「ミリ波レーダー接舷支援システム」

  • LINE
ミリ波レーダーを用いた接舷支援システム。土運船の甲板にレーダーを2箇所設置し、浚渫船との距離を高精度に計測。
無線を経由して押船のブリッジ内PCに計測情報をリアルタイム表示させ、画面をみながら接舷を行うことができます。
雨や霧などの影響を受けづらく、見通しの悪い荒天時にも対象物との距離を安全に計測することができます。


接舷支援システムの主な特徴
見通しの悪い荒天時でも安全に距離計測
バッテリー駆動で簡単取り付け
2種類のレーダーで安定した計測を実現
平行や前後の判別が可能


システムイメージ
土運船の甲板に設置した2箇所のミリ波レーダーにより、浚渫船までの距離(最大80m)を計測します。
レーダー照射位置や設置条件などにより土運船側からの計測が難しい場合は、浚渫船側にレーダーを設置しても同等に計測を行うことが可能です。


2種類のレーダーで安定した計測を実現
送信ユニットは、近距離向けレーダー『OSA-DH-BC7』を下部に、長距離向けレーダー『OSA-F77G-PA-EV』を上部にそれぞれ設置することで、より安定した計測が可能になり、取得した計測情報は、バッテリー内蔵の無線BOXを経由し、押船側のPCに送信されます。


環境変化や照度変化に強い
波長がmm単位となる20~300GHz帯のミリ波は、電波でありながらレーザーのような強い直進性があります。
カメラやLiDAR (ライダー)とは異なり、雨や雪など視界不良な荒天時でも検出が可能で、太陽光の反射など急激に照度が高まった場合も、安定して計測することができます。


アカサカテックHP  :https://www.akasakatec.com/
カタログダウンロード :https://www.akasakatec.com/download/
製品HP       :https://www.akasakatec.com/products//software/mm_port_support

製品・技術情報

製品名 「ミリ波レーダー接舷支援システム」
価格 お問い合わせください
代替となる工種・単価 一般土木
掲載日 2021年03月03日( 情報更新日:2021年06月03日 )

企業情報

企業名 株式会社アカサカテック
対応地域

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国

四国

九州・沖縄









紹介文 Make it Together
 
GNSS測位技術を通じて、皆さまと共に未来を創る アカサカテックです。


関連リンク

▷ HP:株式会社アカサカテック
https://www.akasakatec.com​

▷ カタログダウンロード
https://www.akasakatec.com/download/

▷Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCbzLZmEUYnh0bvEz7vyWM_g

▷Facebook
https://www.facebook.com/akasakatec

▷Twitter
https://twitter.com/akasakatec

▷ Instagram
https://www.instagram.com/akasakatec.inc/
 
 
【キーワード】
i-Construction / RTK-GNSS / ミリ波レーダー/ ICT転圧管理 / ICT運行管理 / ICT杭打ち管理 / 測量 / 3次元記録 /地盤改良 / リアルタイム傾斜監視 / 変位計測 / 位置測位技術 / ハードウェア設計開発 / ソフトウェア設計開発 / 造船所 / 港湾 / 重厚長大産業 / 建設業 / 陸上土木 / 海洋土木 / 新技術提案 / スマートシティ

お問い合わせフォーム

「ミリ波レーダー接舷支援システム」

株式会社アカサカテックの他の製品

関連製品

会員登録(無料)