ささえる仕事

みやうちさん

ある若い鉄筋工の独白だ。

ボクらのつくったものは、いくらきれいに組み立ててもコンクリートで見えなくなる。
できあがった構造物を見て、ボクらの仕事は値打ちがないなあと思うときがある。

もちろんわたしはそれを言下に否定する。

ふつうの暮らしを下ざさえするのが「土木の仕事」。
それをさらに下から支える重要な役目がアナタたちの仕事。
素敵な仕事やんか。
逆に、そういう仕事の尊さを認めない人や世の中にこそ価値がないとオレは思うよ。

そう言いつつ、少しばかり反省した。往々にして、出来栄えとかいった類のものに目が奪われている自分を。「達成感」だなんだとエラそうなことを言いながら、ときとして、出来上がったモノの上っ面にしか意識が向いてない自分を。「だけどオレたちいなくなりゃ、ビルも道路もできゃしねえ、誰もわかっちゃくれねえか」と呑んでクダをまきつつ、そして、「ふつうの暮らしを下ざさえするのが土木の仕事だ」と声高に言いつつも、そこにも「支え支えられ」があって、はじめて「土木構造物」という「モノ(場所)」ができあがることを、ついつい失念している自分を。

ふつうの暮らしを下ざさえするのが「土木の仕事」。
それをさらに下から支える重要な役目がアナタたちの仕事。
素敵な仕事やんか。
逆に、そういう仕事の尊さを認めない人や世の中にこそ価値がないとオレは思うよ。

「その言葉、そっくりアンタに返すわ」
別のわたしが、頭上斜め60°方面からそう言い放つのを仰ぎ見て、「ありがとね」と最敬礼。
いやいや、深々とアタマを下げるべき対象は、くだんの鉄筋工くんだ。
「ありがとね」
もういちどアタマを下げた。

みやうちさんの匠の野帳をもっと見る

2019年04月18日 10:28 みやうちさん
3 0
『一方ロシアは鉛筆を使った。』というタイトルに「???」となったまま読みすすめる。本日、3月13日の『寿建設社長ブログ』だ。 タイトルの元となったのは『仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方』という本らし...
3 0
2019年04月18日 10:26 みやうちさん
3 1
毎朝、そのオジさんはポスターのなかからわたしに訴える。国土を強くしなやかに!建設産業を新3Kの職場に!(給与、休日、希望)そのたびに、訴えられたこのオジさんは「なんだかなあ」と思う。給与が良い休日が取...
3 1
2019年04月18日 10:24 みやうちさん
3 0
帰宅するなりため息をついたわたしに、「なかなか思いどおりにはならんな」と別のわたしが話しかけてきた。「いやいや」とかぶりをふって答えるわたし。「思いどおりになることもあるし、思いどおりにならんこともあ...
3 0
2019年04月17日 16:49 みやうちさん
2 1
構造物の設計という行為は、例えば数学の計算で言えば、x+5=8という方程式の解を求めるように、一意的に決まるものではなく、x+y-z=10のようないくつかの未知数がある方程式の答えを、x+y<15といった制...
2 1

おすすめの匠の野帳

2019年04月18日 10:28 みやうちさん
3 0
『一方ロシアは鉛筆を使った。』というタイトルに「???」となったまま読みすすめる。本日、3月13日の『寿建設社長ブログ』だ。 タイトルの元となったのは『仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方』という本らし...
3 0
2019年04月18日 10:26 みやうちさん
3 1
毎朝、そのオジさんはポスターのなかからわたしに訴える。国土を強くしなやかに!建設産業を新3Kの職場に!(給与、休日、希望)そのたびに、訴えられたこのオジさんは「なんだかなあ」と思う。給与が良い休日が取...
3 1
2019年04月18日 10:24 みやうちさん
3 0
帰宅するなりため息をついたわたしに、「なかなか思いどおりにはならんな」と別のわたしが話しかけてきた。「いやいや」とかぶりをふって答えるわたし。「思いどおりになることもあるし、思いどおりにならんこともあ...
3 0
go top