ScanSurveyZ

  • LINE
ScanSurveyZではドローンから取得した点群やレーザースキャナーの点群を扱うことが出来るソフトウェアとなっており、点群データ以外にもベクタやラスタデータの取り込みも可能。

◇2Dの平面図面を地形に張り合わせることにより簡単に3D表示にすることが可能。
◇ドローンで取得できた画像データや点群データを取り込み、災害調査や建設・土木調査、進捗状況の確認などの利用が期待されています。
◇土木工事での土量算出機能やi-Constructionの出来形帳票出力にも対応しております。
◇災害前と災害後のデータを持っておくことにより、被害状況の確認や比較などへの利用が期待できます。
◇橋梁や橋脚の管理や調査、ダムの維持管理などにも利用が期待されております。

製品・技術情報

製品名 ScanSurveyZ
価格 下限650,000円 ~上限1,500,000円 / 本あたり
代替となる工種・単価 一般土木
掲載日 2019年04月18日

企業情報

企業名 株式会社 ビィーシステム
対応地域

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国

四国

九州・沖縄









紹介文 株式会社ビィーシステムは、平成6年に札幌市にて創業。国・県・市町村の公共事業に関わる業務を支援するソフトウェア開発を中心に、平成10年からは「GIS(地理情報システム)・GPS」を使用した業務に対するソフトウェア開発を展開。最近ではドローンを使った画像解析ソフトや土木系のソフトウェア開発も行っている

農林業・土木情報化施工・道路台帳管理・下水台帳管理・国土調査業務・区画整理業務等のシステム開発と販売を主たる業務として行っている弊社は、各種専門ソフトウェアを企業/自治体向けに自社開発を行っており、
お客様一人一人の要望にあわせて、ソフトを製作を行います。
主にWindows系ソフトウェアの開発ですが、Android,Webサービスの開発も行っています。
具体的には下記のソフトウエアの開発設計となります。
・地籍、農地、森林、港湾等のDB化支援ソフト
・2D、3DのCADソフト
・GPSでの現地測量用モバイルソフト
・GPSや各種センサー情報からリアルタイム測位システム
・企画研究開発
・3次元点群生成画像解析ソフト(ScanSurveyPIXCEL)
・3次元点群処理ソフト(ScanSurveyZ)

お問い合わせフォーム

ScanSurveyZ

関連製品

会員登録(無料)