24時間撮影対応ビデオ撮影用偏光レンズ(専用オプション製品) SNC-GPL90

  • LINE
■特殊偏光型バリフォーカルレンズ
一般の写真カメラ用の変更フィルター(PL・CPL)は監視カメラで連続的に使用することはできませんが、SNC-GPL90は特殊方式の偏光レンズですので、365日の連続使用が可能となります。

■監視カメラでの一般の偏光フィルター使用時の問題点
・光に弱い
写真用偏光フィルターで光学的に偏光性を得られるのは、ヨウ素イオンの配置が整列しているからで、この配列が、熱や紫外線や赤外線の要因で狂ってしまうと偏光性が失われる。また色素も紫外線に弱く照射しただけで分解するため、色ブレが起きる。
⇛GPL90:光での劣化が少ない特殊方式 赤外線での使用不可。

・赤外線での使用不可
写真用偏光フィルターでは赤外線、近赤外線がフィルターはいると、吸収されて温度上昇によってPVAの配向性が崩れ、偏光膜が劣化する。赤外線は偏光できないため赤外線乱反射の対応が不可となる。
⇛GPL90:可視光、紫外光、近赤外光のすべてを偏光可能。赤外線対応方式。

・熱に弱い
写真用フィルターの偏光膜は厚みの関係で50℃程度での耐久性を保持できない。
⇛GPL90:超高温照射試験にて焼けが発生せず。

・光透過率
写真用偏光フィルターの可視光透過率は38~40%程度のため、絞り2段ほど暗くなる。このため夜間の撮影に影響が出る。
⇛GPL90:自然光を透過した場合、ピークで70%の透過率。

・90°の角度効果
写真用偏光フィルターの効果は太陽に対して90°の角度で最大になるため、時間とともに変化する太陽光との角度で効果が薄くなる。このため、撮影場所によっては人為的にフィルターの方向を変化させる必要がある。
⇛GPL90:プラスマイナス10°程度での偏光度はほぼ均一となる。

■車の窓ガラスの反射。太陽光の乱反射を除去して撮影可能。

製品・技術情報

製品名 24時間撮影対応ビデオ撮影用偏光レンズ(専用オプション製品) SNC-GPL90
価格 お問い合わせください
代替となる工種・単価
掲載日 2021年10月04日( 情報更新日:2021年10月04日 )

企業情報

企業名 ストアネット株式会社
地域 神奈川県
紹介文 〇映像関連機器のエキスパート
セキュリティ、画像、ストレージ機器というキーワードはさまざまな分野において、新しい技術と共に進化し続けております。
わたくしたちは今、この3つのキーワードのもとに新しい世界を切り開く努力をし続けます。また、わたくしたちは、地球環境に対する分野にも応えていきたいと考えております。

〇事業内容
高速道路、警察関連の画像関連システムを開発しております。画像鮮明化装置、長距離撮像システム、車番認識装置、特殊撮像カメラシステム、録画装置などとなります。システムは標準システムのほかに特別注文によるカスタマイズも行っております。
納入実績は15年以上ございますので安心してご連絡ください。

お問い合わせフォーム

24時間撮影対応ビデオ撮影用偏光レンズ(専用オプション製品) SNC-GPL90

関連製品

会員登録(無料)