最近の土木業界の動向 ~深刻な人手不足~

←RC.オガさんの前回の記事 

RC.オガさんの次回の記事→


現場監督のRc.オガです。土木業界で飯を食い、驚くことに20年もの歳月が過ぎてゆきました。私も、あと3年ほどで60才の定年を迎えます。定年後は、悠々自適に趣味の模型製作に励みたい、、、
なんてことが言えないほど人手不足なのが最近の土木業界です。

高齢化の波が迫る現場監督                   

3K職場で若者に人気がないのはもちろんですが、少子高齢化で職場の平均年齢もかなり高くなってきています。
私の勤める小さな土木会社も現場監督(現場代理人)たちの平均年齢は50才以上にはなっているでしょう。まぁ、これからは働く人の人口も減ってきているので65才くらいまでは普通に働かなくてはイケない社会に徐々に変化していくのでしょう。もはや、60才で定年で隠居なんて昭和の頃のお話で令和の現在には通じません。

さすがに最近では、日曜日の工事などよほどの理由がない限り行われず、休日になっていると思います。まぁ、工事する路線に日曜日しか休まないお店とかあれば、仕方なく工事をしなくてはいけませんが、そんな事情がない限り、日曜日は休むようになっていますね。

また、上水道の工事は基本的に土曜日・日曜日は作業しないように指定されていますが、工程が進まない場合は土曜日の工事も行っているのが現状です。土木工事は、天候に左右されます。小雨なら工事できる場合もありますが、基本は「雨降りの日に土方はしない」決まりなので、工期が迫っているからと大雨の中で工事を行うのはとても危険です。事故を起こす危険がある時に、無理をしてはいけません。
まぁ、今回は安全の話ではなくて人手不足の話なのでもとにもどしましょう。

現場監督の仕事~なんでもこなす能力              

土木会社では現場監督になる会社員を通称「職員」なんて呼ぶ会社が多いのですが、職員は求人を募れば私の会社では、なんとか補充出来ています。とにかく朝早くから夜遅くまで仕事での拘束時間が長いのが土木業界の慣例みたくなっていますが、これがとにかくいけないと私は思います。

7:30
現場事務所へ出社
8:00頃

作業員や下請け会社の社員と軽く打ち合わせ

 朝ミーティング行い作業開始

   現場に張り付かなくてはいけない日もあったり下請けに任せっぱなしでもOKの日も、または朝一番で監督のいる役所へ赴き書類を提出したり打ち合わせをしたりする方もいるでしょう。
予定通りに作業が進み特に急ぐ仕事がなければ定時に帰宅することも可能です。しかし、夕方に監督から「急ぐ書類があるから明日の朝一に持参してこい」なんて、連絡があると急に残業しなくてはいけないことになってしまいます。そのまま、夜の9時や10時まで残業された経験のあるかたは多いと思います。
予測できない残業が発生することが多々あるのが、悩みの種かもしれません。まぁ、書類作成はある程度の経験を積めば監督から求められる書類も予測できるので事前に作ることも可能です。土木は経験工学であると言う言葉の通り、経験がものを言う仕事なのです。

土木業界の人気が低い理由

ちょっと、話はもどりますが、土木業界の人気が低いのは、時間から時間の仕事が出来ない。休みが少ないに尽きると思います。このあたりが改善されれば、求人に対する応募者もスゴク増えると思うのですが、、。簡単には、いかないのが土木業界の悩みの種なのでしょうね。昼間は、打ち合わせや現場の下見などで書類作成も出来ず結果として夕方から書類を作成して残業になるパターンが多いのではないでしょうか。パソコンや携帯電話など便利な道具がありますが、昔に比べると一人で何でもこなさなくてはいけないようになっているのではないでしょうか。
仕事で使うパソコンソフトのエクセルやワードを使いこなすのはもちろん、CADで作図することも求められてきます。

