高速道路用車番(ナンバープレート)認識装置 SecurityEye-GateEYE

  • LINE
■高速道路向けに特別に開発された移動車両向け車両ナンバー自動認識装置

■レーザー近赤外線一体型撮像部と長年の実績のある認識装置の組み合わせ
高性能カメラにより捉えられたナンバープレートを瞬時に自動認識し、高い精度でナンバープレート内の文字・数字を読み取り、認識結果(ナンバー情報,ナンバー画像)を車番認識装置管理ソフトウェアに送信します。

・これまでの実績により実証された認識精度とスピードに磨きをかけた車番認識エンジンを採用〔ナンバープレート上段の「分類番号」へのアルファベット導入にも対応〕
・IPカメラからのフルハイビジョン映像(1920×1080)に対応
・動体検知エリアとプレート認識エリアが設定でき、様々なシーンでの柔軟な対応が可能
・入力映像を見ながら検知対象エリアの設定及び各種条件設定が容易にできるユーザーインタフェース(Web画面)

■使いやすい管理画面
・管理ソフトウェアは4台の車番認識装置と同時に接続可能
・受信した車番データをCSVデータとして記録すると共に認識データの画像を保存
・登録車両のマッチングエンジン搭載
・検索エンジン搭載

■主な仕様
対象ナンバープレート→軽自動車及び普通自動車(中版)、大型自動車(大版)
対象外ナンバープレート→上記以外及び字光式ナンバープレート、汚損プレート(錆含む)、違反機器取付プレート、旧型ナンバープレート
認識範囲→陸運支局コード、車種コード、事業コード、一連番号、大型/中型、自家用/事業用
検知対応範囲→4.0m程度
設置角度→俯角 10~30°、側写角 -25~0°/ 0~25°、3軸取付けの場合 側写角 -30~0°/ 0~30°
読取速度 →プレート切り出し後 2秒程度/台 (標準) 「システム全体では5秒程度となる場合あり」
車両速度 →一旦停止~100km/h程度
プレート検知率→96%程度(専用カメラの場合)
文字認識率→(専用カメラ プレート検知後) 一連番号 98%程度(94%)、 漢字・かな・分類番号 95%程度(91%)
推奨カメラ設置高→1.55m ~ 6m 程度
推奨カメラ撮影距離→5m ~ 16m 程度まで
推奨機器→SecureEye-18IP12HLDP,SecureEye-GIP12HLDP
レンズ→専用バリフォーカルレンズなど選択可能
推奨赤外線照明→SecurityEye-9HLDS
取付ステー→3軸タイプ

製品・技術情報

製品名 高速道路用車番(ナンバープレート)認識装置 SecurityEye-GateEYE
価格 お問い合わせください
代替となる工種・単価
掲載日 2021年10月04日( 情報更新日:2021年10月04日 )

企業情報

企業名 ストアネット株式会社
地域 神奈川県
紹介文 〇映像関連機器のエキスパート
セキュリティ、画像、ストレージ機器というキーワードはさまざまな分野において、新しい技術と共に進化し続けております。
わたくしたちは今、この3つのキーワードのもとに新しい世界を切り開く努力をし続けます。また、わたくしたちは、地球環境に対する分野にも応えていきたいと考えております。

〇事業内容
高速道路、警察関連の画像関連システムを開発しております。画像鮮明化装置、長距離撮像システム、車番認識装置、特殊撮像カメラシステム、録画装置などとなります。システムは標準システムのほかに特別注文によるカスタマイズも行っております。
納入実績は15年以上ございますので安心してご連絡ください。

お問い合わせフォーム

高速道路用車番(ナンバープレート)認識装置 SecurityEye-GateEYE

関連製品

会員登録(無料)