最近の土木業界の動向 ~その2 作業員編~

←RC.オガさんの前回の記事 

RC.オガさんの次回の記事→


最近の土木業界の動向で前回は、現場監督(職員)の話をしましたので今回は、工事現場で働いてもらう作業員さんについて話したいと思います。

土木作業員の会社での人数                   

現場の仕事によって作業員さんの人数は、変わって行きます。私の会社では、一現場に5人の一班編成が基本的です。まぁ、この辺りは会社によって考え方が違うので一概には言えません。3人のところもあるし8人の会社もあるのです。最近の土木会社では、自社の作業員は5~8人ほどのところが多いのではないでしょうか。自社の作業員が3~5人程度の会社も多いかもしれません。10人近く作業員がいる土木会社は作業員が多いほうではないでしょうか。私の勤める会社は、舗装も手掛けているので約20人ほどの作業員を抱えています。舗装するには、人数が多くかかるためそうなのかもしれません。

3K職場                           

土木作業員も職員(現場監督)と同じで、まさに3K職場で若者には人気がありません。さらに、土木工事の独特な環境に、慣れなくてすぐに挫折してしまう人が多いのです。

労働環境

土木工事は、野外での仕事なので天候にかなり影響されます。雨風を受け、厳しい暑さや凍える寒さにも耐えて現場で作業しなくてはいけません。流石に、モルタルが流れてしまうような雨の日は、作業を中止して休みにします。しかし、工期が迫っているときなどは、多少の雨などは気にしないで工事を続けることも無きにしも非ずです。まぁ、私自身は雨の日に無理して工事しても事故になってしまってはいけないと先輩から教わったので、雨の日はなるべく作業中止にはしています。

野外での作業に慣れていないと土木の作業員はかなり過酷ではないでしょうか。同じ力仕事の倉庫作業などに比べると雨風にさらされる仕事はかなりハードなのでしょう。その証拠に、「ちょっと土木作業員でも」とまったく経験がなくアルバイトに来ても三日も持たないでやめてしまう人が多数います。

工場勤務のように時間通り、休憩や勤務時間が定まっていません。特に休憩時間は、午前と午後に15分くらいの休みを取るように目安としてありますが決まった時間に取れるわけでもなく時間がない切羽詰まった状態ではまったく休憩をとることも出来ません。始業時間こそ、まあ時間通りですが終業時間は場合によっては残業になってしまうことは少なくありません。忙しい時期になると祝日も仕事の日になり休めなくなります。そのため3連休などは縁遠い生活になってしまいます。この辺りも若者には馴染みにくいところかもしれません。

労働賃金

加えて作業員の報酬も数年前からあまり変わりなく最近では最低労働賃金が上がったためか、他の業種に比べてもそれほど高い賃金ではなくなってきています。まぁ、ここまで書くと作業員の成り手が少ないのは致し方ないのかもしれません。

若者の成り手が少ない土木作業員                

若者に受けない3k職場なのか、今いる作業員は根っからの土木作業員ばかりでその道20~30年もの経験年数を保持する達人ばかり。作業員の年齢は40~70才。半数以上は60才以上の高齢者で、若者の成り手が少ない職場であることを実感させられます。

まぁ、どうしても人数の足りないときには少し前までは貸し人夫を借りていました。平たく言えば、人材派遣を頼むのですが、これが全然作業できない人が来たりプロの土木作業員が来たり
かなり人材の力量に隔たりがあるのです。

ほとんどの場合は、1人前にならない半人前以下の人がほとんどで、2人頼んできてもらっても0.5人分しか能力がない2人が来ても1人にしかならなくて、全然不足分を補うことが出来ません。

ベトナム人研修生の受け入れ

そんなことから、私の会社でも昨年からベトナムからの研修生を受け入れ土木作業に従事してもらっています。流石に、初めの頃は言葉が通じなくて大変でしたが1年半ほど経過した今では片言ながら日本語でだいたいのことは通じるようになってきました。勤勉で真面目なので、日本人のアルバイトのように急に休んだり仕事を辞めてしまったりすることがないのは良いことです。土木の仕事も順調に覚えてきて3年もいれば、そこそこ仕事が出来るようになるのではないかと思いとても期待しています。

