答え  

みやうちさん

構造物の設計という行為は、例えば数学の計算で言えば、x+5=8という方程式の解を求めるように、一意的に決まるものではなく、x+y-z=10のようないくつかの未知数がある方程式の答えを、x+y<15といった制約条件があり、y-zが小さければ小さいほど良いといった尺度がつけられた中で、見いだすといった問題に似ている。(P.129)
 
この例え、とてもわかりやすい。『CIM入門(第10章構造物の設計とCIM)』に出てくる文章だ。
さらに進めて言えば「土木のしごと」そのものが、そのようなものであるとわたしは思う。公共土木となるとなおさらだ。答えとなるx,y,zの組み合わせはさまざまで、一意的な解などない。
にもかかわらず、ことを単純化して考えすぎるきらいが今どきの多くの土木屋にはあるように、わたしには感じられる。
ことさらに複雑化する必要はないけれど、いくつかの未知数がある方程式の答えを制約条件の中で見いだす、という行為を省略してはならない。そこに「土木というしごと」の醍醐味がある。
そして、いくつかの未知数がある方程式の答えを制約条件の中で見いだしたとしても、それが最適解であるかどうかは実際のところよくわからなかったりするところに、「土木というしごと」の楽しさも面白さも厳しさも辛さもがある。

そんななか、いつもいつでも変わらないのは、「答えは現場にある」ということだけ。
強引にそこへ持っていったわけでもないが、なんだかいつもそこへ行き着いてしまうんだよなあ~、結論は。

みやうちさんの匠の野帳をもっと見る

2019年04月18日 10:28 みやうちさん
3 0
『一方ロシアは鉛筆を使った。』というタイトルに「???」となったまま読みすすめる。本日、3月13日の『寿建設社長ブログ』だ。 タイトルの元となったのは『仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方』という本らし...
3 0
2019年04月18日 10:27 みやうちさん
2 0
ある若い鉄筋工の独白だ。ボクらのつくったものは、いくらきれいに組み立ててもコンクリートで見えなくなる。できあがった構造物を見て、ボクらの仕事は値打ちがないなあと思うときがある。もちろんわたしはそれを言...
2 0
2019年04月18日 10:26 みやうちさん
3 1
毎朝、そのオジさんはポスターのなかからわたしに訴える。国土を強くしなやかに!建設産業を新3Kの職場に!(給与、休日、希望)そのたびに、訴えられたこのオジさんは「なんだかなあ」と思う。給与が良い休日が取...
3 1
2019年04月18日 10:24 みやうちさん
3 0
帰宅するなりため息をついたわたしに、「なかなか思いどおりにはならんな」と別のわたしが話しかけてきた。「いやいや」とかぶりをふって答えるわたし。「思いどおりになることもあるし、思いどおりにならんこともあ...
3 0

おすすめの匠の野帳

2019年09月30日 15:09 RC.オガさん
6 4
さて、今回のお題は「現場でのちょっとした工夫」。土木の監督稼業をやって20年の私が実践してる工夫や現場における心がけをご紹介しましょう。◇時間は有効に。お金持ちもビンボーも時間を持て余している人も身体が...
6 4
2019年04月18日 10:28 みやうちさん
3 0
『一方ロシアは鉛筆を使った。』というタイトルに「???」となったまま読みすすめる。本日、3月13日の『寿建設社長ブログ』だ。 タイトルの元となったのは『仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方』という本らし...
3 0
2019年04月18日 10:26 みやうちさん
3 1
毎朝、そのオジさんはポスターのなかからわたしに訴える。国土を強くしなやかに!建設産業を新3Kの職場に!(給与、休日、希望)そのたびに、訴えられたこのオジさんは「なんだかなあ」と思う。給与が良い休日が取...
3 1
go top