四つ葉のクローバーをくれる左官さん

  • LINE

前の記事  


「真ん中で折れとるぞ。」

「…えっ?どこで?」

現場に着くなり、左官さんがそんなことを言い出すので、僕は慌てた。この工事は、元々積んであった2段積みのブロックをかさ上げすることで、駐車場の外回りの高さをかせいで水勾配をとらなければいけない。この工事でまず取り掛かる大切な作業だ。

先月、土地の所有者が会社を訪ねてきた後、見積もりのための測量を数回行った。その時はかさ上げの土台になるブロックの法線が折れていることにまったく気が付かなかった。

「どのあたりが…?」

左官さんが指さすところをブロックの端から見通すと、確かに折れているような、そうでもないような感じである。

「糸を張ってみましょうか?」

すると、ピンと張った糸とブロックの間に隙間が2㎜~3㎜ほど現れた。

「下から積み直すのか?」

左官さんの問いに僕は首を振った。

「いや、このままかさ上げしましょう。折れている部分は、路床になるから見えなくなる。」

お金と時間の話はしないことにした。幸い内側に折れているから、越境という問題はないのだし、差し筋と横の鉄筋で強度もとれる。

「じゃ、朝礼をしましょう。工程の説明をします。集まってください。」

「やっぱり、目が違うのかな~?」

「目というより目の付け所じゃないですか。」

午前中の作業が終わり、コンビニに向かって運転しながら僕がつぶやくと、助手席の若手が答えた。

「この前測量に来た時は、高さと面積だけ丁寧にあたりましたよね~。通りがまっすぐかなんて誰も気にしなかったじゃないですか。角々をトランシットで見て、もらった図面と見比べるだけで…」

その時、僕は四つ葉のクローバーの話をしたかったのだが、確かに彼の言う通りなのかもしれないと思い、切り出せなかった。

朝一番にブロックが折れていることに気が付いた左官さんは、よく僕に四つ葉のクローバーをくれる。

去年、田舎の河川工事に通ったころ、毎週のように四つ葉のクローバーを左官さんがくれるので、「どこかたくさん茂っているところがあるんですかね?」と尋ねたこともあった。

僕のレベルブックで押し花のように挟まったいくつかの四つ葉のクローバーを「あげましょうか?」と差し出したが、彼は笑って断った。その時、僕は左官さんが四つ葉のクローバーを特別好きなわけじゃないことを知り、もしかしたら目の訓練のために四つ葉のクローバー探しをしているのではないかと勘ぐった。

しかし、目がよいとか、視力がよいとか、きっとそんなことはどうでもよいことなのだろう。まず、まっすぐであるはずのものを「まっすぐかどうか?」自分の目で見る。ものを見るときの心構えが違うのだろう。目を凝らして、草むらの中で四つ葉のクローバーを探しているのではないのだ。クローバーの茂みの中の違和感を感じ取ろうと、茂み全体を眺めているのかもしれない。

僕はそんな気がしてならない。


【この記事を読んでいるあなたへ】

「測量・調査」に関する製品・工法をお探しの場合はこちら

※本文内にある一部のキーワードをクリックすると、該当する製品・技術情報にアクセスできます。

 匠の野帳の更新が受け取れる『サガシバ』メルマガ 

月2回の配信を行っています。

匠の野帳の更新情報以外にも、人気の製品や相談など情報満載!

ご登録はこちら

※すでに会員の方はこちら

この記事のライター
鹿児島県生まれ。大学では地域研究を専攻。
塾講師・海運業(離島航路)を経て、地元の土木会社に勤務。公共工事、民間工事の主任技術者、職長として現場で汗を流しながら、事務所では見積り、積算もやっております。
『サガシバ』に会員登録して、匠の野帳をもっと便利に!
会員登録すると、最新記事の情報が受け取れる他、便利な使い方がたくさん!

ローリングMさんの匠の野帳をもっと見る

2022年04月06日 10:38 ローリングMさん
1 0
名前小塚敏美 白髪のほうが多い短髪の70歳性別男性身長152㎝体重50kg職業左官敏美さんは70歳の左官さんだ。使う道具には「ト」の字が彫り込んである。今回は、日本経済の流れの中で、その浮き沈みの激しさをそのま...
1 0
2021年07月14日 10:32 ローリングMさん
3 3
前回「【失敗から学ぶ】バイブロハンマーで石造りの水路を破壊!閉塞感漂う工事現場でのあってはならない失敗談~その1~」で、道路改良工事における失敗談をご紹介しました。今回はその失敗の原因と対策についてお...
3 3
2021年07月07日 10:34 ローリングMさん
3 3
今回ご紹介するのは、道路改良工事での失敗談です。朝夕の交通量の多い既設道路の拡幅計画に伴い、古くなった水路の代わりにプレキャストボックスを据え付けるという工事で、道路の線形・高さを変えていく準備ともい...
3 3
2021年05月19日 11:06 ローリングMさん
10 7
転職組だった私はいくつかの工事現場で作業員を経験しながら、施工管理技士の資格を取得し初めて現場を持つことになりました。今回、ご紹介するのは初めて担当した現場で経常利益どころか、最終的に100万円以上の赤...
10 7
2021年03月10日 13:42 ローリングMさん
10 6
現場には乗り合わせで行く。特に建設現場は駐車スペースが限られていたり、まったく無かったりするからだ。「今日は、Y君とTさんは僕のダブルピックに乗ってください。」「乗れるの?」Y君が笑いながらこっちを向い...
10 6
2021年01月06日 11:28 ローリングMさん
11 8
「日の出まで2時間か…寒くないのがせめてもの救いだな」その時、携帯の着信音が上着の胸ポケットから薄暗い商店街に鳴り響いて、すぐに切れた。「そろそろ来るよ。Iさんは赤い旗を持って向こう岸に行って、対向車が...
11 8
2020年11月25日 09:44 ローリングMさん
13 7
天気が何とか持ちそうなので、今日の作業は工程表通り「プレキャスト側溝の据付」ということになった。道路改修工事は、昨日据え終わったばかりの新しい側溝の終点から、今日の予定地点までの既設の古い側溝を撤去す...
13 7
2020年10月14日 17:20 ローリングMさん
8 4
『整地』土木関係の人ならよく耳にする言葉である。広さにもよるがすべてを同じ高さにすることはあまりなく、水勾配を考慮しながら平らな面を重機のみ、人力のみ、もしくは協力し合って作りあげる。丁張杭や鉄筋棒に...
8 4
2020年09月02日 18:03 ローリングMさん
13 11
朝礼は7時15分からと決まっていた。会社の朝礼がある日はゆっくりと出社できる。これが普通の日だと7時前に必ず誰かから電話がくる。「起きましたか?」「今どこ?」昭和30年位に生まれた世代はとにかく朝が早い。と...
13 11
会員登録(無料)