現場でのちょっとした工夫

RC.オガさんの次回の記事→


さて、今回のお題は「現場でのちょっとした工夫」。土木の監督稼業をやって20年の私が実践してる工夫や現場における心がけをご紹介しましょう。

時間は有効に。                        

お金持ちもビンボーも時間を持て余している人も身体がいくつあっても足りない人でも、みんな平等に与えられているのが時間です。一日は、24時間。都合よく時間を増やすことも減らすことも出来ません。暇な時間を貯金して忙しい時に使えたらな~と、まるでアニメの「笑ゥせぇるすまん」にあったようなことをボーっと考えたことありませんか。私は、あります。1か月、3か月、6か月などなど現場に与えられた工期は様々ですが時間を有効活用しないと工期ギリギリになって竣工書類を作る時間が無くなって焦ることはないですか?

そう、まだまだ始まったばかりとノンビリ構えていると後で手痛いしっぺ返しにあうこともあるので要注意しましょう。特に、工事金額が少なく職員は現場監督の自分だけ、1人で全てやらなくてはいけない現場こそ時間を有効に使わなくてはいけません。

まぁ、所長などと営業マンからはおだてられますが現場監督のやるべき仕事は種々雑多で何でもかんでもこなさなくてはいけません。役所の監督との打ち合わせ、資材の発注、工程管理や作業員の管理、お金の管理から事務所の掃除、付近住民対応、、、、。様々な仕事を一身にこなさなくてはいけません。助手がいれば、どれほど楽か、思わぬ現場代理人は数多くいることでしょう。しかし、工事の規模から自分一人で現場監督として切り盛りしなくてはいけない方は、大勢いることでしょう。

これからの話は、私が長年の監督稼業で先輩や同僚から伝授したり教わったことで、実に当たり前のことです。常日頃から行っておけば時間の節約になることです。

現場でできることは現場でやってしまう             

1.安全関係の書類

ここからは、具体的に話しましょう。現場で出来ることは安全関係でしょう。新規入場者アンケート・点検表、KY、安全日誌など作業員が、少ないからと言って日々つけておかないと書類提出時に焦ることになります。工期間際になって、そんなものに時間を割くよりももっと大事な品質管理や写真帳、出来形管理の書類に時間をかけましょう。きちんと点検表、KY、安全日誌あれば、工事の検定官にちゃんとやっている印象を与えられます。現場で、毎日つければ後で事務所で作業しなくても済むものです。

2.写真整理

現場管理の書類は、写真帳でまとめ提出します。現場で撮ってきた写真は毎日、数十枚に及ぶことでしょう。その日の写真は、その日のうちにパソコンに取り込んでしまいたいものです。デジカメの操作を誤って一枚の写真ファイルのみ削除するつもりが全部削除してしまう、、、なんて悲劇的なことが起こらないとは限りません。出来るだけ、写真データーはその日のうちにパソコンに取り込んでおく習慣をつけておきましょう。また、写真データのバックアップは取っておくのが賢明でしょうね。

私の場合は、作業内容や場所と日付をフォルダ名にして保存します。たいていは写真編集ソフト、例えば現場編集長やデキパートそして蔵衛門など使って写真帳を作っていると思います。時間があればソフトの写真箱に整理しておくのがベストです。しかし、毎日やるには大変かもしれませんが写真箱への整理は2~3日おきにやっておかないと後で大変なことになってしまいます。

工事写真帳の比重は、竣工書類の約50%を占めるのでないかと私は思っています。つまり、写真帳が出来上がれば50%は竣工書類が終わっていると思って過言ではありません。

3.伝票整理

現在は、伝票を整理して提出する義務はなくなりました。しかし、数量の管理はしなくてはいけません。コピー用紙に伝票を張る手間が減っただけで集計することは以前となんら変わりません。アスガラやコンガラなどの産廃関係や合材や生コン、コンクリート製品など日々整理して数量を把握しておけば書類整理もかなり速く進むことでしょう。


