地中レーダー探査

  • LINE
カタログをダウンロードする 2人がダウンロード
しました
地中レーダー探査は電磁波を利用した非破壊の探査手法です。地表面に置いたレーダーアンテナ(100MHz~1.6GHz)から地中に向けて電磁波を発信し、地中の様々な対象物(物性境界面)から反射してくる電磁波を受信します。受信された反射波は信号処理され、地中断面画像として表示されます。地中の埋設管や空洞、地中に残置された構造物(矢板、杭、ガラ等)を非破壊で探査します。
探査深度は、土質によって異なりますが、約2mまで探査可能です。地中レーダーアンテナ(270MHz)は、3輪カート(距離計付)に搭載して探査を行うため、機動性が高く、1日当りの探査距離も長くできます。

特徴
・試掘調査に比べて、コストが安く、連続的な探査が可能です。
・機動性が高く、迅速な探査が可能です。
・対象物(管路、空洞、鉄筋、構造物等)の材質にかかわらず探査が可能です。
・深度約2mまで探査が可能です。(土質によって多少異なります)

製品・技術情報

製品名 地中レーダー探査
価格 お問い合わせください
代替となる工種・単価
掲載日 2021年08月03日( 情報更新日:2021年08月18日 )

企業情報

企業名 株式会社興和
地域 全国
紹介文 弊社は昭和34年(1959年)の設立以来、永年培ってきた確かな技術力・開発力を通じ地域の防災・減災分野からインフラ管理分野、環境・エネルギー分野と多岐にわたり取り組んでまいりました。
我が国は人口減少や少子高齢化に伴い、防災・減災対策やインフラの維持管理による国民の安全・安心確保、環境エネルギー問題等多くの課題を抱えています。また、AIやIOT等のイノベーションの劇的な進展を踏まえ、ICTを活用した最先端技術の導入が進められ生産性の向上が求められています。
このような社会的課題や時代のニーズに応えるため、当社は何事にも挑戦する精神を持ち、大地と水のプロフェッショナルとして、企業理念のもと「誠意と創意工夫」をもって社員が一丸となり社会への貢献を果たしてまいります。これからも、なお一層のご支援・ご活用を賜りますようお願い申し上げます。
カタログをダウンロードする 2人がダウンロード
しました

みんなのレビュー

レビューがありません

お問い合わせフォーム

地中レーダー探査

関連製品

会員登録(無料)