画像鮮明化装置 SecureEyeII

  • LINE
■真実を真実のままに再現する重要性
〇SecureEyeII画像鮮明化装置は全自動で画像の状況を判断し、リアルタイムに逆光、暗部、霧などの見えにくい画像を補正いたします

・影の部分をリアルタイムに補正
逆光/影の部分の暗い部分のみを明るく鮮明に自動補正。監視/防犯カメラシステムに最適

・容易な設置
SECURE EYEを監視カメラの後ろ(DVRの前)に挿入するだけ。面倒・複雑な調整は一切不要。

・完全全自動
HD-SDIもしくはNTSCの入力BNCコネクタにケーブルを接続しカメラの映像を入力するだけで全自動で暗闇からもや等の映像までリアルタイムに画像を鮮明化。

■See like the eye - Retina-Morphic Processing -
Retina-Morphoic Processing(網膜原理)は、ユーザが画像に変更を加えることなく、電子装置が人間の目で見たままの状態に近いイメージを表現する事ができる技術である。 一般的にカメラのCCDなどはディスプレイやプリンタ等よりはるかに高いダイナミックレンジを持っている。 ガンマ修正などのテクニックは特に暗い領域でのディスプレイ表示において詳細情報を失うことがある。 我々の目がイメージを我々の脳内に送るとき、強力なダイナミックレンジ圧縮が網膜のセルによって行われ、並外れた品質のイメージを作り出す。

Retina-Morphic Proccesingは人間の目や脳がダイナミックレンジを圧縮する方法をまねているため、イメージを加工することなしにバランスのよいコントラストを保つことが可能となる。 デジタルRetina-Morphic Processingは各イメージよりそれぞれの画素の明るさの個々の違いを分析する。

静止画像の例では、Lossyな画像圧縮を行う前にデジタルRetina-Morphic Processingをデジタル画像に適用すると、標準のJPEGに変換しても、もともとRAWイメージに存在している情報は失われずにJPEG情報の中に残すことができる。

■RCSコントロールソフトウェア
全自動で画像の状況をリアルタイムに判断し、人の目が認識しやすい画像に補正しますが、状況によりノイズを減らしたい、もっと強い補正で確認したいなどのご要望にお応えできるようにWindows用コントロールソフトウェア”RCS”を用意しております。

製品・技術情報

製品名 画像鮮明化装置 SecureEyeII
価格 お問い合わせください
代替となる工種・単価
掲載日 2021年10月04日( 情報更新日:2021年10月04日 )

企業情報

企業名 ストアネット株式会社
地域 神奈川県
紹介文 〇映像関連機器のエキスパート
セキュリティ、画像、ストレージ機器というキーワードはさまざまな分野において、新しい技術と共に進化し続けております。
わたくしたちは今、この3つのキーワードのもとに新しい世界を切り開く努力をし続けます。また、わたくしたちは、地球環境に対する分野にも応えていきたいと考えております。

〇事業内容
高速道路、警察関連の画像関連システムを開発しております。画像鮮明化装置、長距離撮像システム、車番認識装置、特殊撮像カメラシステム、録画装置などとなります。システムは標準システムのほかに特別注文によるカスタマイズも行っております。
納入実績は15年以上ございますので安心してご連絡ください。

お問い合わせフォーム

画像鮮明化装置 SecureEyeII

関連製品

会員登録(無料)