切土法面保護について

2019年05月13日 17:21

切土法面保護工の選定で、留意することを教えてください。

回答する

回答するにはログインが必要です
※ ログインされると、2週間以前に投稿された回答も表示されます

寄せられた回答

No.1

No.1
user
2019年05月13日 20:15
久保太郎さん
2019年05月13日 20:15

留意することとして、
・砂質土で1: 1.5より緩い法面勾配の場合は、一般に安定勾配とされ植生工のみで対応することが可能
・砂質土で浸食されやすい土砂からなる法面の場合は、湧水や表流水による浸食の防止にのり枠工や柵工などの緑化基礎工と植生工を併用する。
・湧水が多い法面の場合は、地下排水施設とともに、井桁組擁壁、じゃかご、中詰めにぐり石を用いた法枠などが用いられる。
などがあげられます。

No.2

No.2
user
2019年05月14日 11:28
みやうちさん
2019年05月14日 11:28

各発注者によって指針や基準が異なりますので、そこのところに留意せずにやってしまうと「コイツ無知やなあ」とバカにされたりします。お気をつけて。

No.3

No.3
user
2019年05月15日 09:52
ふじえもんさん
2019年05月15日 09:52

久保太郎さん
宮内 保人さん

各発注者によって指針や基準、異なりますよね。
それらを理解した上で、挙げていただいた項目にも留意しながら進めたいと思います。
コメントありがとうございます。

よく似た質問

まいぷるさん 2019年05月21日 11:15
0 0 0
回答受付中 (まいぷるさん) 2019年05月21日 11:15
0 0 0

たな和さん 2019年04月24日 10:14
0 0 2
回答受付中 (たな和さん) 2019年04月24日 10:14
0 0 2

質問する
go top