崩壊などの異変がないか確認を行い、安全な作業通路を確保してから作業を行いました。また、落石が懸念される箇所があったため、パトロールをはじめ作業開始前や作業中も付近の状況を確認し、作業員に周知するなどの対策を行いました。


②視界に入りやすいよう資機材を整理整頓し、中央部にまとめて保管する


構造物を構築する作業エリアは、高所での作業が発生します。そのため、高所からの転落・墜落災害を防止するための安全設備の設置を確実に行いました。さらに雨天時は、滑りやすい場所もいくつかあったため、足元の確認はもちろんのこと、作業スペースに資機材を置く際、視界に入りやすいよう整理整頓を行った後、構造物上の端ではなく中央部にまとめて保管するようにしました。


③クレーン作業時には玉掛警報機を使用する


大雨の際は、河川の流れる速さも水量も増大してしまいます。普段は作業員の声のかけ合いができる場面でも、大雨の際は河川の音に声がかき消されてしまい、なかなか意思疎通を図るのが難しい・・・と作業員の皆さんも声を漏らします。職長の指示がうまく伝わらず過った行動をしてしまった場合、現場事故の原因にもなりかねません。特に、クレーン作業は気をつけなければなりません。現場作業の中には重量物を取り扱う作業があったため、吊り荷直下に作業員が入らないようにすることは安全注意事項として常に最重要項目となります。そのため、クレーン作業を行う場合は作業員同士の声ではなく、玉掛警報機を使用して周知させるようにしました。


まとめ


決められた工期の中で、工事を行うために欠かせないのは安全対策です。天候に関係なく無事故・無災害で工事を終えるまでには、各所のパトロールを行い、危険箇所の洗い出しから是正策まで、安全について考えない瞬間はないのではないでしょうか。近年、大雨による自然災害が多く発生しています。普段から行っている安全対策に加えて、雨天時に考えられる危険ポイントのチェックや周知も工事を進める上で重要な業務です。

今年の梅雨シーズンは、毎日雨の中で施工を行うというはじめての経験をしたことで、通常行っている作業内容ごとの危険ポイント以外に、天候による安全対策が必要になるということを感じました。改めて、作業手順書内の記載事項やリスクアセスメントについて再確認した現場だといえます。作業員すべてが怪我をすることなく、安全に工事を進めるために業務に取り組んでいこうと身が引き締まる思いをしました。

「昨日は問題がなかったから、今日も大丈夫!」ということはなく、天候と同じで現場状況も変化していくことを常に意識して業務を行いたいものです。

この記事を読んでいるあなたへ

「仮設・保安」に関する製品・工法をお探しの場合はこちら

※本文内にある一部のキーワードをクリックすると、該当する製品・技術情報にアクセスできます。

この記事のライター
大学では土木工学科で都市計画を専攻。
建設会社に就職し、これまで設計・施工の2つの業務に従事しながら経験を積む。
現在は現場代理人として日本各地の現場へ赴き、施工管理業務に従事している。
趣味は美容、旅行、プロレス観戦。
『サガシバ』に会員登録して、匠の野帳をもっと便利に!
会員登録すると、最新記事の情報が受け取れる他、便利な使い方がたくさん!

たろまるさんの匠の野帳をもっと見る

2022年05月18日 10:01 たろまるさん
2 0
建設現場においては、大きな事故なく工事を進めるために“安全衛生管理は非常に重要”といえます。工事の着手前には、現場で作業する人を作業員名簿にまとめたり、施工体制台帳を作成したりします。また、工事で使用す...
2 0
2022年03月23日 13:13 たろまるさん
1 1
現場を動かすには、個々の力をただ集めるだけでは到底叶えられません。いくつもの専門チームが最高のものをつくりあげることで、一つの現場が完成します。そのチームの中にも、ほとんど経験がないような20代から、経...
1 1
2021年07月21日 13:43 たろまるさん
4 2
「よし、これから憧れの施工管理業務に携わることができる!がんばろう!」とワクワク感と少しの不安を抱えて現場へ向かった新人時代。まだ汚れが一つもないピカピカの作業服、ヘルメット、安全靴、安全帯を身に着け...
4 2
2021年06月09日 13:06 たろまるさん
8 6
“現場は生き物” この言葉は、新人時代から今まで耳にタコができるほど上司から聞いてきた言葉です。実際、施工管理業務に従事していると、今までと同じ現場環境で、同じ仲間と、同じ方法で・・・ということは全くな...
8 6
2021年04月07日 18:21 たろまるさん
11 9
最近よく耳にするようになった“脱ハンコ”。これまでは、印鑑にインクをつけて紙ベースの書類に押印するのが主流でしたが、行政での脱ハンコの取り組みが進むことで、建設業界もまた脱ハンコに向けて動き出しているよ...
11 9
2021年02月17日 15:04 たろまるさん
14 12
建設現場では、無事故・無災害で一つの工事を完成させるという大きな目標があります。しかし、それ以外にも自社を含めて建設業界全体に新技術を共有することも、建設業に携わる私たちの大きな役割の一つです。さらに...
14 12
2021年01月20日 11:15 たろまるさん
10 8
「建設現場の記録を、着工から竣工まで残せたらいいのに・・・」私がまだまだ未熟者で、上司や先輩の真似をしながら必死に仕事を覚えていた新人時代、ふと思ったことです。新人時代は「一日も早く現場の流れを理解し...
10 8
2020年12月02日 11:02 たろまるさん
13 9
建設業界で働く女性はバイタリティに溢れていて、女性の私から見ても「カッコイイ!」と思ってしまうほどの方が多いです。私は幸運なことに、そのような素晴らしい女性技術者と関わることが多いです。そんなカッコイ...
13 9
2020年10月21日 13:36 たろまるさん
12 8
大規模なものづくりに関わることができる施工管理の仕事が大好きです。多くの人たちとチームになり、一つのものを作り上げるという魅力は他では味わうことができない仕事だと誇りに思います。私だけではなく、大好き...
12 8
2020年09月09日 11:31 たろまるさん
19 16
建設業界で女性を見かけるのは、今や珍しいことではなくなってきていますよね。設計者や現場監督など、技術者として活躍している女性を数多く知っています。かく言う私も土木の世界に魅せられ、建設業界で仕事をして...
19 16
会員登録(無料)