軽量型ダクタイル鋳鉄製防護柵 Duclight(ダクライト)

  • LINE
カタログをダウンロードする 0人がダウンロード
しました
 
 従来品ダクタイル鋳鉄製防護柵と同様の強度を持ちつつ軽量化を実現したDuclight(ダクライト)は、施工性・経済性はもちろん耐食性や適用範囲も向上しており、「強くて軽い」、これからの防護柵のスタンダードです。

【特徴】
①ダクタイル鋳鉄鋳造技術を活かし、衝撃を受けた時に支柱全体がしなるように「伸び」と「圧縮」のバランスをとり
 2段階衝撃吸収構造(応力分散+応力集中)を実現した製品です。

②新構造を実現できた事により支柱形状のスリム化が図られ、透過性に優れ通行車両からの視認性が良く
 なり、交通安全性の向上が期待できます。また、軽量化した事で防護柵施工時の取り回しが良くなり
 施工性も改善された製品です。

③ダクタイル鋳鉄製支柱はもちろん、鋼材である縦格子もラウンドエッジ(角丸)になっており、均一な塗膜を確保
  でき、剥離軽減による発錆抑制に効果を発揮します。

③耐久性の良いダクタイル鋳鉄を支柱材料に選定していますが、更に高耐久塗装をオプション装備し、現在の
 ニーズであるLCC(ライフサイクルコスト)低減にも対応した製品です。

■全国に納入事例が沢山あります。何かご質問、ご要望等ありましたら是非お問い合わせ下さい。

製品・技術情報

製品名 軽量型ダクタイル鋳鉄製防護柵 Duclight(ダクライト)
価格 お問い合わせください
代替となる工種・単価 一般土木
掲載日 2021年06月07日( 情報更新日:2021年06月15日 )

企業情報

企業名 昭和鉄工株式会社
地域 全国
紹介文 1883年(明治16年)、創業した当社は、当時輸入品に限られていた暖房装置の国産化に挑戦し、鋳鉄製ボイラーを国産品として初めて実用化に成功しました。以後、ボイラーやラジエーター製造で培った固有の鋳造技術をもとに、建築装飾鋳物も手がけ、1978年(昭和53年)には鋳鉄製橋梁用防護柵市場に参入し、現在は景観製品を総合的に扱う都市景観事業を展開しています。
カタログをダウンロードする 0人がダウンロード
しました

みんなのレビュー

レビューがありません

お問い合わせフォーム

軽量型ダクタイル鋳鉄製防護柵 Duclight(ダクライト)

関連製品

会員登録(無料)