新時代の遠隔臨場ウェアラブルデバイス『U-BOX AT』 Web会議モデル

  • LINE
 「U-BOX AT」は、軽量のバッテリー内臓型通信端末で、ヘルメット装着型Webカメラで撮影した「映像」と「音声通話」にて、作業現場の状況を遠隔地にいる管理者にリアルタイム配信できます。本社や事務所からはもとより、働き方改革によるモバイルワークや、昨今の在宅でのテレワークの環境下においても、遠隔地の状況把握が可能となりますので、作業管理の効率化と合理化の観点でお役に立つ製品です。
 「U-BOX AT Windows版 Web会議モデル」では、各種Web会議システムをU-BOX AT本体にインストールできるため、普段お使いのWeb会議にて現場の遠隔支援が可能です。
 Web会議システムの利活用が可能であることから、国土交通省 大臣官房技術調査課より策定されました『建設現場の遠隔臨場に関する試行要領(案)令和3年3月』における「遠隔臨場に使用する機器と仕様」の条件を満たしている製品となり、国土交通省や自治体発注の工事で利用することが可能になります。

<特徴>
・バッテリーを内蔵し、小型軽量化を実現。胸ポケットに入るコンパクトサイズ。
・ヘルメットひさし装着型カメラを採用しており、アタッチメントでの簡単な取付けで、作業者の目線に近い映像の取得と
 作業員のハンズフリー化を実現。
・ヘッドセット(スピーカ・マイク)を使った音声通話が可能。
・作業者側は機材を接続後、『U-BOX AT』本体の電源を入れるだけの簡単操作。
・管理者側は普段お使いのWeb会議システムを使用して『U-BOX AT』側アカウントにミーティングのリクエストを送るだけ
 で『U-BOX AT』側アカウントが自動応答して会議に参加。

〇製品概要およびシステム構成の詳細につきましては、下記URLよりご確認ください。
https://www.tanizawa.co.jp/useries/

 弊社では、実機持参でのデモンストレーションおよび実際の現場でご試行頂けるデモ機材のお貸し出し(1週間)を承っております。是非、お気軽にご用命ください。

製品・技術情報

製品名 新時代の遠隔臨場ウェアラブルデバイス『U-BOX AT』 Web会議モデル
価格 下限186,000円 ~ / 1式あたり
代替となる工種・単価
掲載日 2022年03月10日( 情報更新日:2022年03月10日 )

企業情報

企業名 株式会社谷沢製作所
対応地域

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

関西

中国

四国

九州・沖縄









紹介文  タニザワは国内で初めて産業用ヘルメットを製造・販売し、ヘルメットの国内トップシェアを誇るメーカーです。働くすべての人の安全のために、幅広い角度からの商品開発に努めてきました。
 そんな"安全屋の視点"から、新時代の遠隔臨場ウェアラブルデバイス「U-BOX AT」を開発。「U-BOX AT」は作業者が装着した堅牢性の高いウェアラブルカメラで撮影される映像を、遠隔へリアルタイム配信できるツールで、現場のお客様の声を元に極力簡単な操作で現場の状況を管理者側と共有することを可能にしました。
 本社や事務所からはもとより、働き方改革によるモバイルワークや、昨今の在宅でのテレワークの環境下においても、遠隔地の状況把握が可能となりますので、作業管理の効率化と合理化の観点でお役に立つ製品です。

 タニザワは、メインである産業用ヘルメットや安全帯・フルハーネスをはじめとして、建築工事や工場のクレーン作業に「携帯無線機」、トンネル工事の環境改善に「風管」、工具の落下防止に「工具ホルダー」、保護帽の収納にエコマーク認定の「エコラック」等、現場の声を集めた多種多様な製品を手掛けています。また、「かるメット」や「軽量安全帯」など、作業者の負担軽減や女性の職場進出に対応した保護具のコンパクト化と軽量化、フィット感の改良を推進し、時代の要求に応える努力を惜しみません。新しい技術を取り入れ、人々の安全に関わる多岐にわたる製品およびサービスの提案に今後も力強く邁進していきます。

お問い合わせフォーム

新時代の遠隔臨場ウェアラブルデバイス『U-BOX AT』 Web会議モデル

関連製品

会員登録(無料)