[道路橋用伸縮装置] マウラー・ジョイント マウラースイベル・ジョイント

カタログをダウンロードする 0人がダウンロード
しました
[構造説明]
■マウラージョイント
両端の下ベアリングに支持されたサポートビームにミドルビームを溶接した構造です。下ベアリングの上側にはサポートビームを挟むように上ベアリングが配置され、サポートビームの跳ね上がりを防止しています。

■マウラースイベルジョイント
両端のベアリングに支持されたサポートビームに、ベアリング、スプリング、スイベルプレートを配置し、ミドルビームを取付けた構造です。
ベアリングの反対側にはサポートビームを挟むようにスプリングが配置され、サポートビームの跳ね上がりを防止しています。

[止水性への対応]
エンドビーム、ミドルビームにシールゴムをくさび形にはめ込んだシンプルな構造を採用し、雨水等はドレーンボックスに集水されるいわゆる橋面排水形式の伸縮装置です。端部は地覆内に立上がり部を設け、シールゴムは立上がり部まで連続にはめ込まれていますので、地覆部からの漏水もない構造です。

[防音仕様]
伸縮装置上を車両が通過する時、伸縮装置から発生する音対策として、上面に型鋼間に発泡材を挿入接着する。
現行、伸縮装置下面遊間部に吸音材を接着した防音カバー等を設ける。それにより、上下面からの音の発生を抑制します。

[寒冷地対策]
除雪車対策として、誘導板を付けることも出来ます。シールゴムは直接タイヤと接触しない位置にありますので、寒冷地における除雪車、チェーン等に特に有利です。

※価格帯については、参考価格になります。
また、上限については、規格・サイズによって異なります。
詳細はお問い合わせ下さい。

製品・技術情報

製品名 [道路橋用伸縮装置] マウラー・ジョイント マウラースイベル・ジョイント
価格 下限580,000円〜 上限99,999,999円/(50m)
代替となる工種・単価 伸縮装置工(鋼製)
掲載日 2019年04月17日

企業情報

企業名 日本鋳造株式会社
地域 全国
紹介文  当社は、京浜工業地帯の生みの親である浅野総一郎により、1920年に設立された鋳造会社です。設立時は主に造船向け鋳造製品を製造しており、戦時中は軍需向上に指定されるなど、多難な時代も乗り越えてまいりました。その後、鉄鋼などの基幹産業や様々な産業機械の文やに鋳造部品を提供することを通じ、我が国の経済発展に微力ながら貢献してきたと自負しております。
 1960年代後半には、建設分野にも使用される鋳造部品の製造を開始し、橋梁や建築物にも数多い採用実績がございます。東京スカイツリーや羽田空港、東京モノレールなど、国内主要プロジェクトにも当社製品が採用されております。
 また最近では、独自の低熱膨張材や高強度材料といった高機能金属材料分野にも、大きく力を注いでおります。
 2020年の東京オリンピックイヤーに創業100周年を迎えることを契機に、当社はさらに、独自の技術力と品質を向上させ、国内外問わず、社会のニーズに柔軟かつ迅速に応え、皆様のお役に立てるよう努力する所存です。

[エンジニアリング事業]

 主に橋梁の支承や伸縮装置を設計・製造するエンジニアリング事業。高度な鋳造技術をいかしながら、時代のニーズを取り入れつくりあげた数々の製品によって、人と物の安全で円滑な移動を日々支え続けています。
カタログをダウンロードする 0人がダウンロード
しました

みんなのレビュー

レビューがありません

お問い合わせフォーム

[道路橋用伸縮装置] マウラー・ジョイント マウラースイベル・ジョイント
go top