女性技術者の立場からみる建設現場の課題-女性が活躍するために-

  • LINE

前の記事   次の記事


大規模なものづくりに関わることができる施工管理の仕事が大好きです。多くの人たちとチームになり、一つのものを作り上げるという魅力は他では味わうことができない仕事だと誇りに思います。

私だけではなく、大好きな現場での仕事にやりがいを感じている女性は本当に多いです。ですが、現場での仕事の中にも実はちょっとした悩みがあります。

今回は「女性技術者の立場からみる建設現場の課題」をテーマにお届けしたいと思います。実際に私自身が感じたこと、同じく現場で仕事をする女性との会話の中から、建設現場が抱える課題をまとめました。


建設現場のトイレ問題



建設現場には、仮設トイレが設置されますよね。現在は女性専用トイレ、水洗式トイレが設置されるなど「建設現場のトイレ=汚い」というイメージが払拭されつつあります。これは女性だけでなく、建設現場で仕事をする人にとって、働きやすい環境になっているという証の一つと言えます。ですが、女性専用トイレが設置されていない現場があるのも事実。このような現場で仕事をする女性は、近くのホームセンターやコンビニのトイレを借りに行ったり、仕方なく現場の男女兼用仮設トイレを使用しています。

今後、改善すべき課題の中でも重要度が高いのがこのトイレ問題ではないでしょうか。


現場仕事で欠かせない作業服や安全靴の選び方



作業服や安全服は、現場で仕事をする上で欠かせないアイテムですね。最近では、女性用にサイズが小さいものが販売されているのを目にします。しかし、まだまだ種類は少なく、機能性を求めると男性用のアイテムよりクオリティが劣ってしまうことがあります。

男性用だと、サイズが大きすぎて動きづらくなり、それが理由で作業効率が悪くなってしまい、大きなストレスを抱えてしまうことも。建設現場でのストレスをできる限り軽減するためにも、毎日身に付けるものは自分自身が使いやすいものや機能性に優れているものが望ましいですね。


体力面では上司や同僚に気軽に手伝ってもらえる関係づくりが大切 



現場での仕事は力仕事ではありません。私たちが行うべきことは「施工管理」なので、工程・安全・品質・出来形管理を行う現場の指揮です。

しかし、ちょっとした資材や機材を移動させる場合はよくあります。そんな時、体力面でどうしても自分一人では対応できないこともあり、とても悔しい思いをします。「ちょっとそこのバリケードを移動させよう」と思っても、簡単にできるものではないです。「資機材を持ってきて!」と指示をされても、運べずに手ぶらで戻ることもしばしば。私自身は、「こればかりは仕方がない」と割り切るようにしていますが、同じ現場で仕事をする上司や同僚などに気軽に手伝ってもらえる関係づくりが大切になってきます。


まとめ


今回は、建設現場で仕事をする上でどのような課題があるのかについて、女性目線でご紹介しました。

課題をどのように解決していくかを考え、改善していかなければいけません。現在は、社内の女性技術者同士で意見を出し合い、現場の課題を解決している会社もあります。さらに、会社の枠を超えて女性技術者が集い、女性が活躍しやすい環境づくりに取り組んでいる方もいます。建設現場での仕事は、ゼロからものをつくりあげるやりがいが大きい仕事で、私自身も誇らしく思っています。だからこそ、建設現場での仕事に期待を膨らませている若い女性技術者がさらに活躍しやすい環境を整えていきたいものです。

いきなりいい方向に変えることは難しくても、できることから少しずつ改善していきたいですね。

この記事を読んでいるあなたへ

※本文内にある一部のキーワードをクリックすると、該当する製品・技術情報にアクセスできます。

この記事のライター
大学では土木工学科で都市計画を専攻。
建設会社に就職し、これまで設計・施工の2つの業務に従事しながら経験を積む。
現在は現場代理人として日本各地の現場へ赴き、施工管理業務に従事している。
趣味は美容、旅行、プロレス観戦。
『サガシバ』に会員登録して、匠の野帳をもっと便利に!
会員登録すると、最新記事の情報が受け取れる他、便利な使い方がたくさん!

たろまるさんの匠の野帳をもっと見る

2022年05月18日 10:01 たろまるさん
3 1
建設現場においては、大きな事故なく工事を進めるために“安全衛生管理は非常に重要”といえます。工事の着手前には、現場で作業する人を作業員名簿にまとめたり、施工体制台帳を作成したりします。また、工事で使用す...
3 1
2022年03月23日 13:13 たろまるさん
2 1
現場を動かすには、個々の力をただ集めるだけでは到底叶えられません。いくつもの専門チームが最高のものをつくりあげることで、一つの現場が完成します。そのチームの中にも、ほとんど経験がないような20代から、経...
2 1
2021年10月20日 14:37 たろまるさん
4 1
これまでプライベートで出かけるときにしか気にしなかった天気予報。施工管理を行うようになり、毎朝必ず1日の天気、週間天気をチェックするようになったことは、社会人になって変わったことの1つだと思っています。...
4 1
2021年07月21日 13:43 たろまるさん
4 2
「よし、これから憧れの施工管理業務に携わることができる!がんばろう!」とワクワク感と少しの不安を抱えて現場へ向かった新人時代。まだ汚れが一つもないピカピカの作業服、ヘルメット、安全靴、安全帯を身に着け...
4 2
2021年06月09日 13:06 たろまるさん
8 6
“現場は生き物” この言葉は、新人時代から今まで耳にタコができるほど上司から聞いてきた言葉です。実際、施工管理業務に従事していると、今までと同じ現場環境で、同じ仲間と、同じ方法で・・・ということは全くな...
8 6
2021年04月07日 18:21 たろまるさん
11 9
最近よく耳にするようになった“脱ハンコ”。これまでは、印鑑にインクをつけて紙ベースの書類に押印するのが主流でしたが、行政での脱ハンコの取り組みが進むことで、建設業界もまた脱ハンコに向けて動き出しているよ...
11 9
2021年02月17日 15:04 たろまるさん
14 12
建設現場では、無事故・無災害で一つの工事を完成させるという大きな目標があります。しかし、それ以外にも自社を含めて建設業界全体に新技術を共有することも、建設業に携わる私たちの大きな役割の一つです。さらに...
14 12
2021年01月20日 11:15 たろまるさん
10 8
「建設現場の記録を、着工から竣工まで残せたらいいのに・・・」私がまだまだ未熟者で、上司や先輩の真似をしながら必死に仕事を覚えていた新人時代、ふと思ったことです。新人時代は「一日も早く現場の流れを理解し...
10 8
2020年12月02日 11:02 たろまるさん
13 9
建設業界で働く女性はバイタリティに溢れていて、女性の私から見ても「カッコイイ!」と思ってしまうほどの方が多いです。私は幸運なことに、そのような素晴らしい女性技術者と関わることが多いです。そんなカッコイ...
13 9
2020年09月09日 11:31 たろまるさん
19 16
建設業界で女性を見かけるのは、今や珍しいことではなくなってきていますよね。設計者や現場監督など、技術者として活躍している女性を数多く知っています。かく言う私も土木の世界に魅せられ、建設業界で仕事をして...
19 16
会員登録(無料)