堤防開削調査とは?

  • LINE

前の記事   次の記事

連載第4回目は、株式会社土木管理総合試験所の「DK note」記事より「温度応力解析とは?コンクリートのひび割れ防止」を掲載いたしました。

■前回の記事はこちら


河川堤防は治水に際して様々な改修がなされ、複雑な歴史的構造物といえます。樋門や樋管の築造の際に既存堤防の開削が行われるにあたり、堤防の内部構造を確認する機会となり、堤防築堤履歴の解明、質的向上に資する事を目的に行われます。調査のために開削する事は無く、工事の際に特記仕様書などに記載されるため元請会社からの依頼によって実施されます。


調査の流れは?


 ①開削断面の観察

堤体構造を把握するため、開削のり面における土質分布、混入物および空洞、亀裂など変状状況を観察スケッチ、写真撮影し記録します。

1.開削されたのり面に親綱を降ろし、ロリップなど使い降下しながら観察面を整形。

   ロリップは「ロープ高所作業の業務」の特別教育修了が義務付けられています。

2.堤防開削された断面に1mメッシュのグリッドを張り、観察スケッチ。     

      粘土・砂・礫などどのように分布しているのか?     

      腹付けや、嵩上げなど築堤の履歴を示すものはあるか?     

      空洞や緩み、亀裂など水みちとなる変状は存在するか?

3.調査は上流・下流ともに行い断面スケッチに起こす


 

 ②原位置試験


原位置試験は土のバラつきを把握する事を目的に行います。同じ土層であってもその性状は締固め度合いや風化により大きく異なり、土壌硬度はメッシュの交点、現場密度は各土層にて確認します。

 

 ③室内土質試験


試料は「乱した試料」と「乱さない試料」があり、それぞれ利用目的は異なるものの、観察や土質試験の実施をするため試料をサンプリングします。礫分の有無や土の固結状態によって「乱さない試料」の採取が困難な場合は、現場密度試験による湿潤密度の結果を基に供試体作成を行い、室内土質試験を実施します。 


必要な室内土質試験は?


現場の土質により試験項目を選択する必要があり、試験内容・試験箇所を発注者と協議し計画します。


  技術者へのご相談・お問合せはこちらまで


 業務案内ページ「DKnote」まで▶ https://service.dksiken.co.jp/

この記事のライター
サガシバ編集部です!
時期に応じた特集や製品に関する記事、イベントの案内や対談形式のインタビューなどを
掲載しています。お知らせやお得な情報も発信していきますので、ぜひ記事のチェック&
フォローをお願いします。
『サガシバ』に会員登録して、匠の野帳をもっと便利に!
会員登録すると、最新記事の情報が受け取れる他、便利な使い方がたくさん!

サガシバ編集部さんの匠の野帳をもっと見る

2024年06月19日 12:56 サガシバ編集部さん
0 0
株式会社CONOCが実施した調査により、2024年4月に施行された時間外労働の上限規制に対する建設業界の対応状況が明らかになりました。本記事では、業務管理システムの導入状況やその理由、未導入の理由について詳しく...
0 0
2024年05月23日 10:19 サガシバ編集部さん
0 0
株式会社ユニックが開発した電動ラジコン草刈りロボット「ユニモワーズ」が、2024年5月から11月にかけて九州大学伊都キャンパス農学部附属農場で実証実験を行います。この実験は、急傾斜地などの草刈りが困難な場所...
0 0
2024年04月24日 09:19 サガシバ編集部さん
0 0
株式会社FLIGHTSが国土交通省 東北地方整備局からICTサポーター認定を受けました。この認定により、株式会社FLIGHTSはドローンを活用した3次元計測技術や施設・構造物の点検支援を強化し、地域の建設現場の生産性向...
0 0
2023年10月25日 01:32 サガシバ編集部さん
1 0
連載第15回目は、株式会社土木管理総合試験所の「DK note」記事より「堤体内に高い蓄積性を有するPFOS/PFOAとは?」を掲載いたしました。■前回の記事はこちら建設業では人手不足からくる属人化した働き方を改善させ...
1 0
2023年08月23日 00:19 サガシバ編集部さん
1 0
連載第14回目は、株式会社土木管理総合試験所の「DK note」記事より「堤防とは?築堤について試験調査をご紹介!」を掲載いたしました。■前回の記事はこちらPFASを含む泡消火剤が軍事施設などで漏出した場合、その付...
1 0
2023年07月19日 00:30 サガシバ編集部さん
1 0
連載第13回目は、株式会社土木管理総合試験所の「DK note」記事より「堤防とは?築堤について試験調査をご紹介!」を掲載いたしました。■前回の記事はこちら平成7年12月22日に「建築物の耐震改修の促進に関する法律...
1 0
2023年06月21日 00:20 サガシバ編集部さん
1 0
連載第12回目は、株式会社土木管理総合試験所の「DK note」記事より「2023年度BIM/CIM適用に伴う出来ばえ評価資料作成とは?」を掲載いたしました。■前回の記事はこちら堤防とは、人家のある地域に河川や海の水が浸...
1 0
2023年05月24日 00:30 サガシバ編集部さん
0 0
連載第11回目は、株式会社土木管理総合試験所の「DK note」記事より「アスベストの基本と関連法の改正について」を掲載いたしました。■前回の記事はこちら国土交通省では、BIM/CIMを活用し設計段階から施工、維持管...
0 0
2023年04月19日 00:56 サガシバ編集部さん
0 0
連載第10回目は、株式会社土木管理総合試験所の「DK note」記事より「RCFによる労働者の健康被害」を掲載いたしました。■前回の記事はこちらアスベストの健康被害はよく知られているところですが、2021年4月からア...
0 0
2023年03月15日 00:00 サガシバ編集部さん
1 1
連載第9回目は、株式会社土木管理総合試験所の「DK note」記事より「経済的で効率的な水源探査方法とは?」を掲載いたしました。■前回の記事はこちら労働安全衛生法では、有害な化学物質を取り扱う屋内作業場につい...
1 1
1ページ / 5ページ中
会員登録(無料)