「新3K」を考える

みやうちさん

毎朝、そのオジさんはポスターのなかからわたしに訴える。

国土を強くしなやかに!

建設産業を新3Kの職場に!

(給与、休日、希望)

そのたびに、訴えられたこのオジさんは「なんだかなあ」と思う。

給与が良い

休日が取れる

希望が持てる

それぞれの頭文字をとって新3Kという。

それを実現しようという提唱は、すなわちその新3Kとやらがこの業界には存在しないか、在ったとしてもごくごくわずかであることの証左であることは、誰でもが容易に理解できる。3つめの「希望が持てる」は少なからず抽象的で、ひとそれぞれの感じ方次第のような気がするので置いておくとして、「給与」と「休日」はいたって具体的だ。

すなわち現実は、「給与が低く休日が少ない」であり、それに対して「給与が高く休日が多い」職業にしようという目論見であり提唱だ。

うん、悪くない。

だが、よくもない。

目指すところは悪くないが戦略としてはよろしくないという意味で、よくもない。

そのような、一挙両得一石二鳥、一つを放って二つを得るがごときが実現できるかどうか。アブも取らずハチも取らずになってしまう可能性が高いのではないだろうか。戦力の逐次投入あるいは兵力の分散は悪手だ。少なくとも弱者が採用する戦術ではない。そしてわたしたちは、世間一般でイメージされている像とは裏腹に強者ではない。優先順位をつけ集中突破する。これが基本原則だろう。

ではこの場合、どちらを優先させるのか。

「給与」か「休日」か。

わたしは「給与」だと思う。

とにもかくにも、まずは給与水準を上げる。

なぜか。

ためしに、次のうちどちらかが現実のものとなったときのことを考えてみる。

「給与は少ないが休日が多い」職業と「給与は高いが休日が少ない」職業。

前者から二段階的に高給与の実現は難しそうだが、後者を達成したあとに、「給与が高く休日も多い」職業へと転換するのは実現可能性がありそうな気がする。「給与」と「休日」の両方を満足させようとしたら、まずは「給与は高いが休日が少ない」職業を実現させたあとに休日を多くさせるという二段階作戦しかないのではないか。近い将来わが業界で現実のものとなりそうなのは「給与は少ないが休日が多い」だ。その一方が「働き方改革」という錦旗のもとにあることを考えると、今のうちに「給与」面の改善がなされなければ、その確率はきわめて高い。そうであればと、なおさらのことそう思うのだ。

「働き方改革」にも秋波を送りつつ高水準の給与を実現し希望が持てる職場とする、いわゆる「新3K」は、虻蜂取らずの悪手だという気がしてならない。 

新3K.png
11KB

みやうちさんの匠の野帳をもっと見る

2019年04月18日 10:28 みやうちさん
3 0
『一方ロシアは鉛筆を使った。』というタイトルに「???」となったまま読みすすめる。本日、3月13日の『寿建設社長ブログ』だ。 タイトルの元となったのは『仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方』という本らし...
3 0
2019年04月18日 10:27 みやうちさん
2 0
ある若い鉄筋工の独白だ。ボクらのつくったものは、いくらきれいに組み立ててもコンクリートで見えなくなる。できあがった構造物を見て、ボクらの仕事は値打ちがないなあと思うときがある。もちろんわたしはそれを言...
2 0
2019年04月18日 10:24 みやうちさん
3 0
帰宅するなりため息をついたわたしに、「なかなか思いどおりにはならんな」と別のわたしが話しかけてきた。「いやいや」とかぶりをふって答えるわたし。「思いどおりになることもあるし、思いどおりにならんこともあ...
3 0
2019年04月17日 16:49 みやうちさん
3 1
構造物の設計という行為は、例えば数学の計算で言えば、x+5=8という方程式の解を求めるように、一意的に決まるものではなく、x+y-z=10のようないくつかの未知数がある方程式の答えを、x+y<15といった制...
3 1

おすすめの匠の野帳

2019年09月30日 15:09 RC.オガさん
6 4
さて、今回のお題は「現場でのちょっとした工夫」。土木の監督稼業をやって20年の私が実践してる工夫や現場における心がけをご紹介しましょう。◇時間は有効に。お金持ちもビンボーも時間を持て余している人も身体が...
6 4
2019年04月18日 10:28 みやうちさん
3 0
『一方ロシアは鉛筆を使った。』というタイトルに「???」となったまま読みすすめる。本日、3月13日の『寿建設社長ブログ』だ。 タイトルの元となったのは『仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方』という本らし...
3 0
2019年04月18日 10:24 みやうちさん
3 0
帰宅するなりため息をついたわたしに、「なかなか思いどおりにはならんな」と別のわたしが話しかけてきた。「いやいや」とかぶりをふって答えるわたし。「思いどおりになることもあるし、思いどおりにならんこともあ...
3 0
go top