UAVによる空中写真測量(ドローン)

  • LINE
カタログをダウンロードする 0人がダウンロード
しました
【特徴】
 UAVによる空中写真測量はUAVを用いて地形や構造物などを対象に空中写真を撮影し、取得した画像より点群を生成します。点群は一点一点すべてに座標値(X,Y,Z)と色情報を持ち、対象を三次元データ化することが可能です。また、取得した画像データを基にオルソ画像(鉛直画像)を生成し、現場状況を画像として記録できます。
 UAVは高度30m~150mを飛行し画像データを取得します。1フライト(20分程度)で約50,000㎥を撮影します。

【メリット】
・広範囲のデータが短時間で取得可能
・従来手法に比べ工期、人件費の大幅な短縮が可能
・災害時などの危険・立入制限箇所でも安全な場所から計測が可能
・地形・構造物を細部まで再現するので品質が大幅に向上

【活用範囲】
・i-constructionにおける「ICT活用工事」対応手法
・自然災害の状況把握
・土工区間の縦横段計測・土量管理および一般図の作成
・農地造成工事、圃場整備事業の計測
・災害地や岩盤等の急傾斜地など、直接計測が困難な場所での安全な非接触計測
・重要な文化財・構造物をデジタルデータ化・保存して、次世代に継承

製品・技術情報

製品名 UAVによる空中写真測量(ドローン)
価格 お問い合わせください
代替となる工種・単価 一般土木
掲載日 2021年07月06日( 情報更新日:2021年09月10日 )

企業情報

企業名 株式会社スカイフォトサービス
地域 全国
紹介文 事業内容

写真撮影業務、遠隔操縦による空撮業務、ロボット開発、設計製造、販売、コンピューターシステムの開発、設計、製造、販売

採用実績

年度 地域 発注者 工種/工事 数量 単位
2020 全国 国交省他地方自治体 土木・橋梁・道路 53
2019 全国 国交省他地方自治体 土木・橋梁・道路 63
2018 全国 国交省他地方自治体 土木・道路 48

※横スクロールでご確認ください

カタログをダウンロードする 0人がダウンロード
しました

みんなのレビュー

レビューがありません

お問い合わせフォーム

UAVによる空中写真測量(ドローン)

関連製品

会員登録(無料)