とりす工法

  • LINE
カタログをダウンロードする 0人がダウンロード
しました
■概 要
とりす工法の主な対象の鳥はカワセミ・ヤマセミです。
カワセミは、ほぼ日本全国に一年を通じて住んでいます。しかし、最近では河川などにおいて、カワセミの
営巣場所である垂直に近い、自力で掘ることのできる土の露出した土手や崖がなくなってきています。
そのため、営巣場所が不足し、多くのカワセミの繁殖が困難になっています。
ヤマセミにおいても同様に、全国的にも多くのレッドブックで絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の危険が増大している種)に登録
されている鳥類となっています。
これらの背景には、多くのコンクリート擁壁が施工され、土の露出した土手はほとんどなくなっているのも現状です。

本工法は、新設されるプレキャストコンクリート擁壁に直径7cm程度の穴を設け、その背部に営巣することのできる
「土柱ブロック」をセットし、繁殖を支援するシステムです。

本工法を用いることにより、コンクリート構造物が環境負荷を与えているという今までのイメージから
「少しの工夫と優しい心」で鳥の繁殖場所へと生まれ変わり、「コンクリートから鳥を」を合言葉に
環境対策への一助になればと思います。

■特 徴
新設されるコンクリート擁壁を利用した営巣システムのため、経費がほとんど掛かりません。
パック化された土柱ブロックを取り付けるだけの簡単施工で、確実な性能が確保されます。
営巣用土柱ブロックを使用することで、煩雑な営巣部分の材料チェックや施工管理が不要です。
L型擁壁や逆T型擁壁、ワイドウォール工法、テールアルメなどの補強土工法など、さまざまな擁壁に対応できます。
表面がコンクリートのため、雨水による浸食が少なく、長期間機能が維持できます。

製品・技術情報

製品名 とりす工法
価格 お問い合わせください
NETIS登録 SK-150004-A NETIS ホームページ
代替となる工種・単価 一般土木
掲載日 2021年06月18日( 情報更新日:2021年06月21日 )

企業情報

企業名 株式会社カンケン
地域 四国
紹介文 未来を創造するコンクリート製品総合メーカー

昭和34年の創業以来、「うるおいのある環境づくりをめざして」をモットーに、
コンクリート製品の製造・販売を手がけて参りました。
今後も私たちは製品づくりを通じて、自然と共存するうるおいのあるインフラストラクチャー整備を支援して参ります。
カタログをダウンロードする 0人がダウンロード
しました

みんなのレビュー

レビューがありません

お問い合わせフォーム

とりす工法
会員登録(無料)