現場も書類もそつなくこなせなくてはいけないのが現場監督です。

休む習慣を定着させる                     

土木業界としても、土・日曜日は休工は当たり前で祝日もなるべく休む習慣を定着させるべきでしょう。そうしなければ、これからの若い人たちからは敬遠されるのは明白な事実です。仕事だけが人生ではありませんが、人生の大半は仕事です。

満足する仕事をしてみたいと思いませんか。

←RC.オガさんの前回の記事 

RC.オガさんの次回の記事→

最近の土木業界の動向~深刻な人手不足.jpeg

RC.オガさんの匠の野帳をもっと見る

2020年08月19日 11:47 RC.オガさん
6 3
←RC.オガさんの前回の記事 今年の夏は凌ぎやすいかと思いきや、一転して最高気温40℃にも達する酷暑を迎えました。40℃と言えば、人間の体温を越えた気温。黙って日向に立っていても、目がくらんで意識が遠のいてしま...
6 3
2020年06月24日 10:28 RC.オガさん
5 3
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今回は、工事着工前に実施することについて考えてみます。施工計画書と予算書は必要か                  工事を受注して一番初めに行うこ...
5 3
2020年04月22日 10:23 RC.オガさん
5 2
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→2019年11月に、東京オリンピックのマラソンと競歩競技が札幌開催に急遽決まりました。東京都民は、「なぜ?」と疑問に思われたことでしょう。東京オリンピックは...
5 2
2020年04月01日 11:00 RC.オガさん
4 3
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→私が暮らしている札幌は、世界でも類を見ない積雪地でありながら大都会。冬でも快適な都市機能を損なわないよう日夜奮闘しているのは地元の除雪業者。12月1日か...
4 3
2020年03月10日 16:36 RC.オガさん
5 4
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→私たちが生業としている土木工事や建築工事では実際の工事を施工する前に、図面を起こして計画を立てなければなりません。発注先が役所なら、役所の担当職員が立...
5 4
2020年02月26日 15:27 RC.オガさん
5 2
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→「現場監督の仕事は、段取り七分」なんて、新入社員の頃に先輩から言われたことがありませんか。現場監督を続けて、まさに実感している言葉です。段取りをちゃん...
5 2
2020年02月06日 13:12 RC.オガさん
3 2
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→最近では、手書きの図面から、すっかりCADに変わってしまいましたね。昔は、手書きの原稿を製図工に渡してインクを入れてもらい図面にしてもらいました。しかし...
3 2
2020年01月17日 09:53 RC.オガさん
4 2
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→現場監督に必要なスキルとはなんでしょうか。今回は、現場監督が自ら作らなくてはいけない書類について、それに必要なスキルとはなにかについて話したいと思いま...
4 2
2019年12月18日 10:33 RC.オガさん
4 3
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→映画「バーニング オーシャン」は、2017年に公開されたアメリカ映画。2010年メキシコ湾原油流失事故が題材となった災害パニック映画になります。原油掘削工事の...
4 3
2019年12月02日 14:21 RC.オガさん
6 2
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今回のテーマは建設業界の最新技術、とくに現場監督に求められ写真管理について語ろうと思います。フィルムカメラからデジカメへ               ...
6 2
1ページ / 2ページ中

おすすめの匠の野帳

2020年08月26日 11:14 shadowさん
10 8
日本には現在約3580万本の電柱があるとされており、更に毎年7万本ずつ増加していると言われています。政府の無電柱化への取り組みは、昭和61年に第一期計画が始まり、現在第7期計画に進んでいます。それぞれの...
10 8
2020年05月20日 10:39 YA-SUさん
10 4
←YA-SUさんの前回の記事  YA-SUさんの次回の記事→土壌汚染対策法(以降、「土対法」という。)に示される基準、正式には要措置区域の指定に関わる基準ですが、土壌溶出量と土壌含有量の2つ基準が定められています...
10 4
2020年06月17日 09:33 YA-SUさん
8 8
←YA-SUさんの前回の記事 アスベスト含有建材とは、繊維状の天然鉱物であるアスベストの含有量が0.1%(重量比)を超える建材のことであり、建物解体時等に取り扱いが規制の対象となります。今回は、解体工事にお...
8 8
go top