超音波式可搬型洗堀監視センサー Scour Monitor

  • LINE
Scour Monitor(スカーモニター)は、音波を使用し、機器と周囲の水底上にある4つの地点までの距離を計測することで、洗堀をはじめ水底の起伏状況について長期間のモニタリングを可能とするセンサーです。

コンパクトかつ軽量な設計により、様々な場所への取り付けを可能にします。
耐水性能、電池駆動、内蔵メモリーを搭載し、水中設置とスポット測定の両方に対応しております。

陸上局にて常時モニタリングを行う場合には、有線接続によりデータ出力が可能です(RS232/RS422通信)。
※常時モニタリング設備に必要となる、電力供給設備やデータ通信用の各種装置はご用意ください。

音波を発信する方向(角度)は、設置場所等により2種類から選択することが可能です。
 発信角度タイプ1:10°、20°、30°、45°
 発信角度タイプ2:5°、10°、15°、20°

重量、寸法:
 気中 約 3 kg (電池内蔵時)
 水中 約 2 kg (電池内蔵時)
 直径 75 mm
 全長 590 mm

製品・技術情報

製品名 超音波式可搬型洗堀監視センサー Scour Monitor
価格 お問い合わせください
代替となる工種・単価
掲載日 2021年10月21日( 情報更新日:2021年10月21日 )

企業情報

企業名 Nortekジャパン合同会社
地域
紹介文 当社は、国際的に高いシェアを持つ超音波ドップラー式水中用調査機器を製造販売するノルウェー国Nortek AS社の日本法人です。
Nortek ASは、音響を用いた水中測器メーカーとして1996年に設立、世界8か国に現地法人を設置、20年以上の経験と85か国以上の使用実績があります。

当社製品は、主に海洋や沿岸域の研究調査において導入実績や研究発表事例があります。国内においては、海洋の研究、土木分野における研究および調査、水域の環境調査、海洋資源開発、漁業管理等において、基礎的な現場測定データの取得に採用されております。また、一部の新製品は、水上船舶や水中作業ロボットのナビゲーション機器としても使用されております。

多様化する自然環境の測定ニーズに対し、最適な測定ソリューションを見つけるお手伝いを致します。

事業内容:超音波ドップラー式センサーの販売、メンテナンス、テクニカルサポート
主要取引先:国立研究開発法人、国立大学法人、海洋土木、環境コンサルタント、水産関連企業、重工業、海洋関連企業、他

お問い合わせフォーム

超音波式可搬型洗堀監視センサー Scour Monitor
会員登録(無料)