現場でのちょっとした工夫

さて、今回のお題は「現場でのちょっとした工夫」。土木の監督稼業をやって20年の私が実践してる工夫や現場における心がけをご紹介しましょう。


時間は有効に。                  

お金持ちもビンボーも時間を持て余している人も身体がいくつあっても足りない人でも、みんな平等に与えられているのが時間です。一日は、24時間。都合よく時間を増やすことも減らすことも出来ません。暇な時間を貯金して忙しい時に使えたらな~と、まるでアニメの「笑ゥせぇるすまん」にあったようなことをボーっと考えたことありませんか。私は、あります。1か月、3か月、6か月などなど現場に与えられた工期は様々ですが時間を有効活用しないと工期ギリギリになって竣工書類を作る時間が無くなって焦ることはないですか?

そう、まだまだ始まったばかりとノンビリ構えていると後で手痛いしっぺ返しにあうこともあるので要注意しましょう。特に、工事金額が少なく職員は現場監督の自分だけ、1人で全てやらなくてはいけない現場こそ時間を有効に使わなくてはいけません。

まぁ、所長などと営業マンからはおだてられますが現場監督のやるべき仕事は種々雑多で何でもかんでもこなさなくてはいけません。役所の監督との打ち合わせ、資材の発注、工程管理や作業員の管理、お金の管理から事務所の掃除、付近住民対応、、、、。様々な仕事を一身にこなさなくてはいけません。助手がいれば、どれほど楽か、思わぬ現場代理人は数多くいることでしょう。しかし、工事の規模から自分一人で現場監督として切り盛りしなくてはいけない方は、大勢いることでしょう。

これからの話は、私が長年の監督稼業で先輩や同僚から伝授したり教わったことで、実に当たり前のことです。常日頃から行っておけば時間の節約になることです。


現場でできることは現場でやってしまう       

1.安全関係の書類

ここからは、具体的に話しましょう。現場で出来ることは安全関係でしょう。新規入場者アンケート・点検表、KY、安全日誌など作業員が、少ないからと言って日々つけておかないと書類提出時に焦ることになります。工期間際になって、そんなものに時間を割くよりももっと大事な品質管理や写真帳、出来形管理の書類に時間をかけましょう。きちんと点検表、KY、安全日誌あれば、工事の検定官にちゃんとやっている印象を与えられます。現場で、毎日つければ後で事務所で作業しなくても済むものです。

2.写真整理

現場管理の書類は、写真帳でまとめ提出します。現場で撮ってきた写真は毎日、数十枚に及ぶことでしょう。その日の写真は、その日のうちにパソコンに取り込んでしまいたいものです。デジカメの操作を誤って一枚の写真ファイルのみ削除するつもりが全部削除してしまう、、、なんて悲劇的なことが起こらないとは限りません。出来るだけ、写真データーはその日のうちにパソコンに取り込んでおく習慣をつけておきましょう。また、写真データのバックアップは取っておくのが賢明でしょうね。

私の場合は、作業内容や場所と日付をフォルダ名にして保存します。たいていは写真編集ソフト、例えば現場編集長やデキパートそして蔵衛門など使って写真帳を作っていると思います。時間があればソフトの写真箱に整理しておくのがベストです。しかし、毎日やるには大変かもしれませんが写真箱への整理は2~3日おきにやっておかないと後で大変なことになってしまいます。

工事写真帳の比重は、竣工書類の約50%を占めるのでないかと私は思っています。つまり、写真帳が出来上がれば50%は竣工書類が終わっていると思って過言ではありません。

3.伝票整理

現在は、伝票を整理して提出する義務はなくなりました。しかし、数量の管理はしなくてはいけません。コピー用紙に伝票を張る手間が減っただけで集計することは以前となんら変わりません。アスガラやコンガラなどの産廃関係や合材や生コン、コンクリート製品など日々整理して数量を把握しておけば書類整理もかなり速く進むことでしょう。


