土木作業員の日常~重機運搬~

←ローリングMさんの前回の記事 



「日の出まで2時間か…寒くないのがせめてもの救いだな」

その時、携帯の着信音が上着の胸ポケットから薄暗い商店街に鳴り響いて、すぐに切れた。

「そろそろ来るよ。Iさんは赤い旗を持って向こう岸に行って、対向車が来たら停めてください。トレーラーはバックで入れるからKさんはここにいて誘導してください。」

さっきの着信音はどこかこの近くで待機していたNさんこっちに向かって動き出した合図だ。…で僕は写真を撮らなきゃ。

薄暗い道路にひと目で大型車とわかるヘッドライトが見えた。後ろに座っているはずのバックホウの姿は確認できない。車が近づき、運転席にNさんが見えた。Nさんに緊張している様子はない。大型特殊免許いわゆる「だいとく」持ちのNさんは協力会社の重機運搬のプロだ。自社で運べないような大型の重機はいつもNさんの会社に頼んでいる。Nさんは隣の市まで走ることもあれば、夜間工事の運搬もあるらしい。

「前日の夕積みとはいえ今朝も4時には出発しているはず…いったいいつ寝ているのだろう…。」

(バックで進入して…)

僕はNさんに見えるように、自分のおしりをたたいた。トレーラーは大きく舵を切っておしりを入り口に向け、くねくねと身をよじるように後進して現場に収まった。まるでそこが元々自分の巣であるかのようなスムーズな動きだった。

「おはようさん。監督さんは早起きだねー。」

そう言いながらNさんは降りてくるなり、荷台の下にでかい空き缶のような器具を2個敷いた。それから腰くらいの高さの鉄製キャタピラに片足をかけながら黄色いドア開け、よじ登るようにキャビンに入りこみ、運転席に収まった。

「おはようございます。そんなことないっすよ。Nさんのほうがずっと…。」

僕の返事をかき消すように0.9バックホウは低いうなり声をあげて始動した。僕はあわててカメラを構えた。

(黒板用意してないけど、間に合わないしな…)

夜明け時の商店街にガリガリとキャタピラの音が響き、「重機搬入状況」の写真は撮れた。3段折れブームを旋回させながら、少し色あせた黄色い機体を解体予定のビルの前まで進めるとNさんはこちらを見た。この時間にこれ以上の騒音を出すのはトラブルの元になる。

「そこでいいですよ。」

僕は両手で頭の上に“〇”を作った。


こんなプロの仕事を淡々とこなすNさんに、一度だけ迷惑をかけてしまったことがある。荷台に載せたバックホウのキャビンで出入口の電線を切ってしまったのだ。その電線は前日の夜に設置された商店街のお祭り用の電線だった。

お祭りの担当者が道路には「建築限界」という高さの基準があることを知らなかったこと、新しい電線が張られていることに現場の誰も気が付かなかったことが原因の一つだ。そして何よりその電線切断が重機搬出の時に起きてしまったということ。ひと月ほど前の搬入の時、何の問題もなく出入りしたのに、出ていこうとするトレーラーの荷台からはじけるように黒いひものようなものが落ちてきた。僕は最初それが何か全くわからなかった。当時の僕は全くプロじゃなかった。

「このビル、まだそんなに古く見えないね。」

Nさんはキーを渡しながらそう言うとトレーラーに乗り込んだ。

「まだ薄暗いから、そう見えるんじゃないですか。…で右に帰ります?左に行きます?」

僕らが赤い旗を振って両方の車線を止めると、Nさんのトレーラーは左に出て行った。次の仕事があるのだろう。

(いつ寝てるのか、また聞きそびれたな)

止まってもらった数台の車に丁寧に頭を下げながら僕はそんなことを考えていた。


←ローリングMさんの前回の記事 

【記事のライター:ローリングMさん】
鹿児島県生まれ。大学では地域研究を専攻。
塾講師・海運業(離島航路)を経て、地元の土木会社に勤務。
公共工事、民間工事の主任技術者、職長として現場で汗を流しながら、
事務所では見積り、積算もやっております。
P9150088.jpg

ローリングMさんの匠の野帳をもっと見る

2020年11月25日 09:44 ローリングMさん
11 7
←ローリングMさんの前回の記事 ローリングMさんの次回の記事→天気が何とか持ちそうなので、今日の作業は工程表通り「プレキャスト側溝の据付」ということになった。道路改修工事は、昨日据え終わったばかりの新しい...
11 7
2020年10月14日 17:20 ローリングMさん
7 3
←ローリングMさんの前回の記事 ローリングMさんの次回の記事→『整地』土木関係の人ならよく耳にする言葉である。広さにもよるがすべてを同じ高さにすることはあまりなく、水勾配を考慮しながら平らな面を重機のみ、...
7 3
2020年09月02日 18:03 ローリングMさん
12 10
ローリングMさんの次回の記事→朝礼は7時15分からと決まっていた。会社の朝礼がある日はゆっくりと出社できる。これが普通の日だと7時前に必ず誰かから電話がくる。「起きましたか?」「今どこ?」昭和30年位に生まれ...
12 10

おすすめの匠の野帳

2019年09月30日 15:09 RC.オガさん
21 17
RC.オガさんの次回の記事→さて、今回のお題は「現場でのちょっとした工夫」。土木の監督稼業をやって20年の私が実践してる工夫や現場における心がけをご紹介しましょう。時間は有効に。              ...
21 17
2020年09月09日 11:31 たろまるさん
18 15
たろまるさんの次回の記事→建設業界で女性を見かけるのは、今や珍しいことではなくなってきていますよね。設計者や現場監督など、技術者として活躍している女性を数多く知っています。かく言う私も土木の世界に魅せ...
18 15
2020年03月25日 09:55 YA-SUさん
17 12
YA-SUさんの次回の記事→ 土壌汚染調査は、土壌汚染対策法の施行を契機に開発事業を行う際には避けては通れない問題になりました。土壌汚染が確認された場合、対策工事に伴う事業費の増大や工期の延伸を伴うため、発...
17 12
go top