ワイヤーウォール工法

  • LINE
緑化補強土壁工法「ワイヤーウォール工法」

【工法の概要】
ワイヤーウォールは、壁面材と補強材が一体になったワイヤーマットを使用する緑化補強土壁工法です。
垂直から5分勾配までの急勾配盛土を構築することができ、限られた用地を有効に利用することができます。
1988年にアメリカから技術導入して以降、道路工事、造成工事、豪雨や地震の災害復旧工事などにご利用いただき、累計で180万㎡を超える施工実績を積み上げてきました。安全で快適な暮らしを支える技術として、これからもインフラ整備に貢献します。

【構造】
ワイヤーマットの鉛直部は壁面材、水平部は補強材の役割があります。
壁面材に作用する土圧力に対して、盛土中に敷設した補強材の引抜き抵抗力で安定性を保ち、急勾配でも安定した盛土を構築することができます。
ワイヤーマットは格子状の溶接金網であり、縦方向鉄筋が摩擦抵抗力、横方向鉄筋が支圧抵抗力を発揮するところに特色があります。
また、壁面材と補強材が一体化されているため、構造上の弱点となる連結部がありません。

【特徴】
○ワイヤーウォールの適用範囲は垂直から5分勾配までと広く、多種多様な現場条件に合わせて施工することができます。
○現場でワイヤーマットやバックマットを切断加工、曲げ加工することができます。構造物に接するような複雑な計画であっても、容易に施工することができます。
○壁面材と補強材が一体となったL型のワイヤーマットを使用します。壁面材と補強材の連結作業を省略することができます。
○盛土材の圧縮沈下に追随できるスライダブル構造を採用しています。
○溶融亜鉛めっき処理した部材を使用するため、耐久性に優れています。盛土材に岩石質材料を使用する場合でも、補強材が損傷する恐れがありません。
○壁面全面を緑化することができます。周辺環境に順応するとともに、二酸化炭素を吸収する効果があります。
○供用期間が短い場合は、めっきなしの部材を使用します。建設コストを大幅に削減し、撤去後はスクラップとしてリサイクルすることができます。

【用途】
国道、県道、林道、農道をはじめとする道路
公園、再生エネルギー施設などの土地造成
工事用の仮設構造物

製品・技術情報

製品名 ワイヤーウォール工法
価格 下限15,000円 ~上限9,999,999円 / ㎡(価格はお問い合わせください)あたり
代替となる工種・単価 一般土木
掲載日 2020年12月03日( 情報更新日:2021年01月12日 )

企業情報

企業名 株式会社ジオシステム
地域 全国
紹介文  当社は1989年の創業以来「補強土工法を通じて社会に貢献する」ことを企業理念として、道路、橋、土地造成等の社会インフラ整備事業に高い安全性はもちろん、耐震性に優れ、環境に配慮した補強土工法を提供してまいりました。
また近年では「社会インフラ事業」に加えて、自然エネルギーを利用した発電所の設計・建設・運営・管理を行う「再生可能エネルギー事業」、ドローンを利活用したサービスで建設産業の生産性向上に貢献する「ドローン事業」を展開しています。これら3つの事業により、社会的課題をエンジニアリングの力で解決する会社を目指し、力強く事業を推進しています。
「新しい価値を持つ技術とサービスを創造し、自然と調和した、持続可能な社会の実現に貢献する」を経営理念とし、多様な価値に呼応した、技術とサービスを創出してまいります。
私たちのミッション
①独自の製品・技術により、高い安全性と生産性の向上、環境負荷の低減を実現し、社会インフラ事業に貢献します。
②自社の持つ優れた技術力とサービスで再生可能エネルギーの普及に貢献します。
③ドローンを利活用した新技術・サービスを想像し、現場の生産性向上に貢献します。
ホームページ https://geosystem.co.jp/

みんなのレビュー

レビューがありません

お問い合わせフォーム

ワイヤーウォール工法
会員登録(無料)