非常用発電設備の年に1回行う必要性のある負荷試験サービス

  • LINE
カタログをダウンロードする 0人がダウンロード
しました
非常用発電設備が有事に電力供給できる環境を常に整えておくためには定期的な検査確認が必要です。
消防法で年1回の総合点検で負荷運転実施が定められています。

適正な診断と適正価格、高水準のサービスにて非常用発電設備を総合的にサポートいたします。

<会員メリット>
○教育・研修制度
 ・研修を毎年受講する必要があります。
 ・所定の研修で認定資格を発行します。
○負荷試験装置レンタル精度
 ・低価格で装置をレンタルします。
○案件紹介制度
 ・専門に顧客開拓することで、一般会員に案件を紹介します。
 ・初めて契約するお客様には事前調査を行います。
 ・営業を行う会員には定期的にお客様フォローをしていただきます。
○緊急時対応体制
 ・負荷試験を実施した会員とお客様フォロー営業会員は有事に対応。

※価格については、お問い合わせ下さい。

製品・技術情報

製品名 非常用発電設備の年に1回行う必要性のある負荷試験サービス
価格 お問い合わせください
代替となる工種・単価 一般土木
掲載日 2019年06月12日( 情報更新日:2021年06月03日 )

企業情報

企業名 一般社団法人 危機管理センター
地域 全国
紹介文 一般社団法人危機管理センターは災害時の危機に対し「今」私たちの出来る事を実行する団体です。
 近年日本のみならず世界的な気候異常や震災が日常的に起こっています。人類の技術と英知を総動員しても自然の力には及ばない事は自明の理と考えます。

 私たちは最低限「今」出来る事として非常用電源の正常稼働を100%にしたいと考えています。その為には非常用電源負荷試験の推進と実施が必要不可欠です。

 然し乍ら現状の負荷試験の実施率は低い状況にあります。可及的に実施する為の機器のレンタル・人材の育成・事業化の提案を事業目的と致しております。 

 安全で安心して暮らせる社会の構築にお役に立てさせて戴く事を団体の使命と考えます。
カタログをダウンロードする 0人がダウンロード
しました

みんなのレビュー

レビューがありません

お問い合わせフォーム

非常用発電設備の年に1回行う必要性のある負荷試験サービス
会員登録(無料)