以上、私が監督稼業でやっていることです。これから現場監督デビューされる方の参考になればうれしいです。


RC.オガさんの次回の記事→

3616450_s.jpg

RC.オガさんの匠の野帳をもっと見る

2020年09月30日 13:25 RC.オガさん
7 6
←RC.オガさんの前回の記事 工業系の学校を卒業された方は、測量の授業が行われていると思います。しかし、工業系ではない、文系の普通科を卒業された方は測量なんてやったことがなくて、とても違和感があると思いま...
7 6
2020年08月19日 11:47 RC.オガさん
8 4
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今年の夏は凌ぎやすいかと思いきや、一転して最高気温40℃にも達する酷暑を迎えました。40℃と言えば、人間の体温を越えた気温。黙って日向に立っていても、目がく...
8 4
2020年06月24日 10:28 RC.オガさん
6 4
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→今回は、工事着工前に実施することについて考えてみます。施工計画書と予算書は必要か                  工事を受注して一番初めに行うこ...
6 4
2020年04月22日 10:23 RC.オガさん
7 4
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→2019年11月に、東京オリンピックのマラソンと競歩競技が札幌開催に急遽決まりました。東京都民は、「なぜ?」と疑問に思われたことでしょう。東京オリンピックは...
7 4
2020年04月01日 11:00 RC.オガさん
4 3
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→私が暮らしている札幌は、世界でも類を見ない積雪地でありながら大都会。冬でも快適な都市機能を損なわないよう日夜奮闘しているのは地元の除雪業者。12月1日か...
4 3
2020年03月10日 16:36 RC.オガさん
8 6
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→私たちが生業としている土木工事や建築工事では実際の工事を施工する前に、図面を起こして計画を立てなければなりません。発注先が役所なら、役所の担当職員が立...
8 6
2020年02月26日 15:27 RC.オガさん
7 4
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→「現場監督の仕事は、段取り七分」なんて、新入社員の頃に先輩から言われたことがありませんか。現場監督を続けて、まさに実感している言葉です。段取りをちゃん...
7 4
2020年02月06日 13:12 RC.オガさん
4 2
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→最近では、手書きの図面から、すっかりCADに変わってしまいましたね。昔は、手書きの原稿を製図工に渡してインクを入れてもらい図面にしてもらいました。しかし...
4 2
2020年01月17日 09:53 RC.オガさん
5 4
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→現場監督に必要なスキルとはなんでしょうか。今回は、現場監督が自ら作らなくてはいけない書類について、それに必要なスキルとはなにかについて話したいと思いま...
5 4
2019年12月18日 10:33 RC.オガさん
7 7
←RC.オガさんの前回の記事 RC.オガさんの次回の記事→映画「バーニング オーシャン」は、2017年に公開されたアメリカ映画。2010年メキシコ湾原油流失事故が題材となった災害パニック映画になります。原油掘削工事の...
7 7
1ページ / 2ページ中

おすすめの匠の野帳

2020年03月25日 09:55 YA-SUさん
15 10
YA-SUさんの次回の記事→ 土壌汚染調査は、土壌汚染対策法の施行を契機に開発事業を行う際には避けては通れない問題になりました。土壌汚染が確認された場合、対策工事に伴う事業費の増大や工期の延伸を伴うため、発...
15 10
2020年09月09日 11:31 たろまるさん
12 9
たろまるさんの次回の記事→建設業界で女性を見かけるのは、今や珍しいことではなくなってきていますよね。設計者や現場監督など、技術者として活躍している女性を数多く知っています。かく言う私も土木の世界に魅せ...
12 9
2019年04月18日 10:24 みやうちさん
10 9
帰宅するなりため息をついたわたしに、「なかなか思いどおりにはならんな」と別のわたしが話しかけてきた。「いやいや」とかぶりをふって答えるわたし。「思いどおりになることもあるし、思いどおりにならんこともあ...
10 9
go top