総価契約単価合意方式における週休2日補正率の考え方について

2020年06月29日 16:08

総価契約単価合意方式における週休2日補正率の考え方についてお伺いします。


最終清算変更で週休2日補正を共通仮設費1.04、現場管理費1.05と計上しますが

総価契約単価合意方式経費算定式のD1(対象額Bの経費率)とD2(対象額C2の経費率)

にそれぞれ補正率を掛けるのでしょうか?もしくはD1にのみ掛けるのでしょうか?

当初単価合意の金額は週休2日補正を行っていないので、D1にのみ補正率を掛けるのでは無いかと思いますが、ガイドラインや要領に記載が無いので、どれが正解なのか悩んでおります。

もし詳しい方がおりましたら、ご回答お願い致します。

寄せられた回答

No.1

No.1

ベストアンサー

user
2020年06月30日 18:33
Bコバヤシさん
2020年06月30日 18:33

週休2日補正の事例ではありませんが、他の補正率が設計変更により変わる例を見たことがあります。
設計変更にて冬期の現場管理費の補正が新たに入った際には、
D1にのみ掛けておりました。

同様に考えると、週休2日補正も当初には無かったものであれば
補正をかけるのはD1のみだと思います。

よく似た質問

ゆき☆たかさん 2019年09月02日 15:21
1 0 4


解決済 (ゆき☆たかさん) 2019年09月02日 15:21
1 0 4

質問する
go top