恒久グラウト・超微粒子型高強度複合シリカ『ハイブリッドシリカ』

  • LINE
『ハイブリッドシリカシリーズ』は1981年からの産学協同による薬液注入の長期耐久性の研究の結果開発した強度と耐久性に優れた懸濁型恒久グラウトです。30年以上の恒久性実証研究や注入工法と組合せた大規模野外注入試験による浸透固結性と経年固結性の実証試験などを行い、平成14年度に地盤工学会技術開発賞(「恒久グラウトと注入技術」米倉、島田)を受賞。その後も長期耐久性の確認試験は継続され、2018年には大規模野外試験後19年目の経年固結性を確認しています。施工実績は800件以上にのぼります。

【特長】
・超微粒子複合シリカグラウトで、無機系・懸濁型グラウトに分類されます。
・瞬結配合から暖結配合まで広範囲なゲルタイムの設定が可能です。
・ゲル化物は長期的に強度を保持し、また体積変化も少ないので、長期耐久性に優れています。
・平均粒径3.5μmと超微粒子化した懸濁型シリカと溶液型シリカの複合体からなる為、砂層への浸透注入にも適しています。
・調合水に海水の使用が可能です。
・浸透固結体は高圧噴射注入工法の固結体と同程度の強度を発揮します。
・使用材料はすべて環境にやさしい注入材です。

【適用工法】
・超多点注入工法 ・エキスパッカ工法 ・マルチストレーナ工法 ・マルチパッカ工法 ・ダブルパッカ工法 ・二重管複合注入工法など

【本設注入試験センターの完備】
・本設注入試験センターでは、現場採取土を用いた事前配合試験を行い、そこから得られたデータに永年の産学協同研究や多数の施工実績による知見を付加することで、より信頼性の高い品質を施工会社、企業主等の関係各位に提供しています。

【安全性】
使用材料は無機物で構成され、「薬液注入工事による建設工事の施工に関する暫定指針(建設省:昭和49年7月10日)」に適合し、劇毒物、危険物、重金属類は含まれません。周辺地盤および地下水に対するBOD 、CODに関する問題もありません。

【用途別主な施工事例】
■基礎の高強度恒久補強と液状化防止
・橋梁基礎・建築基礎・軌道路盤補強
・盛土・道路路盤補強
・沈下防止・ジャッキアップ
■掘削地盤の高強度補強と恒久止水
・シールド到達、発進立坑
・シールド反力部
・トンネル掘削地盤の強化と恒久補強、沈下防止
・開削地盤強化(底盤注入、掘削背

製品・技術情報

製品名 恒久グラウト・超微粒子型高強度複合シリカ『ハイブリッドシリカ』
価格 お問い合わせください
代替となる工種・単価 一般土木
掲載日 2020年12月03日( 情報更新日:2021年06月02日 )

企業情報

企業名 強化土エンジニヤリング株式会社
地域 全国
紹介文  

みんなのレビュー

レビューがありません

お問い合わせフォーム

恒久グラウト・超微粒子型高強度複合シリカ『ハイブリッドシリカ』
会員登録(無料)