高機能 消波・根固ブロック養生カバー 「セレキュア ブロック」

  • LINE
■概要
①技術内容
・消波、根固、被覆、方塊ブロック製作における、特殊防風織物による湿潤・保温養生シート

②従来技術での対応
・堅固な防寒養生囲いで温度管理を行っていた。

③公共工事での適用箇所
・港湾、漁港や河川におけるブロック製作工事。

■従来技術との比較
・躯体一つ一つを防寒できる織物シートを構成しました。
・ノンコーティングの特殊防風・透水織物でシートで構成しました。
・従来は堅固な防寒養生囲いを製作し、温度管理を行っていたが、当技術を使用することで簡易的に防寒養生、温度管理を行うことができます。
・従来は足場等を組立て、周りにブルーシートなどを張り付けて10日程かけ囲いを製作していたが(25tブロック10個分の養生囲い製作の場合)、当社のセレキュアブロックは1人でもブロック1個あたり5分程度、10個でも50分程度でカバー掛けができ(25tブロックの場合)、工期短縮を図ることができます。
・雨や散水などによる水は浸透し、さらに防風効果により湿気を中に閉じ込め、高い保湿力を発揮します。
・暑中施工における散水湿潤養生にも使用できます。

■ご利用メリット
・簡易的な防寒養生囲いができ、高強度で高耐久のため、繰り返し使用できるため、コスト縮減が図られます。
・施工が容易となり、施工工程が14日から1日に短縮でき(25tブロックの100個製作の場合)、作業性が向上します。
・急激な温度変化に対応できます。

■適用条件
①自然条件
・特になし

②現場条件
・作業スペースはブロックにシートを被せるだけなので、ブロックの型枠を組むスペースがあれば、施工可能です。

③技術提供可能地域
・全国

④関係法令等
・特になし

■適用範囲
①適用可能な範囲
・養生を行うあらゆる異形コンクリートブロックに適応

②特に効果の高い適用範囲
・大型消波ブロック

③適用にあたり、関係する基準およびその引用元
・日平均気温が4℃以下になることが予想される場合は、寒中コンクリートとしての施工を行わなければならない。
コンクリートは、打込み後の初期に凍結しないように十分保護し、特に風を防がなければならない。
厳しい気象作用を受けるコンクリートは圧縮強度が得られるまでのコンクリートの温度を5℃以上に保ち、さらに2日間は0℃以上に保つことを標準とする。

※コンクリート標準示方書「施工編」
発行者:土木学会
平成27年3月 2012年制定・第3刷発行

製品・技術情報

製品名 高機能 消波・根固ブロック養生カバー 「セレキュア ブロック」
価格 お問い合わせください
NETIS登録 HRK-160001-VE NETIS ホームページ
代替となる工種・単価 港湾
掲載日 2021年07月14日( 情報更新日:2021年07月21日 )

企業情報

企業名 セーレン株式会社
地域 全国
紹介文 セーレングループでは、「環境保護理念」を制定し、
ISOの認証取得の推進、ITを駆使し“在庫レス”を実現した「ビスコテックス」や
原糸から最終製品までの「一貫生産体制」の構築などをすすめ、
エネルギー・原料・製造方法・製品など細部に至るまでのすべての事業活動において、
環境配慮型のものづくりを追求しています。
「IT化」「ダイレクト化」「グローバル化」の鍵を握るビスコテックスを基盤として、
繊維産業から非繊維産業まで多岐にわたるフィールドで各種事業を展開しています。
繊維産業がメインですが、公共工事向けとして土木資材も手がけており、数多くの商品を展開しております。

みんなのレビュー

レビューがありません

お問い合わせフォーム

高機能 消波・根固ブロック養生カバー 「セレキュア ブロック」

関連製品

会員登録(無料)