以上、私が監督稼業でやっていることです。これから現場監督デビューされる方の参考になればうれしいです。

RC.オガさんの匠の野帳をもっと見る

2020年04月22日 10:23 RC.オガさん
2 0
2019年11月に、東京オリンピックのマラソンと競歩競技が札幌開催に急遽決まりました。東京都民は、「なぜ?」と疑問に思われたことでしょう。東京オリンピックは、夏真っ盛りの7月下旬から8月上旬に行われます。近年...
2 0
2020年04月01日 11:00 RC.オガさん
1 0
私が暮らしている札幌は、世界でも類を見ない積雪地でありながら大都会。冬でも快適な都市機能を損なわないよう日夜奮闘しているのは地元の除雪業者。12月1日から3月20日までは除雪シーズンです。基準を超える降雪が...
1 0
2020年03月10日 16:36 RC.オガさん
1 0
私たちが生業としている土木工事や建築工事では実際の工事を施工する前に、図面を起こして計画を立てなければなりません。発注先が役所なら、役所の担当職員が立案して測量と設計を発注します。まぁ、設計から積算を...
1 0
2020年02月26日 15:27 RC.オガさん
2 0
「現場監督の仕事は、段取り七分」なんて、新入社員の頃に先輩から言われたことがありませんか。現場監督を続けて、まさに実感している言葉です。段取りをちゃんとやっておけば、仕事(作業)の七分は、もう終わった...
2 0
2020年02月06日 13:12 RC.オガさん
0 0
手書きの図面からCADへ              最近では、手書きの図面から、すっかりCADに変わってしまいましたね。昔は、手書きの原稿を製図工に渡してインクを入れてもらい図面にしてもらいました。しかし、...
0 0
2020年01月17日 09:53 RC.オガさん
1 0
土木の書類は、エクセル              現場監督に必要なスキルとはなんでしょうか。今回は、現場監督が自ら作らなくてはいけない書類について、それに必要なスキルとはなにかについて話したいと思いま...
1 0
2019年12月18日 10:33 RC.オガさん
1 1
映画「バーニング オーシャン」は、2017年に公開されたアメリカ映画。2010年メキシコ湾原油流失事故が題材となった災害パニック映画になります。原油掘削工事の事故を扱った映画で、地味なのか人気がなく3週間...
1 1
2019年12月02日 14:21 RC.オガさん
2 0
今回のテーマは建設業界の最新技術、とくに現場監督に求められ写真管理について語ろうと思います。私が、土木業界に転職したころは、まだフィルムカメラ全盛でした。現場で撮影した写真は、フイルムなので町の写真屋...
2 0
2019年11月14日 15:34 RC.オガさん
3 0
最近の土木業界の動向で前回は、現場監督(職員)の話をしましたので今回は、工事現場で働いてもらう作業員さんについて話したいと思います。現場の仕事によって作業員さんの人数は、変わって行きます。私の会社では...
3 0
2019年10月28日 10:47 RC.オガさん
4 0
現場監督のRc.オガです。土木業界で飯を食い、驚くことに20年もの歳月が過ぎてゆきました。私も、あと3年ほどで60才の定年を迎えます。定年後は、悠々自適に趣味の模型製作に励みたい、、、なんてことが言えないほ...
4 0

おすすめの匠の野帳

2020年03月25日 09:55 YA-SUさん
5 1
 土壌汚染調査は、土壌汚染対策法の施行を契機に開発事業を行う際には避けては通れない問題になりました。土壌汚染が確認された場合、対策工事に伴う事業費の増大や工期の延伸を伴うため、発注者である行政機関、デ...
5 1
2019年04月18日 10:28 みやうちさん
4 0
『一方ロシアは鉛筆を使った。』というタイトルに「???」となったまま読みすすめる。本日、3月13日の『寿建設社長ブログ』だ。 タイトルの元となったのは『仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方』という本らし...
4 0
2019年04月18日 10:26 みやうちさん
3 1
毎朝、そのオジさんはポスターのなかからわたしに訴える。国土を強くしなやかに!建設産業を新3Kの職場に!(給与、休日、希望)そのたびに、訴えられたこのオジさんは「なんだかなあ」と思う。給与が良い休日が取...
3 1
go top