CS-21ビルダー 既設コンクリート表面保護材

  • LINE
既設コンクリートの長寿命化対策に! 2液混合型けい酸塩系表面含浸材※NETIS登録番号:CG-170009-A
『CS-21ビルダー』は、既設コンクリートに不足しがちな水酸化カルシウムを主成分とする助剤を主剤と混合して使用する2液混合型の反応型けい酸塩系表面含浸材です。

混合後も一定時間液体状態を保ち、浸透した空隙内でゲル化し滞留します。
反応物の生成は継続するため、新たに発生する微細ひび割れ等の空隙も充填、
劣化因子等の侵入を抑制し、長寿命化に貢献します。

【用途】
■既設コンクリート構造物の表面保護、ひび割れ補修など
 ・適用範囲/中性化・塩害・凍害抑制
 ・適用範囲外/ASR・化学的侵食

製品・技術情報

製品名 CS-21ビルダー 既設コンクリート表面保護材
価格 お問い合わせください
NETIS登録 CG-170009-A NETIS ホームページ
代替となる工種・単価 一般土木
掲載日 2021年04月07日( 情報更新日:2021年04月07日 )

企業情報

企業名 株式会社 アストン
地域 全国
紹介文 コンクリート構造物の躯体防水・表面保護・ひび割れ補修・打継ぎ部処理・止水・断面修復に、CS-21シリーズ製品
 株式会社アストンは、CS-21シリーズ製品の開発会社であり、製造・販売を行うメーカーです。|CS-21の開発当初(1993年)は、漏水補修工事おける注入止水材としての位置付けでしたが、その後、塗布材としても適用されるようになり、現在では、コンクリート構造物の表面保護、躯体防水、打継ぎ部処理、ひび割れ補修等に用途が拡大しています。|用途の拡大と共に、各工法に対応した新たなシリーズ製品や補助剤の開発・製品化も順次進めております。そのため、目的の効果を発揮させるためには、各材料の反応特性を理解し、現場のコンクリートの状態や環境にあわせて適切な工法・材料を選定して施工を行うことが重要となります。|選定したCS-21工法による効果を有効に発揮させるため、開発会社であり製造販売を行う株式会社アストンと全国の特約店・特約施工店と共にアストン協会を設立し、管理者を育成する等技術の向上に努め、アストン協会員による責任施工または技術指導による施工体制を実施しています。|施工依頼の際は、お近くのアストン協会会員またはアストン協会事務局(株式会社アストン)に御相談ください。

お問い合わせフォーム

CS-21ビルダー 既設コンクリート表面保護材
会員登録(無料)