コンクリート剥落防護ネット

  • LINE
高速道路、自動車用道路などの高架構造物の老朽化により発生するコンクリート剥落物、高力ボルトの落下物防護を目的として施工するネット。
一般道路との交差箇所等の第三者被害発生の可能性がある箇所について、剥落防護ネットを施工することにより被害を未然に防ぐことができる。
主な用途:コンクリート剥落物の防護対策、高力ボルト落下防護対策、人災の未然防止

製品・技術情報

製品名 コンクリート剥落防護ネット
価格 下限1,600円 ~上限2,150円 / ㎡あたり
代替となる工種・単価 橋梁補修工(表面被覆工(塗装工法))
掲載日 2020年02月27日( 情報更新日:2021年04月01日 )

企業情報

企業名 ナカダ産業株式会社
対応地域

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国

四国

九州・沖縄









紹介文 弊社は静岡県に本社を置く昭和22年創業の陸上ネット総合メーカーです。
建築現場やゴルフ場、林業、土木現場など幅広い分野で製品をお使いいただいております。
特に土木資材としては、袋詰め玉石工を筆頭に、生分解性土嚢、セル型グラベルマット、剥落防止ネット、流木止め設備(網場)などをラインナップしております。
お客様のニーズに寄り添った製品の販売や開発を行っております。

「ナカダ産業は人、もの、暮らしと自然のつながりを大切にし、陸上ネットのリーディングカンパニーとしてネットの製造を通じ社会に貢献します」
―Net-Work for the Life―

お問い合わせフォーム

コンクリート剥落防護ネット

関連製品

会員登録(無料)