ウィークスシリーズ

特長
 本技術は重金属汚染土壌中の有害物質の溶出を抑制する不溶化材を用いた吸着層工法で従来は高炉B種セメントによる固化・不溶化工法を行っていた。本技術の活用により、盛土底部に当該不溶化材を敷設する事で不溶化材の使用量を削減できるため経済性が向上する。







適用条件
1.適用工事詳細
 重金属類が溶出量基準を超える土壌に対し、土壌溶出量基準以下とする必要がある工事。
 ・特に、トンネル、道路、河川、ダム等の建設工事で発生する自然由来の汚染土壌を道路、堤防等の盛土として利用する場合に盛土の底部に当該不溶化材を敷設して吸着層を形成し、盛土からの汚染物質の溶出拡散を抑制する「吸着層工法」による盛土工事に使用する。
 
 2.適用可能な範囲
 ・地下水位以上の場所。
 ・重金属等(ヒ素、クロム、カドミウム、鉛、セレン、ホウ素、フッ素、アンチモン)のイオン。
 ・汚染土壌pH4~11.5。
 
 3.特に効果の高い適用範囲
 ・ヒ素、クロム、セレン、ホウ素およびこれらの複合汚染物質。
 ・汚染土壌pH5~11.5。
 
 4.適用できない範囲
 ・地下水位以下の場所
 ・ヒ素、クロム、カドミウム、鉛、セレン、ホウ素、フッ素、アンチモン以外の汚染物質(水銀及び油、シアン等有機物系)。
 ・汚染土壌のpHが4未満または、11.5を超える場合。

※NETIS旧登録番号:KT-110068-A

製品・技術情報

製品名 ウィークスシリーズ
価格 お問い合わせください
代替となる工種・単価 一般土木
掲載日 2021年06月02日( 情報更新日:2021年06月04日 )

企業情報

企業名 株式会社日本海水
地域 全国
紹介文 日本海水は、国内トップシェアの「塩」のリーディングカンパニーとして、長年、安心・安全な塩を皆様にお届けしてまいりました。そして、エア・ウォーター海水カンパニーの一員として海の恵みである塩造りで培った「技術力」と「ものづくり」への想いを礎に、無限の海水資源を活用した環境・食品・農業分野などへと事業を展開しています。
環境事業では、小名浜工場で水酸化マグネシウムやリード吸着剤などを製造し、空気・水・土壌の浄化に努め持続可能な地球環境の保全に貢献しております。

お問い合わせフォーム

ウィークスシリーズ
会員登録(無料)