ただ、問題点が一つあって車の運転が出来ないことが非常に残念なことです。作業で使う4tダンプや2tトラックなど運転出来ないのはもちろん、そもそも運転免許がないので連絡車の軽自動車も運転してもらえません。限られた人数で作業を行うので車の運転が出来ないのはかなりの痛手になります。これから、さらにベトナムからの研修生を増やす予定なのですが、この運転できないがかなりネックになりそうです。


←RC.オガさんの前回の記事 

RC.オガさんの次回の記事→

最近の土木業界の動向~その2 作業員編.jpg

RC.オガさんの匠の野帳をもっと見る

2020年08月19日 11:47 RC.オガさん
6 3
←RC.オガさんの前回の記事 今年の夏は凌ぎやすいかと思いきや、一転して最高気温40℃にも達する酷暑を迎えました。40℃と言えば、人間の体温を越えた気温。黙って日向に立っていても、目がくらんで意識が遠のいてしま...
6 3
2020年06月24日 10:28 RC.オガさん
5 3
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今回は、工事着工前に実施することについて考えてみます。施工計画書と予算書は必要か                  工事を受注して一番初めに行うこ...
5 3
2020年04月22日 10:23 RC.オガさん
5 2
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→2019年11月に、東京オリンピックのマラソンと競歩競技が札幌開催に急遽決まりました。東京都民は、「なぜ?」と疑問に思われたことでしょう。東京オリンピックは...
5 2
2020年04月01日 11:00 RC.オガさん
4 3
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→私が暮らしている札幌は、世界でも類を見ない積雪地でありながら大都会。冬でも快適な都市機能を損なわないよう日夜奮闘しているのは地元の除雪業者。12月1日か...
4 3
2020年03月10日 16:36 RC.オガさん
5 4
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→私たちが生業としている土木工事や建築工事では実際の工事を施工する前に、図面を起こして計画を立てなければなりません。発注先が役所なら、役所の担当職員が立...
5 4
2020年02月26日 15:27 RC.オガさん
5 2
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→「現場監督の仕事は、段取り七分」なんて、新入社員の頃に先輩から言われたことがありませんか。現場監督を続けて、まさに実感している言葉です。段取りをちゃん...
5 2
2020年02月06日 13:12 RC.オガさん
3 2
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→最近では、手書きの図面から、すっかりCADに変わってしまいましたね。昔は、手書きの原稿を製図工に渡してインクを入れてもらい図面にしてもらいました。しかし...
3 2
2020年01月17日 09:53 RC.オガさん
4 2
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→現場監督に必要なスキルとはなんでしょうか。今回は、現場監督が自ら作らなくてはいけない書類について、それに必要なスキルとはなにかについて話したいと思いま...
4 2
2019年12月18日 10:33 RC.オガさん
4 3
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→映画「バーニング オーシャン」は、2017年に公開されたアメリカ映画。2010年メキシコ湾原油流失事故が題材となった災害パニック映画になります。原油掘削工事の...
4 3
2019年12月02日 14:21 RC.オガさん
6 2
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今回のテーマは建設業界の最新技術、とくに現場監督に求められ写真管理について語ろうと思います。フィルムカメラからデジカメへ               ...
6 2
1ページ / 2ページ中

おすすめの匠の野帳

2020年08月26日 11:14 shadowさん
10 8
日本には現在約3580万本の電柱があるとされており、更に毎年7万本ずつ増加していると言われています。政府の無電柱化への取り組みは、昭和61年に第一期計画が始まり、現在第7期計画に進んでいます。それぞれの...
10 8
2020年05月20日 10:39 YA-SUさん
10 4
←YA-SUさんの前回の記事  YA-SUさんの次回の記事→土壌汚染対策法(以降、「土対法」という。)に示される基準、正式には要措置区域の指定に関わる基準ですが、土壌溶出量と土壌含有量の2つ基準が定められています...
10 4
2020年06月17日 09:33 YA-SUさん
8 8
←YA-SUさんの前回の記事 アスベスト含有建材とは、繊維状の天然鉱物であるアスベストの含有量が0.1%(重量比)を超える建材のことであり、建物解体時等に取り扱いが規制の対象となります。今回は、解体工事にお...
8 8
go top