AIによる画像解析で交差点の安全性を診断 MicroTrafficの交通安全イノベーション

  • LINE
死亡事故や重大事故が発生する可能性がある危険な交差点には、目に見えない潜在的なリスクが存在します。この見えないリスクを、交差点の交通状況を記録したビデオから交通挙動を解析することより、リスクの可視化、定量化が可能になりました。

・交通ビデオ解析テクノロジー
AIによる画像解析技術は、検出モジュール・追跡モジュール・空間調整モジュールで構成されています。検出モジュールにより、歩行者、自転車、車両を自動的に認識し、追跡モジュールで、フレーム間の連続したそれぞれの道路ユーザーパスを作成します。空間調整モジュールは、自動的にレンズの歪みを取り除き、動的視差補正を適用して、それぞれの位置を立体的に正確に位置把握を行います。この技術により、交差点で起こる全ての動きを、正確にデータ化することを可能にしました。

・リスクの抽出と可視化
ビデオ解析によりすべての挙動がデータ化されたのち、危険事象の抽出を自動的に行います。危険事象はいうなれば「ヒヤリハット」のことです。「ヒヤリハット」危険度のリスク指標の一つとしてPost Encroachment Time(PET)という指標を活用します。「PET」とは、道路利用者間の衝突が回避された時間のことです。具体的には、例えば、接触事故は起こらなかったが、接触しそうになった2台の車両の1台がその地点をクリアした時点から、次の車両がその地点に到着した時点までの経過時間です。「PET」の値が小さくなるほど危険度が上がり、「0」となった場合に衝突が起こります。横軸に「PET」、縦軸に車両のスピードを置き、交通挙動の全てをリスクマッピングします。

・リスク挙動の延長線上に事故は発生
交通事故の陰には数多くの「ヒヤリハット」が存在します。その「ヒヤリハット」を定量化・可視化することで、その交差点の危険度や危険性の原因を探ることが可能になりました。これにより重大な事故が発生する前に対応が可能となります。

■活用の方向性
・交差点リスク診断
交差点安全性診断サービスは、北米を始めとした大都市部において、主要な交差点のビデオ記録を解析しています。各交差点のリスクプロファイルを作成して、定量的に把握することで、対策を優先する交差点とその改善点が特定し、個別交差点の交通安全対策工事のための基礎データとしても活用されています。

製品・技術情報

製品名 AIによる画像解析で交差点の安全性を診断 MicroTrafficの交通安全イノベーション
価格 お問い合わせください
代替となる工種・単価 一般土木
掲載日 2021年03月30日( 情報更新日:2021年03月30日 )

企業情報

企業名 宮川興業株式会社
地域 東京都
紹介文 私たち宮川興業株式会社は、社会のライフラインである「道」のプロフェッショナル集団としてその安全性と快適性を突き詰めてまいりました。

これまで、より高度に、より細分化するニーズに対して、最適なソリューションを提供すべく、独自のノウハウと実績に加え、≪Amenity(より良い環境)≫と≪Art(創造的な技術)≫をテーマに、常に技術の向上と製品の開発に取り組んでまいりました。おかげさまで各方面の方々と共に新しいチャレンジもさせていただき、少なからず安全施設業界の発展に寄与できたのではと自負しております。

今後もさらに自動運転をはじめとした様々なトレンドに対応した課題解決が求められてまいります。
宮川興業株式会社もICTやAIなどの新しいテクノロジーを始めとした先進的取り組みを進め、今まで以上に「道」のプロフェッショナル集団として、次世代に向けて新しい「道」の在り方を突き詰めていくことで社会に貢献してまいります。

■事業内容
総合建設業及び関連事業・路面標示用塗料他製造販売
・交通安全施設(道路標示・区画線、各種標識、反射鏡、防護柵、道路鋲等)
・総合環境整備(公園整備、造園植栽、石張舗装、大型モニュメント、景観サイン商品等)・総合土木工事(道路改良、舗装等)
・情報システム(道路付属物管理システム:MEMO開発販売、各種業務支援システム受託開発)
・各種建築工事・橋梁補修補強工事・発光式デザイン標識・道路附属構造物

自社開発商品
・路面標示塗料(リバーライン)・全天候型ライン材料(リバーラインラスター)
・電気式溶解釜(発電式メルトニーダー)・ウォータジェットピーラーシステム製造及び販売
・道路施設維持管理支援システム(MEMO) 導入実績:東京都、岡山県警察本部等
・区画線診断システム(RoadViewer)

お問い合わせフォーム

AIによる画像解析で交差点の安全性を診断 MicroTrafficの交通安全イノベーション

関連製品

会員登録(無料)