土木作業員の日常~丁張~

←ローリングMさんの前回の記事 

ローリングMさんの次回の記事→


天気が何とか持ちそうなので、今日の作業は工程表通り「プレキャスト側溝の据付」ということになった。道路改修工事は、昨日据え終わったばかりの新しい側溝の終点から、今日の予定地点までの既設の古い側溝を撤去するところから始まった。


熟練のユンボオペレーターのKさんは、砕石や泥のこびりついた古いガサガサの側溝たちを、器用なバケットさばきで横付けしたダンプに次々と放り込んでいく。そこには昭和の土側溝のような溝ができ、レベルの横で待っていた僕の出番がきた。

高さの基準点から昨日の精度を確認したら、数メートルおきに木杭を立てる。昭和の土側溝の上の空間に水糸を張るのだ。これが新設の側溝の通りと高さの目安になる。そのために木杭は土側溝の両脇に2本セットで立てる必要があるし、門型にするための横木も必要だ。


今回は天気が心配だったので、欲張らずに施工延長は15ḿ、「丁張」の木杭は5ḿおきだから、昨日の終点も合わせて4か所ということになる。

計算機片手にレベルを覗き、それぞれの木杭に高さをだしていく。

「かたっぽだけでいいやろ…」

左官も上手なTさんはせっかちだ。木杭の片方に高さをだして、それを水平器でもう一方に移したいらしい。

「まだダンプが帰ってこないから2本とも高さを見るよ。」

この後Tさんには敷モルタルという大切な仕事がある。頭ごなしに「だめ」と言うのはよそう。計算が2倍になるから手間がかかるのだが、計算間違いを防ぐために僕はあえて2本分計算機をたたく。高さを出した2本の釘の上に取り付けた横木が水平なら、レベルの読みや引き算を間違えている可能性は低い。

「最初のやつが12せん2りん、次が15せんちょうど イチゴーゼロ…」

横木を打ち付けて門型の丁張ができあがった。

糸を張る前にレベルブックの数字を見ながら一つ一つ釘の高さをチェックする。待ちきれないTさんは土側溝の底に敷いた基礎砕石を均し始めた。

「一ミリ二ミリを言うなよ…」

スケールで一つ一つ確認していく僕にTさんが言った。

先ほど僕は箱尺を乗せた釘から下12㎝2㎜のところに赤鉛筆でしるしをして、高さの釘を打てと要求した。精密な仕事をしているようだが、マーキング用シャープペンの赤芯は2㎜だし、そこに打つ長さ45mmの釘も直径2.5mmくらいある。ミリ単位で測量して2㎜以上誤差をだせる道具で丁張を組み立てるのだ。

一見矛盾しているようだが、

  • マーキングをレ点にすること
  • 丸い釘の上の面がマーキングの中心になるように打込むこと
  • 釘を打つときに体のどこかを木杭に当てて木杭がぶれないようにすること

これでかなり正確な水糸を張ることは可能だと思っているし、Tさんもそうしている。

「いやいやバッチリですよ」

笑顔で返しながら僕は不思議だった。

(Tさんの敷モルタルの仕事はもっと繊細なのに…。)

水糸を張って丁張は出来上がった。

「勾配を見るときは低いほうから見ろよ…」

Tさんの教えは守ろう。「一ミリ二ミリ」にもこだわろう。

腰をかがめて下流側から見通すと、昨日据えたばかりの新しい側溝から続く、流れるようなピンクのラインが空中に見えた。

丁張がうまくいったとき眺めるこの景色が僕は大好きだ。



←ローリングMさんの前回の記事

ローリングMさんの次回の記事→

【記事のライター:ローリングMさん】
鹿児島県生まれ。大学では地域研究を専攻。
塾講師・海運業(離島航路)を経て、地元の土木会社に勤務。
公共工事、民間工事の主任技術者、職長として現場で汗を流しながら、
事務所では見積り、積算もやっております。

Book1-14-min.jpg

ローリングMさんの匠の野帳をもっと見る

2021年07月14日 10:32 ローリングMさん
3 3
←ローリングMさんの前回の記事 前回「【失敗から学ぶ】バイブロハンマーで石造りの水路を破壊!閉塞感漂う工事現場でのあってはならない失敗談~その1~」で、道路改良工事における失敗談をご紹介しました。今回は...
3 3
2021年07月07日 10:34 ローリングMさん
3 3
←ローリングMさんの前回の記事 ローリングMさんの次回の記事→今回ご紹介するのは、道路改良工事での失敗談です。朝夕の交通量の多い既設道路の拡幅計画に伴い、古くなった水路の代わりにプレキャストボックスを据え...
3 3
2021年05月19日 11:06 ローリングMさん
10 7
←ローリングMさんの前回の記事 転職組だった私はいくつかの工事現場で作業員を経験しながら、施工管理技士の資格を取得し初めて現場を持つことになりました。今回、ご紹介するのは初めて担当した現場で経常利益どこ...
10 7
2021年03月10日 13:42 ローリングMさん
10 6
←ローリングMさんの前回の記事  ローリングMさんの次回の記事→現場には乗り合わせで行く。特に建設現場は駐車スペースが限られていたり、まったく無かったりするからだ。「今日は、Y君とTさんは僕のダブルピックに...
10 6
2021年01月06日 11:28 ローリングMさん
11 8
←ローリングMさんの前回の記事  ローリングMさんの次回の記事→「日の出まで2時間か…寒くないのがせめてもの救いだな」その時、携帯の着信音が上着の胸ポケットから薄暗い商店街に鳴り響いて、すぐに切れた。「そ...
11 8
2020年10月14日 17:20 ローリングMさん
8 4
←ローリングMさんの前回の記事ローリングMさんの次回の記事→『整地』土木関係の人ならよく耳にする言葉である。広さにもよるがすべてを同じ高さにすることはあまりなく、水勾配を考慮しながら平らな面を重機のみ、人...
8 4
2020年09月02日 18:03 ローリングMさん
13 11
ローリングMさんの次回の記事→朝礼は7時15分からと決まっていた。会社の朝礼がある日はゆっくりと出社できる。これが普通の日だと7時前に必ず誰かから電話がくる。「起きましたか?」「今どこ?」昭和30年位に生まれ...
13 11
会員登録(無料)